意外と知られていない、再入社による収入アップのケースをご存じですか?競合の会社に転職をして、その後、転職前の会社に出戻りをするという例があります。一度退社した人が再入社することを迎え入れる会社というのは、比較的優良な会社です。古い慣習にとらわれずに、必要であれば、合理的に判断をする考え方があるということです。

私の前職企業インテリジェンス(現パーソルキャリア )も、再入社をする人が多かったです。起業や転職、中にはスポーツコーチに転身した後、他の会社を選ばずに古巣に戻ってきたという、たくさんの再入社組がいました。なぜこうした現象が起こると思いますか?

会社は生き物。数年経てば、大きな変化があります。通常、ライフサイクルの図式に沿う経過をたどりますから、数年のうちに、導入期から競争期、成熟期に変化することがあります。

そうなってくると、いわゆるベンチヤー(導入期)では活躍できなかった人材が、競争期に入り組織が拡大、分業化が進んだために管理職として求められるようになったり、間接部門(カスタマーセンターなど、大きな組織になると必要になる部署)で大活躍できる可能性が出てくるわけです。

インテリジェンスという会社は、著しく成長をとげた会社です。導入期にはゼロベースから何かを生み出し行動できる人のほうが、俄然、活躍できるチャンスがありました。その時期に入社した人の中には、早々に自分には、この仕事は向いていないのでは……と会社を離れてゆく人もいたのです。

その後会社が成長するにつれて、さまざまなタイプの人が活躍できるようになり、もう一度やり直したいと再入社を希望するケースが多かったように感じます。すると、実績次第では、以前在籍していたときに比べ、思わぬ収入アップの可能性も出てきます。「転職してみて、初めて前職の良さがわかった」なんていう、まるで恋愛における男女みたいなケースもあるのです。

ある意味、仕事や転職は、恋愛に近いものがあるのかもしれませんね。恋い焦がれて入社してみたものの、その恋心(?)の期待値があまりに高いと、自分の想像と現実とのギャップに「こんなはずじゃなかったのに」と失望してしまうこともあれば、組織を離れてみて初めて、あるいはあらためて、前職の良いところを発見することもあります。

そういうケースもなきにしもあらずですから、退職の際は、ぜひ戻ってきてほしいといわれるような辞め方を心がけてください。前職に戻るというのも「セカンドキャリア」の選択肢のひとつに入るように、せめて退職の際にはいい加減な辞め方をしないことをお勧めします。

人気のブログ記事