キャリア 転職ノウハウ

【多くが失敗?】ベンチャー転職の事前に知っておくべき真実とメリット

ベンチャー企業へ転職する流れがますます増えてきたように思います。私の投資先にもメガバンクや総合商社を辞めて起業した方がいますし、多くの総合商社、メガバンクの方、他にも官僚や政府系金融機関の方、インフラ系企業の方と、従来であれば辞める人はほとんどいなかった大手企業や組織の方が転職するようになりました。 

ベンチャー転職の際に私が普段話していることをすべてここでお伝えしたいと思いますので少しでも転職をご検討されている方はぜひご覧ください。

 

ベンチャー転職の増加は受け皿が増えたことが一因

ベンチャー転職が昔と比べて増えたのか?という質問には間違いなくYESです。ベンチャー転職が増えた理由は、大手企業から転職を受け入れるベンチャー企業が増えたことにあります。

昔からベンチャー企業があったにも関わらず、なぜ最近は大手企業から転職が増えたのでしょうか。

大きな要因として、年収を出せるベンチャー企業が増えたからでしょう。そこそこの年収を出せるベンチャー企業が増えた理由は、資金調達環境の変化です。私自身もベンチャー企業に出資させていただいていますが、もっと大きな資金を出すベンチャーキャピタルが増加しました。ベンチャーキャピタルの増加の背景にはベンチャーキャピタルに出資してくれる、組織や個人が増えたことが背景にあります。 

私も、1999年に当時ベンチャー企業であったインテリジェンスに入社しましたが、新卒社員が多かったり、創業者の出身企業であるリクルートグループの出身者だったりと、大手企業の出身者は多くなかった印象です。

 総合商社にしても辞める人はほとんどおらず、XTech Ventures(クロステックベンチャーズ)の代表である西條晋一さんのように伊藤忠商事から当時まだ今ほど大きくなかったサイバーエージェントのようなベンチャー企業に転職する事例は少なかったです。

 

大手企業から転職しようとする人も増加傾向

受け皿が増えたのも事実である一方、大企業から転職しようと考える人も増えています。大企業を辞めてベンチャー企業で挑戦しようと思っている人も増えています。実際に転職する人は必ずしも多いとはいえませんが、大企業を辞めて、転職や起業で成功していく人が増えるにつれて、転職という選択肢がキャリアの選択肢の1つに出てきています。

大企業は使えるお金も事業規模も大きく、やりがいのある仕事が多いのは事実ですが、若手の間は裁量がなかなかなく、若手のうちからスキルを身に着けてどこへでも通用する人材になりたいと考えて外の世界を見る方が増えています。 

私は幅広い年代(特に22歳から40歳くらい)の転職相談を受けますが、転職せずに残ったほうがいい場合も少なくないので、そのまま残ることもおススメしていますし、起業案をもってくる方も筋が悪そうに思えたら副業ではじめてプロダクトが受け入れられるかの検証をしてから起業したほうがいいと言っています。

大企業で特に新卒からいる会社を辞めるというのは人生における大きな決断の1つになりますので、思い切りも必要な一方、しっかり考えてほしいと思っています。

 

高年収を出すベンチャー企業にも注意

それなりに年収が高いベンチャー企業が増えていますが、年収がなぜ高いかを考えてほしいと思います。

ベンチャー企業は資金調達をしていますが、株式による資金調達の事例が増えています。株式による資金調達は簡単にいうと、自社の株式を外部の人に渡すことでお金を集める行為です。

お金を集めれば集めるほど、経営の意思決定に外部の人がかかわってくることが増えてきます。議決権のない株式発行のパターンもありますが、基本的にはお金を出す人は経営に関わってきます。

数十億円のお金を調達していても、経営がうまくいかないことはあります。もちろん大型調達している企業は何年にもわたり、赤字を出しているので、赤字を出すこと自体は悪いことではなく、調達したお金を効率よく使い将来の利益のためにお金を使えていれば問題ありません。

株式調達をしている企業は、投資している人達のためにリターンを出さないといけませんが、代表的な手段の1つが上場です。上場するということはパブリックな企業になるため、監査法人による監査を入れ、管理体制をととのえるなど余計な費用もかかってくるので、企業としては十分な体力がないと上場することができません。

最近はM&Aにより投資家がリターンを得る形もありますが、多くの企業は上場により投資家へリターンを出すことを意識しています。

そのため、年収が高い代わりに、上場のために一生懸命やらなければその後の自分の雇用があるかわからないため覚悟して転職しなければいけないです。 

ベンチャー転職に過度な夢を見ないこと

1999年から約20年、私は転職支援をする仕事に携わっていますが、ベンチャー転職に限ったわけではないですが、転職に夢を見すぎないことです。

 もし仮に、銀行で働いている方が転職したいと考えたときに競合の銀行に転職したら大きく環境が変わると思うでしょうか?

大手メーカーで働いていて、業界順位が1つ下か上の企業に転職できたとしても大きく環境がかわらないことは感覚的に理解できるのではないでしょうか。

異業界に転職すると、知らないことがおおいためどうしても転職に夢を見てしまい、転職後に理想とのギャップに苦しむことも少なくありません。

ベンチャー転職をして次のキャリアを築くのは素晴らしいことなのですが、想像できない範囲の成長というのはなかなか難しいことですので、ベンチャーに転職したらどういうキャリアがあるのか、どういうスキルが身につくのかはしっかり想像しておくことが必要です。

大手からベンチャーへの転職だと転職事例がすでに多くあるので失敗した人も含め転職事例を十分に収集しておくべきでしょう。

ベンチャーに転職して目標が起業にあるか、それともベンチャー企業内で出世していくかでも企業選びも大きく変わってきます。

 

ベンチャー企業に転職することによる金銭的リターンが大きいわけではない

ベンチャー企業に転職をすると、ストックオプションで一発稼いでくる!と若手の方でおっしゃっている方がいますが、ベンチャー企業転職によるストックオプションで一生働かなくていいようなお金を得るというのは簡単ではありません。

そもそも上場でストックオプションで大きな金額を得るのは企業内で主要な役職にあるか、創業時から在籍年数が長いかということが重要になってきます。

創業時から在籍している人は、年収が全然なくても働いてきた功労者であったり、役職にある人はすでにベンチャーで成功した人だったりという人です。未経験ですでに規模が少し大きいベンチャーに入社したとしても大きな金銭的リターンはありません。

私の投資事例でも大きくリターンがあるのは事業もほとんどできておらず、会社ができたばかりのときに投資できた場合が当然ながらリターンが大きくなります。

 

高野が見てきたベンチャー転職の成功事例

私が見てきたベンチャー企業への転職事例は数えきれないほどありますが、転職成功した事例も多数あります。

例えば、転職して、その後社長にまで上り詰めた人や、転職後にCXOとして、上場に貢献した人、ベンチャー企業で大活躍して業界で有名になりその後起業した人など多くいます。

彼らの特徴としては、先のことは考えながらも目のまえの仕事に全力投球することです。経験のない仕事に転職したら、1年生になるので新しいことを習得すべく、ハードワークしていくことで会社での信頼を得て、仕事のスキルを身につけていきます。

成功している人は例外なく、目の前の仕事をコツコツこなし、地位を得ています。

 

利益の出ている企業を選ぶ堅実さも重要

ベンチャー企業選びにおいて目立っていない優良企業を選択することも重要です。私が紹介する企業もあまり露出はないし、社長も取材を受けていないけど企業として儲かっていて、給料も業界よりも出しているところはあります。

最近は有名になりましたが、ZIZAIも若い経営メンバーながら急成長し、利益をしっかりと出しかつ成長し、新規事業をつくっていっている注目の企業です。

利益の出ている企業を選びをする際については、ベンチャー未経験だと難しいので、私のような転職エージェントにぜひ連絡いただけるとよいと思います。

 

経営者には必ず会おう

大きい企業になると経営者に会う事は難しいですが、30人未満の会社であれば、社長が面接に登場することもありますし、もし会えない場合も入社前に会社の交流会に参加し、会社の雰囲気を味わいましょう。

社長のパワハラなどとりあげられる事例もありますし、社長のことを知っておくことは企業選びにおいて重要です。目の前のことから逃げて飲んでばかりの経営者もいますので経営者のことをみておくことは重要です、 

CXOにどうやったらなれるのか

さて、CXOになりたい方も多くいるのではないでしょうか。CXOになるのは、究極的なことをいうと、入社先の会社で社長をはじめ経営陣に認められることです。ベンチャーであっても、実力主義ではなく、最後は社長が意思決定をするので社長に認められないといけません。

そのためには入社して、結果を残すことが大事です。入社後に、どんなことでもいいから結果を残せるといいでしょう。最初は自分の得意分野で結果を出して幅広い領域の仕事をしていき結果を積んでいってほしいと思います。

CXOといっても投資銀行出身者や公認会計士の方が活躍しているCFO、起業経験者や、ベンチャー企業で事業責任者をつとめてきた方がなっていくCOO、マーケティング畑でかつマネジメントができる人がなるCMO、最近、そこそこ有名になりつつある人事責任者であるCHROと様々なポジションがあります。

CXOのポジションは会社が作らないとないですが、自分から提案してポジションを作る人もいますので、認められるように努力するしかありません。

 

ベンチャー企業に求められる大企業出身者

ベンチャー企業では、大企業出身者は活躍しにくいという話をしましたが、ベンチャー企業で大企業出身者を求める場合は多いのです。

ベンチャー企業といってもお客さんに大企業を獲得したい企業がほとんどであり、大企業とパイプのある大企業出身者は重宝されます。

また、大企業はルールを順守している企業が多く、制度がしっかり整っていないベンチャー企業にとっては大企業の仕組みというのは参考にすべき点は多いのです。大企業にいる方もいまのやり方を当たり前だと思わず、どういう制度になっているか注目して見ておくといいでしょう。そうした経験がベンチャー企業で活きます。

 

ベンチャー企業転職前に考えてほしいこと

ベンチャー企業に転職することは、リスクもある一方、新しい経験や人生の面白さを発見できます。私も、キープレイヤーズを設立して、10年以上ベンチャー業界に関わってきていますが、今ほどベンチャーが面白い時代はありません。投資や人材紹介でかかわっている企業はどこも面白く、働く方にとってよい会社にしたいと考えている経営者ばかりです。将来経営者を目指す方にとってもいい環境です。

 企業に残ることを私はすすめることもよくありますが、自分の可能性を知りたい、試してみたいという方はぜひ高野まで相談しにきてください。お気軽にご連絡ください。

 Twitterfacebookからもメッセージを受け付けていますので、面識が全くない方でも大丈夫です。Contactボタンを押してお問い合わせくださいませ。

お待ちしております。

 

 

高野 秀敏

1999年に株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3000名以上の経営者の相談と、10000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。転職・採用、投資のご相談は Facebook Messenger、もしくはLINEからご連絡くださいませ。
一覧に戻る