COUNTERWORKS転職のための採用・求人情報、代表の三瓶直樹さんについてまとめました

DX
求人紹介

こんにちは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートをしているキープレイヤーズの高野です。

ECで商品を購入するときに、商品を実際に手に取って素材感やサイズを確かめたいと思った経験は誰しもあるのではないでしょうか。しかし、EC業者が店舗を持つということは費用が掛かるだけでなくリスクも高いので、容易ではありません。

こうした状況を解決しようとするサービスが、SHOPCOUNTERです。最近では資金調達も実施し、小売業界に変革を起こそうと開発や機能強化に力を入れるなど、注目を集めています。

今回の記事では、COUNTERWORKSの求人にご関心をお持ちの方向けに、会社やサービスの特徴、転職する際の留意点などをお伝えします。

COUNTERWORKS転職の要点

(コーポレートサイトより)

COUNTERWORKSの特徴

・「最適な「場」を提供し、誰もが価値を届けられる世界に。」をミッションに掲げ、テクノロジーの力で小売と商業不動産を結ぶ
・ポップアップストアや展示会などに使うレンタルスペースを簡単に予約できる「SHOPCOUNTER」を運営
・SHOPCOUNTERの登録テナント数は5年で10,000アカウントを突破
・2019年12月から商業施設の運営改善を支援するデータプラットフォーム「adptOS」の運営を開始し、東急プラザ渋谷に導入
・2020年7月に6.5億円の資金調達を実施

COUNTERWORKSの会社概要

社名 株式会社COUNTERWORKS(英語表記:COUNTERWORKS Inc.)
所在地 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-26-9 中目黒オークラビル 6階
設立年月日 2014年10月
資本金 81,499万円
代表者 代表取締役CEO 三瓶 直樹
役員 取締役CFO 薮本 祐介
取締役CDO 山本 健人
事業内容 ポップアップストアの出店支援RaaS「SHOPCOUNTER」の提供
小売/商業施設のDX支援サービス「adptOS」の企画・開発・運営

(コーポレートサイトより)

COUNTERWORKSの商品・サービス

(コーポレートサイトより)

・空き店舗や営業中店舗などの空きスペースを貸し借りできるマーケットプレイス「SHOPCOUNTER」

SHOPCOUNTERは、営業中店舗の空きスペースや空き店舗、催事スペースなどを有効活用したいスペースオーナーと、ポップアップストアや展示会など短期間限定で出店したいテナントをマッチングするマーケットプレイスです。昨今ECストアが増加している一方、オフラインで商品を確認したいという需要も高いのが現状です。

しかし長期間決まった店舗を借りるには膨大な費用がかかるうえに、不動産を借りるには煩雑な手続きが付きまといます。そこでオフラインストアをメディアとしての場所、顧客接点として、フレキシブルに活用できるようにするのがSHOPCOUNTERです。最短1日から借りることができ、さらに利用条件の交渉から予約、決済までをSHOPCOUNTER上で簡単に手続きすることができます。

2015年5月からサービスを開始し、登録テナント数は5年で累計 10,000 アカウントを突破しています。2020年5月には資金調達も実施し、今後は出店プランニングや販売員の手配、そして什器手配、販売管理などをワンストップで提供することで、オペレーションを簡素化したり、データを活用した効果的なプランニングをできるようにしたり、小売機能を強化していくそうです。

・商業施設のデータドリブンな運営を支援するDXサービス「adptOS」

adptOSは、商業施設の運営改善のために必要な来館者行動データを可視化し、改善施策を高速で回すためのソリューションです。スペースやテナント情報のリアルタイムでの一元管理ができるだけでなく、データを元に出店後のテナントに最適な改善提案ができることで、商業施設の運営コスト低減や収益増加を実現します。

第一号として2019年12月5日に開業した東急プラザ渋谷で導入されており、今後も多くの商業施設に導入予定をなっています。

COUNTERWORKS代表取締役の三瓶直樹さんの経歴

(Wantedlyより)

三瓶さんは、学生時代から友人と共にマーケティング会社を立ち上げていたそうです。大学卒業後は株式会社Fireworksでディレクター、株式会社EElineでアカウントプランナーを経て、株式会社フリークアウトの第1号の社員として創業に参画されました。そこから、営業マネージャーやBizDevマネージャー、社長室室長、そして子会社社長と責任ある職位を歴任されました。

元々、起業したいという想いが強くはなかったものの、フリークアウトを上場させることができたら次のステージに進もうと考えていたそうです。そして面白い仕事をすることが自分のモチベーションの源になっていることを再認識し、起業を決意されました。

フリークアウト時代に、ECを展開するクライアントと会話をする中で素材にこだわっている商品や値段の高い商品などはECだけでは売りにくく、実店舗で商品を確認してから購入したいというユーザーが多いことに目をつけた三瓶さん。そこで資金的なハードルを下げ柔軟に出店できる仕組みを作ろうと思い、2014年に COUNTERWORKSを創業します。

COUNTERWORKSの採用・求人情報

COUNTERWORKSの職種・求人

・エンジニアリングマネージャー
・フロントエンドエンジニア
・テックリード
・リードデザイナー
・コーポレート
・マーケティング
・アカウント担当
・PR
・人事

COUNTERWORKSの働く環境

平均年収・平均年齢

COUNTERWORKSは未上場のため公式な情報は公開されていませんでした。会社紹介資料によると、平均年齢は31.8歳となっています。

労働環境

平均残業時間は月に10時間以下となっているそうです。エンジニア・デザイナー向けには、コアタイムなしのフレックス制を導入しているほか、週2日目安でリモートワークがOKとなっています。

希望するスペックのマシンが支給されるなど、エンジニア向けの福利厚生も充実しています。

COUNTERWORKSに関する口コミまとめ

COUNTERWORKSについての口コミはまだ確認できませんでした。

会社紹介資料によると、KPIをSlackで毎日モニタリングできたり、マネージャー会議の議事録が社内全体に公開されているなど、オープンな経営スタイルに取り組んでいるという特徴があるそうです。

また評価制度は四半期ごとにOKRを設定し、月に1~2回の1on1と四半期ごとの振り返りを実施し、定量+Value+コンピテンシー評価が年に2回行われるとのこと。

COUNTERWORKS転職を考えるにあたって最後に

COUNTERWORKSへの転職を検討中の方へ、求人情報や転職する上での留意点などをご紹介しました。

2017年から総流通額は連続400%で成長しているというSHOPCOUNTER。EC化率が高まる中で、オフライン店舗の在り方が大きく変わっていることが分かります。小売業と商業不動産のデジタルトランスフォーメーションという新たな変革に興味がある方は、ぜひ転職を検討してみてはいかがでしょうか。

成長業界への転職を支援した実績は数多くありますので、ご興味を持った方はお気軽にご相談下さい。企業選びから面接対策、キャリアの全体設計まで、幅広くキャリア相談を承っています。

キープレイヤーズでは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートを実施しています。

執筆者:高野 秀敏

東北大→インテリジェンス出身、キープレイヤーズ代表。11,000人以上のキャリア面談、4,000人以上の経営者と採用相談にのる。55社以上の投資、5社上場経験あり、2社役員で上場、クラウドワークス、メドレー。149社上場支援実績あり。55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。
一覧に戻る