求人紹介

リチカ転職のための採用・求人情報、代表の松尾幸治さんについてまとめました

こんにちは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートをしているキープレイヤーズの高野です。

今回のスタートアップまとめは、リチカさんです。

「Switch to The Rich. 想いが届く、で世界を豊かに」をミッションに掲げる、クリエイティブテックカンパニーのリチカ。“クリエイティブ×テクノロジー”を軸に、これまでに画期的なプロダクトを生みだしてきました。

そのなかでも、動画コミュニケーション開発ツール「RICHKA CLOUD STUDIO」の開発・運用をメインとし、年々業績を伸ばし続けています。

2021年9月に、約8億円の資金調達を実施。引受先は、既存株主のみずほキャピタル・新生企業投資・FFGベンチャービジネスパートナーズ・DIMENSION・マネックスベンチャーズ 、新規株主のGMO VenturePartners・大和企業投資・博報堂DYベンチャーズ・rooftop となります。

クリエイティビティ溢れたプレスリリースも記憶に新しいところです。

また、調達した資金は“ネット広告の制作自動化”に向けて開発体制の強化を図るそうです。今後も更なる成長が見込まれています。

この記事では、リチカの求人にご関心をお持ちの方に、会社の特徴や転職する際の留意点などをご紹介します。

リチカ転職の要点

(コーポレートサイトより)

リチカの特徴

・2021年9月、約8億円の資金調達を実施済
・2020年12月に「カクテルメイク」より社名変更を行った
・導入者数は400社以上。大手企業を中心に様々な業態で利用されている
・企業のマーケティングトランスフォーメーションを支援するために「RICHKA CREATIVE FIRM」を、2021年6月に創設した
・動画生成ソフト(広告・メディア業種)において、2年連続シェアNo.1を獲得

リチカの会社概要

社名 株式会社リチカ
所在地 〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-6-12 MFビル3F
設立 2014年10月14日
資本金 2億6,830万円
代表者 代表取締役 松尾幸治
役員 取締役 山田健太
取締役 中西佑樹
社外取締役 橋本聡
監査役 松尾知良
監査役 松本高一
事業内容 プロのノウハウを活用したマーケティング動画生成ツール「リチカ クラウドスタジオ」の開発、動画を軸とした情報のDX支援・コンサルティング

(コーポレートサイトより)

 

リチカの商品・サービス

(コーポレートサイトより)

RICHKA CLOUD STUDIO

広告クリエイティブ運用クラウド「RICHKA CLOUD STUDIO」。

このプロダクトの特長は、“シンプルな操作性かつ、仕上がりはハイクオリティ”です。シーンごとに動画・画像・テキストを挿入するだけで、動画作成を行うことができます。
素材をドラック&ドロップの操作だけで配置するだけで簡単に動画作成できるため、非常に高い操作性を実現しています。

加えて、プロのクリエイターが用意した1400種類以上の動画テンプレートを無制限に利用できます。

毎月新しいデザインが増えていく点も魅力的。ユーザーが「このような動画を作りたい」と思うイメージに近いテンプレートを選択し、カスタマイズするだけで完成します。テンプレート以外にも、動画素材・画像素材も100万点以上用意されており、組み合わせは自由自在です。

それでも「どのような方法を取り入れたらいいか?」「魅力的なデザインが思い浮かばない…」と制作過程で、悩むことがあるかもしれません。

しかし、RICHKA CLOUD STUDIOでは、“画像認識システム”を採用。素材を選択すると、最適な切り抜き位置が表示されるため、AIのサポートを受けながら「素人でもプロクリエイターに近い、テクニック・表現」を実現します。

また、RICHKA CLOUD STUDIOの利用用途として、最も多いものが「広告用の動画作成」とのこと。

リチカは高速でPDCAを回せるため、動画広告との相性が非常に良いそうです。業種に特化したフォーマットで動画を量産し、ABテストを繰り返すことで、成果の上がる動画広告をスピーディーに作成します。

現在はYahoo!JAPAN・日経ビジネス・WWDをはじめ、大手企業やメディアなどで400社以上に導入されています。5Gの時代に突入した影響で、動画広告の需要は更に高まってきています。
企業の広告費におけるネット広告の割合は年々増加しており、それとともにリチカのサービスも伸びていくと思います。

「RICHKA CLOUD STUDIO」の高品質なサービスは、今後もますます注目されていくでしょう。

リチカの代表 松尾幸治さんの経歴

(コーポレートサイトより)

松尾さんは佐賀県のご出身で、横浜市立大学 経営学部をご卒業されています。

「今後の人生を生き抜くために、敢えて厳しい環境に飛び込もう」と決意し、大学卒業後に当時ハードワークで有名な大手通信企業に入社。

非常にハードな日々を過ごされていたそうですが、突然転機が訪れました。

ある日、メディア運営の会社に飛び込み営業することに。そこは社員が5名程のベンチャー企業だったそうですが、松尾さんは契約を取ることに成功します。

そこで、担当者から「契約するついでに、今度うちの社長とお茶をしないか?」と提案されたそうです。その社長が、現在ベルフェイスの代表を務める、中島一明さんです。

ベンチャーへの転職に興味があった松尾さんは、中島さんと実際にお会いした際に、さまざまな話をされたといいます。そのなかで、中島さんに「経歴なんて気にしなくていい」「面白いと思ったことをやった方がいい」という言葉をもらったことで、大きく背中を押されたそうです。

そして、大手通信企業を2ヶ月半で退職し、福岡に本社を構えるディーノシステムへ転職。

営業・マーケティング・動画制作など、幅広い業務に携わり、翌年には同社にて最年少取締役へ就任されました。運営本部長として、“経営者インタビュー動画を2年間で6,000社の新規開拓”を行い、制作体制の構築に大きく貢献されたそうです。

2014年にディーノシステムを退職後、同年に前身となるカクテルメイクを設立。2020年12月にリチカへ社名変更を行いました。順調に事業拡大が進み、現在に至ります。

リチカの採用・求人情報

リチカの職種・求人

・カスタマーサクセスマネージャー
・ビジネスプロデューサー
・フィールドセールス
・モーショングラフィッカー
・動画ディレクター
・フルスタックエンジニア
・PDM(プロダクトマネージャー)
・労務マネージャー候補

上記職種以外でも採用を行っているそうなので、気になる方はぜひお問い合わせください。

リチカの働く環境

平均年収・平均年齢

リチカは非上場のため、残念ながら平均年収・平均年齢の公開データはありませんでした。

採用のために発信している情報によると、

フィールドセールス 360万~600万円
フルスタックエンジニア 500万~800万円

となっており、職種によっても変動するようです。

労働環境

リチカはフレックスタイム勤務(コアタイム/10:00~15:00、フレキシブルタイム/6:00~22:00)を導入しています。
基本的な休日は、土・日・祝日です。その他、年末年始休暇・年次有給休暇・バースディ休暇もあります。また、
福利厚生として、各種社会保険が完備されており、諸手当として交通費が支給されるそうです。

リチカに関する口コミまとめ

2021年10月7日現在、リチカで働くことに関する口コミを確認できませんでした。情報が確認でき次第、随時更新していきます。

リチカ転職を考えるにあたって最後に

リチカ株式会社への転職を検討中の方へ、求人情報や転職する上での留意点などをご紹介しました。

動画領域で圧倒的にNo.1となった「RICHKA CLOUD STUDIO」は、今後もさまざまな業界で活用されていくでしょう。これからの動向にも大きく注目が集まるスタートアップです。

定量化を得意とするデジタルのなかで「定量化できない曖昧なもの」の価値を高めることを目指しているリチカ。今後もクリエイティブの側面から、企業のデジタルマーケティングの価値を引き上げていくことでしょう。

「テクノロジーの力で、豊かな未来を作りたい」「クリエイティブ業界に一石を投じたい」という方は、ぜひリチカへの転職を検討してみてはいかがでしょうか?

成長産業・スタートアップ企業への転職を支援した実績は多数あります。転職をお考えの方はお気軽にご連絡ください!

キープレイヤーズでは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートを実施しています。

高野 秀敏

1999年に東北大学を卒業し、株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3500名以上の経営者の相談と、10000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。転職・採用、投資のご相談は Facebook Messenger、もしくはLINEからご連絡くださいませ。
一覧に戻る