ビットコイン

Keyplayers

新市場、ビットコインや仮想通貨、そこで求められる人材とは?

最近話題になっている「ビットコイン」。昨今、ビットコイン関連のニュースやネットメディアが増えてきました。その将来性は期待されており、いずれあなたの日常生活での身近な「通貨」として利用する日もそう遠くないかもしれません。

私も実際に、ビットコインを購入していますが、改めてビットコインとは何なのか再度まとめてみることにしました。

また、その影響力に比例して、仮想通貨に携わる企業も増えており、いずれも業績好調・人材流動も激しくなってきています。そこで今回は、仮想通貨業界の簡単な概要と求人状況についてご紹介します。

 

ビットコインとは


インターネット上のみに存在する仮想通貨のこと。手に取ることができる100円玉や1ドル札とは違い、”仮想上”の通貨です。オンラインゲーム上でアイテムを購入するための通貨や、特定ショッピングサイト内で利用できるポイントと同じようにインターネット上で販売されている物やサービスを売買できる通貨のことです。

ですがそれらと違い、ビットコインは特定のショッピングサイト内や特定のオンラインゲーム内に閉じられておらず、将来的には世界中のあらゆる場所で円やドルと同じように利用できる通貨になるといれています。リアル店舗での利用の場合は、その実態がないため、お財布ケータイと同じようにスマートフォンなどを介して利用できるようになっており、その利便性の高さから将来性が期待され、世界中で決済システムの整備が進んでいます。

 

分散管理型による安全性の担保


「仮想」という言葉で、その信頼性や安全性に疑問を持たれる方も多いかと思います。ですがそれも独自の技術により安全性は担保されています。

ビットコインは従来の通貨のように銀行などの中央集権を経由せず、直接1対1で取引できる仕組みであることが特徴のひとつ。そのため、コンピュータのネットワーク間での共有を可能にするデータ構造になっており、例えば取引利用者が取引情報に暗号署名して発信すると、その取引データが分散データベースにも送られ、複数の受け手側のコンピュータへと書き込まれ管理をされるようになっています。

そういった仕組みになっているため、仮に一つのコンピュータがデータを改ざんされた場合に、正規データを保持しているその他複数の善のコンピュータの存在によりすぐに発見、復旧することが可能となっているのです。ビットコインは、分散管理型による相互監視が可能となっているのです。そしてこれまでの全ての取引データが記録されています。

※複数のコンピュータへ書き込まれる際に、いくつかの個々の取引(トランザクション)をまとめて1セットにして、そのセット毎にデータベースに記録していく。この取引のセットの事を「ブロック」と呼び、そのブロックが相互に鎖のように繋がっているためブロックチェーンとよんでいる。

 

ビットコインのメリットと可能性


ビットコインの利便性は様々ありますが、代表的なものとしては以下があげられます。

・中央集権を経由しないため”個人間での直接送金が可能”
・国際決済や送金が容易で”手数料が非常に安い”
・通貨の国境がなく”世界中で利用できる”
・発行上限が決まっているため”人的なインフレが起きにくい”
・中央集権による”監視やコントロールがない”

従来の通貨の持つ制約と比較すると、どれだけビットコインが便利なものかわかるでしょうか。わずか8年前の2009年に誕生したビットコインは、2017年4月には正式に通貨として採用され、発展途上ではあるもののその利便性の高さや安定性などから非常に高い期待がよせられていることがわかるでしょう。ビットコインは、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨なのです。

 

仮想通貨関連ビジネス市場


主に「取引所」と「販売所」が存在します。
取引所は価格を自由に決められますが、その指定価格で買いたいというユーザーがいる場合のみ成立するため、時間を要します。一方販売所は価格は決まっていますが、すぐに売買することが可能となっています。
取引所に関しては、2017年4月、改正資金決済法施行で仮想通貨取引所の登録制が導入され、金融庁が第一弾の登録された11社を発表しました。

 

<図:仮想通貨業界マップ>

<図:国内取引所別 総月間出来高>
引用:Bitcoin日本語情報サイト>月次取引高 – 国内ビットコイン市況
https://jpbitcoin.com/market/volume

 

黎明期だからこそ求められるエンジニアや経営企画ポジション


2009年に誕生したばかりのビットコインはまだ黎明期であり、利用者の通貨をハッキングから守るために必要不可欠となるセキュリティレベルの向上は、企業の生命線ともいえるほどの重要な課題です。そこで各社が独自のセキュリティ対策方法を編み出し日々模索しています。また企業の競争力を高めるため新しいサービスの展開も積極的に行われています。

それらを実現するために必要なのが、エンジニアです。金融システムの開発経験やインフラ構築・運用経験、Webエンジニア、C# での開発経験がある方などが求められています。

また、同時にその舵取りをする経営企画など管理部門の充実も求められています。今後の事業の方向性の検討や新規ビジネス開発など、経営企画や新規事業開発などの経験者も求められています。

もし「仮想通貨業界に興味がある」「成長産業で働きたい」「新しい技術に挑戦したい」とお考えの方は、当社に寄せられている求人をご紹介しますのでお気軽にご連絡ください。

 

 

人気のブログ記事