求人紹介

エイシングの事業や採用/求人、代表取締役 出澤 純一さんについてまとめました

こんにちは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートをしているキープレイヤーズの高野です。

コロナにより世界中が今、激動の世の中となっておりますが、先日4億円の調達をリリースしたエイシングについて調べてみました。

エイシングの事業について

2016年設立のエイシングは岩手大学発AIベンチャーです。

独自のAIアルゴリズムであるDBT(Deep Binary Tree)は既存のAIアルゴリズムでは不可能だったエッジでの学習、調整不要な逐次学習をできるようにしたことで、多数のスタートアップアワードを受賞しました。

経済産業省のJ-Startupで日本のユニコーン候補92社にも選出されています。数億円の資金調達をし、国内・国外の大手企業とのアライアンス締結を進めるなどIPOに向けて事業を推進中です。

エッジAIのスペシャリストとして産業変革を目指す企業と言えます。

エイシングとオムロンの提携について

大手電気機器メーカーであるオムロンとも提携しています。世界最速の組み込み型AIを開発するエイシングの強みを活かして、制御機器用AIエンジンを共同開発中です。

エイシングのディープ・バイナリー・ツリー (DBT)」とは?

「DBT」は高精度、軽量かつオンライン学習が特徴のエイシング独自のAIアルゴリズムのことです。

関連するアルゴリズムとして

①「DBT-HS(High Speed)」
②「DBT-HQ(High Quality)」
をリリースしています。

「DBT-HS」はマイクロ秒単位での高速動作が特徴なのに対して、「DBT-HQ」は「DBT-HS」に比べて精度を最大50%まで向上させた高精度型のアルゴリズムと特徴が異なっています。

この2つの独自開発アルゴリズムによって顧客のニーズに応じ速度重視か精度重視かを使い分けたソリューションを提供できるのが、エイシングの強みの一つです。

エイシングの代表取締役、出澤 純一 さんについて

2004年早稲田大学ビジネスコンテスト「ワセダベンチャーゲート」最優秀賞。
2008年早稲田大学大学院理工学研究科精密機械工学専攻の後、修士卒業後は会社経営と並行しAIアルゴリズムを研究する。
2016年12月株式会社エイシング 代表取締役CEO就任。

エイシングの調達について

最新の資金調達は、シリーズ B ラウンドのフォローオンで4億円を調達しています。主な出資者は、第一生命、スパークス・グループなどです。

シリーズ B ラウンド全体においては、2019年11月実施の3億円の調達と合わせて7億円。2017年6月のシリーズ A ラウンドの約2億円の調達と合わせ、累計調達金額は約9億円となっています。

参照:https://thebridge.jp/2020/03/aising-series-b2-round-funding

エイシングの採用/求人について

以下の3つの職種をコーポレートサイトでは募集されております。

  • AIコンサルタント
  • データサイエンティスト
  • 組込エンジニア

参照:https://aising.jp/recruit/

大学発ベンチャーというのは大変興味深いです。東北出身の私としては岩手大学発という点からも、勝手ながら応援しております!

高野 秀敏

東北大→インテリジェンス出身、キープレイヤーズ代表。11,000人以上のキャリア面談、4,000人以上の経営者と採用相談にのる。55社以上の投資、5社上場経験あり、2社役員で上場、クラウドワークス、メドレー。149社上場支援実績あり。55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。
一覧に戻る