求人紹介

電脳交通転職のための採用・求人情報、代表の近藤洋祐さんについてまとめました

SaaS

こんにちは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートをしているキープレイヤーズの高野です。

電脳交通は、徳島県を拠点にタクシー業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)化を実現に取り組む2015年創業のベンチャー企業です。「次世代の地域交通サービスの開発」をミッションに掲げ、中小規模のタクシー業者でも導入できる低価格のSaaS型タクシー配車システムを提供しています。

2020年9月には、三菱商事やJR東日本スタートアップ、いよぎんキャピタル、阿波銀行、エムケイ、第一交通産業グループから、総額5億円となる資金調達も実施しました。資本業務提携して各社と地域交通をさらに盛り上げていこうとしていることでも注目を集めています。

COOの北島さんはガリバー運営の元IDOM幹部の方で、界隈でも仕事ができる人としてめちゃくちゃ有名な方でした。北島さんがIDOMから挑むほどなので、当初からすごい構想なんだろうなと感じていました。今後の展開がますます楽しみです。

今回の記事では、電脳交通の求人にご関心をお持ちの方向けに、会社やサービスの特徴、転職する際の留意点などをお伝えします。

電脳交通転職の要点

(コーポレートサイトより)

電脳交通の特徴

・「次世代の地域交通サービスの開発」をミッションに掲げ、タクシー業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進
・クラウド型タクシー配車システム・配車センターのプラットフォームを提供
・2020年9月に三菱商事、JR東日本スタートアップなどを引受先とした総額5億円の資金調達を実施
・徳島本社を中心に、東日本エリアは東京、西日本には福岡・神戸・岡山に拠点を構える

電脳交通の会社概要

社名
株式会社電脳交通
所在地 徳島県徳島市幸町3丁目101 リーガルアクシスビル4F
設立年月日 2015年12月17日
資本金 217,846,560円
代表者
代表取締役社長CEO兼Founder 近藤 洋祐
役員 取締役 CTO兼Founder 坂東 勇気
取締役COO 北島 昇
社外取締役 村口 和孝
社外取締役 真鍋 康正
戦略顧問 日高 洋祐
監査役 岡田 育大
監査役 真鍋 直敬
事業内容 タクシー配車システム開発・提供
タクシー会社の配車業務受託運営サービス

(コーポレートサイトより)

電脳交通の商品・サービス

(コーポレートサイトより)

電脳交通は、クラウド型タクシー配車システム・配車センターのプラットフォームを提供しています。

これまでの配車システムはベンダーが大手の事業者向けに開発するものがほとんどで、タクシー会社の7割を占める中小規模の事業者には高価でハイエンドなためなかなか導入できませんでした。そこで電脳交通はその中小規模の事業者が導入できる価格帯で、最新の機能を盛り込んだプラットフォームを開発しました。

配車オペレーター用のインターフェースでは1画面上で配車依頼と車両を両方確認できるだけでなく、会社ごとの配車ルールから最適な配車を支援する機能も搭載されています。そしてドライバー用の車載タブレットでは4G通信で車両の位置と状態を管理したり、送迎場所と目的地へのルートを最適化したりという機能が盛り込まれています。

これらのサービスが1台当たり数千円の月額料金で利用できるようになっています。

電脳交通代表取締役社長CEOの近藤洋祐さんの経歴

(コーポレートサイトより)

代表取締役社長CEOの近藤さんは徳島県の出身でいらっしゃいます。高校から野球を始め、メジャーリーグを目指し18歳で単身アメリカに渡ります。1軍への昇格も果たしますが、1軍定着はできずに帰国を決意。

帰国後は海外にも工場を持つグルーバル企業のメーカーに入社します。現場研修として工場に勤務しその後本部への引き上げられることが決まったそうですが、もっと自分の個性を活かして勝負したいと思うようになり家業の吉野川タクシーを継ぐことを決めます。

そして2012年に代表取締役社長CEOに就任し、ITを積極的に取り入れることで廃業寸前だった会社を再建します。そこでの経験からタクシー事業者が抱える課題を自ら解決したいと思い、2015年に電脳交通を立ち上げました。

電脳交通の採用・求人情報

電脳交通の職種・求人

・CC(コールセンター)
・CS(カスタマーサクセス)
・MS(マーケティング&セールス)
・BizDev(事業開発)
・エンジニア
・フィールドセールス
・経理
・労務

電脳交通の働く環境

平均年収・平均年齢

電脳交通は非上場企業のため、平均年齢・年収ともに公式な情報は公開されていません。

会社紹介資料によると、平均年齢は2020年8月時点で34.2歳となっています。

労働環境

キャリア開発には力を入れているようで、経営層やマネージャーなどの各レベルに必要な能力や成果が明文化されており、それに応じた給与査定が定義されているなど「能力開発」を重視した評価制度があります。

また1~2週間に一度の1on1や半年ごとの能力評価など、細かな目標設定と評価、コミュニケーションを大事にしているそうです。

電脳交通に関する口コミまとめ

電脳交通に関する口コミは確認できませんでした。確認でき次第、更新いたします。

電脳交通転職を考えるにあたって最後に

電脳交通への転職を検討中の方へ、求人情報や転職する上での留意点などをご紹介しました。

地方交通では従業員の高齢化や人手不足が深刻化しており、IT化もなかなか進んでいない状況です。電脳交通の取り組みは、地方の活性化につながるという点でも非常にやりがいのある分野ではないでしょうか。

先日調達した資金の用途としてプロダクトの開発や配車センターの拡充に必要な人材採用も強化するそうですので、興味があるという方はぜひ転職を検討してみてはいかがでしょうか。

成長業界への転職を支援した実績は数多くありますので、ご興味を持った方はお気軽にご相談下さい。企業選びから面接対策、キャリアの全体設計まで、幅広くキャリア相談を承っています。

キープレイヤーズでは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートを実施しています。

高野 秀敏

1999年に東北大学を卒業し、株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3500名以上の経営者の相談と、10000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。転職・採用、投資のご相談は Messenger、もしくはLINEからご連絡くださいませ。
一覧に戻る