MENU

アクセンチュアの年収|職種別ランキングや新卒中途・年齢別の平均年収など紹介

  • 業界最大手リクルート運営スカウトサイト
  • 登録するだけでオファーがもらえる
  • 転職決定年収 平均950万円以上
  • 年収800万円以上の求人多数
  • 年収2,000万円超の案件も

リクルートダイレクトスカウトの公式サイトキャプチャ

評価 企業群 種類
★★★★☆ 大手〜ベンチャー スカウト

\リクルートのスカウトサービス/

リクルートダイレクトスカウト公式

アクセンチュアは戦略立案から実行までを手掛ける世界最大級の総合コンサルティングファームです。

アクセンチュアは外資系コンサルティングファームの中でも特に有名な会社のひとつですね。なんとなく耳にしたことがある人は多くても、年収の事情について詳しく理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。

この記事ではアクセンチュアの年収が決まる仕組み・評価制度について紹介したうえで、職種別・職位別の平均年収ランキングや年収アップのコツを解説していきます。

アクセンチュアへの就職や転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

この記事をまとめると…
  • アクセンチュアの平均年収は854万円

 

  • アクセンチュアの職種別年収ランキング
    • 第1位.ストラテジーコンサルタント
    • 第2位.ビジネスコンサルタント
    • 第3位.デジタルコンサルタント
    • 第4位.ソリューションエンジニア

 

  • アクセンチュアの年収【年齢別】
    • 25歳:577万円
    • 30歳:737万円
    • 35歳:927万円
    • 40歳:1,112万円
    • 45歳:1,266万円
    • 50歳:1,397万円

 

  • アクセンチュア社員の年収への口コミ
    • 日系同業他社と比較して年収が高い
    • 360度評価で納得感が高い
    • キャリアカウンセラーの評価で変動
    • 同業他社と比較して管理職手当が低い
目次

アクセンチュアの年収の仕組みは?

さっそく、アクセンチュアの年収がどのように決まるかご紹介します。

アクセンチュアの評価制度

アクセンチュアは年俸制になっており、年収は①年俸+②残業代+③業績給与の総額によって決まります。そして、後述するように、これらの金額は社内で決定された評価をもとに決定されます。

まず、①年俸は社内での職種とその職種内での職位に基づいて支給されます。

ここでの職種は「戦略コンサルタント・ビジネスコンサルタントなど」、職位は「アナリスト・マネージャーなど」を指します。

次に、②残業代については、アナリスト・コンサルタント(マネージャー未満)が支給対象となっており、支給の上限は45時間となっています。

最後に、③業績賞与は参加したプロジェクトの上司と、それとは別に設置される社内のキャリアカウンセラーとの間で相談され、決定されます。

また、外資系コンサルティングファームであるアクセンチュアには、「Up or Elsewhere」と呼ばれる、一定の年齢になって成果を残せない場合には社内での部署移動や他社への転職をしなければならないというルールが存在します。

近年この傾向は緩やかになっているものの、入社をお考えの方は注意しておきましょう。

アクセンチュアの平均年収

Openworkの情報によれば、アクセンチュアの平均年収は854万円です。なお、この金額は1231人の社員がOpenworkに対して回答した年収の平均です。

dodaが発表している、2021年度版の「平均年収ランキング(職種別)」によれば、コンサルティングファームの平均年収は575万円でした。

このことからも、アクセンチュアは高年収であるコンサルティング業界の中でも特に高年収な会社であるといえるでしょう。

アクセンチュアの福利厚生

アクセンチュアには下記のような福利厚生制度が整備され、社員の多様な働き方を支援する仕組みが整えられています。

福利厚生 内容
各種手当 時間外勤務手当、深夜勤務手当、出張手当、住宅手当、交通費支給、転居支度金
従業員株式購入プラン 社員が給与の10%までの範囲でアクセンチュアの株式を割引価格で購入できる制度
長期収入所得補償 病気や怪我で長期間働けなくなった時に、一定期間年収の約 60% が保障される
年金制度 厚生年金・確定拠出年金制度・企業年金基金
休日・休暇 完全週休二日制、祝日、年末年始、結婚・出産・忌引休暇、ボランティア休暇など
健康支援 カウンセリング支援・産業医への健康相談・定期健康診断
カフェテリアプラン 社員に予め与えられたポイントの範囲内で各種のサービス優遇が受けられる制度
ベネフィットステーション 語学学習等、各種サービスの割引利用が可能になる
各種保険 雇用保険・労災保険・健康保険

アクセンチュアの年収【職種別ランキング】

アクセンチュア社員の年収は、職種とその職種内での職位によって決まります。

アクセンチュアでの主な職種にはストラテジー(戦略)コンサルタント、ビジネスコンサルタント、デジタルコンサルタント、ソリューションエンジニア(SE)が存在します。そして、それぞれの職種によって年収は大きく異なります。

ここでは、各職種の大まかな業務内容と新卒一年目の年収をもとに、アクセンチュアでの職種別の年収をランキング形式で発表します。

第1位.ストラテジー(戦略)コンサルタント

アクセンチュアの職種別年収ランキングの第1位は、ストラテジー(戦略)コンサルタントです。新卒1年目の平均年収(アナリスト)は年俸約550万円+残業代+業績賞与です。

ストラテジーコンサルタントは社内ではビジネスコンサルティング本部に所属し、アクセンチュアの強みであるITへの知見を活かし、企業や公的機関に対して、事業戦略立案や新規事業開発、経営モデルの構築などを支援する職種です。

一般的に、戦略コンサルティング業界はコンサルティング業界の中でも特に高年収であることで知られています。

アクセンチュアのストラテジーコンサルタントの就職市場での競合は、マッキンゼーやBCGなどの他社戦略コンサルや総合コンサルの戦略部門です。これらの競合他社に決して引けを取らない高年収となっています。

さらに、近年マネージャー未満の職位では、マッキンゼー等の戦略ファームの水準まで年収を上昇させていることでも知られています。

第2位.ビジネスコンサルタント

アクセンチュアの職種別年収ランキングの第2位は、ビジネスコンサルタントです。新卒1年目の平均年収(アナリスト)は年俸約430万円+残業代+業績賞与です。

ビジネスコンサルタントは社内ではビジネスコンサルティング本部・テクノロジーコンサルティング本部・インタラクティブ本部・オペレーションズコンサルティング本部・インダストリーX本部のいずれかに所属し、企業や公的機関の複雑化するビジネス課題に対して、先端テクノロジーを活用して改革を進める職種です。

また、ビジネスコンサルタントは先述したストラテジーコンサルタントの職種と比較して、企業の課題解決のためのシステム導入など、より実行に近い領域を担当する職種です。

第3位.デジタルコンサルタント

アクセンチュアの職種別年収ランキングの第3位は、デジタルコンサルタントです。新卒1年目の年収(アナリスト)は年俸約430万円+残業代+業績賞与です。

デジタルコンサルタントは社内ではテクノロジーコンサルティング本部・インタラクティブ本部・インダストリーX本部のいずれかに所属し、クラウドやビッグデータなどの様々なデジタルテクノロジーの専門家として、ビジネスの課題解決及び最適なソリューションの提供・実装を担当する職種です。

ビジネスコンサルタントの職種と比較しても類似の職務を行う職種であり、以前まではビジネスコンサルタントの方が給与が高いことで知られていましたが、近年の報酬体系の見直しにより、新卒では同水準の給与となりました。

第4位.ソリューションエンジニア(SE)

アクセンチュアの職種別年収ランキングの第4位は、ソリューションエンジニア(SE)です。新卒1年目の平均年収(条件は東京オフィス所属・大卒・アナリスト)は年俸約430万円+残業代+業績賞与です。

なお、勤務地や最終学歴(大卒・院卒か高専卒か)によってこれらの基準年俸は変更となる場合があります。

ソリューションエンジニアは社内ではテクノロジーコンサルティング本部に所属し、高いIT開発専門性を武器にビジネスグランドデザインやIT戦略をシステム仕様へと落とし込み、スピーディーに高品質なシステムを構築する職種です。

また、ビジネスコンサルタント・デジタルコンサルタントと比較して、ソリューションエンジニアはプログラミングによって実際のシステム構築を担うという点で実行の最前線に身を置く職種です。近年の報酬体系の見直しによって、大幅に年収が上昇しました。

アクセンチュアの年収【職位別】

アクセンチュアには昇進順にアナリスト→コンサルタント→マネージャー→シニアマネージャー→マネージングディレクターの5つの職位が存在し、昇進すると大幅な年収アップが見込まれます。

ここではビジネスコンサルタントの職種を事例に、アクセンチュアの年収を5つの職位別に紹介します。

職位 年収(目安)
アナリスト 450万円〜600万円
コンサルタント 700万円〜850万円
マネージャー 1000万円〜1300万円
シニアマネージャー 1300万円〜1800万円
マネージングディレクター 2000万円〜4000万円

アナリスト

アクセンチュアのアナリストの年収は450万円〜600万円です。

おおよそ1年目〜3年目の社員が就く職位であり、同じプロジェクトに携わるマネージャー・コンサルタントなどの上位の職位の社員によって細分化された、データ収集・分析などのタスクの実行を行い、必要なスキルを習得していきます。

コンサルタント

アクセンチュアのコンサルタントの年収は700万円〜850万円です。

おおよそ3年目〜5年目の社員が就く職位であり、マネージャーによって設計された各領域のタスクが割り振られ、高度な分析能力をもとにその実行を担います。

マネージャー

アクセンチュアのマネージャーの年収は1000万円〜1300万円です。

おおよそ5年目〜10年目の社員が就く職位であり、シニア・マネージャーやマネージングディレクターが設計した初期仮説に基づいて、タスク設計や現場レベルのプロジェクトのスケジューリングを担います。

シニアマネージャー

アクセンチュアのシニアマネージャーの年収は1300万円〜1800万円です。

おおよそ10年目の社員が就く職位であり、企業や公的機関のクライアントとディスカッションをして、課題を抽出し、ソリューションを提案、さらには初期仮説をひき、プロジェクト全体の構想を描きます。

マネージングディレクター

アクセンチュアのマネージングディレクターの年収は2000万円〜4000万円です。

マネージングディレクターへは実力や社内での評価によって昇進が可能となっており、マネージングディレクター以下での職位と比較して、年次との相関性は低くなるといえるでしょう。

また、マネージングディレクターの業務内容は、プロジェクトの最高責任者として、実際に企業や公的機関のクライアントとディスカッションをして、課題を抽出し、ソリューションを提案することになります。

アクセンチュアの年収【年齢別】

アクセンチュアの年齢別の年収も整理しておきましょう。

下の表は年齢別に年収を比較したものです。

年齢 平均年収
25歳 577万円
30歳 737万円
35歳 927万円
40歳 1112万円
45歳 1266万円
50歳 1397万円

年齢が上がるにつれて平均年収が上昇していますが、実際のところ、アクセンチュアは年功序列の会社ではありません。アクセンチュアは「Up or Elsewhere」という文化にも表れているように、成果主義の会社であるため、社員の年齢よりも実績・成果が重視されます。

そのため、成果を残した社員のみが社内に残るため、年齢が上がるごとに平均年収が上がっているとも考えられます。

また、これまで見てきたように職種や職位によっても大きく年収が異なります。社内では同じ年齢層の社員同士でも大きく年収が異なる事例も多く、「年功序列でない実力主義・成果主義の企業で働きたい」という方にはおすすめの企業です。

アクセンチュアの年収【コンサル他社との比較】

アクセンチュアの年収は、コンサル他社コンサルと比較してみましょう。

まず、戦略コンサル各社との比較について紹介します。

社名 平均年収
アクセンチュア 854万円
BCG(ボストン・コンサルティング・グループ) 1374万円
マッキンゼー・アンド・カンパニー 1222万円
A.T.カーニー 1362万円

戦略コンサル各社と比較すると、アクセンチュアの平均年収は大幅に低い水準であるといえるでしょう。

しかし、このアクセンチュアの平均年収にはストラテジー(戦略)コンサルタント職だけでなく、他職種の年収も含まれています。そのため、就職市場での直接の競合となるストラテジー(戦略)コンサルタント職においては他社戦略コンサルの約1割ほど低い年収となることが想定されます。

次に総合コンサル各社との比較について紹介します。

社名 平均年収
アクセンチュア 854万円
KPMGコンサルティング 885万円
デロイトトーマツコンサルティング 921万円
アビームコンサルティング 811万円

総合コンサル各社と比較すると、アクセンチュアの平均年収はやや低い、あるいは同水準であるといえるでしょう。

ただし先述したように、このアクセンチュアの平均年収には複数職種の年収が含まれています。そのため、就職・転職を検討される方は転職時に提示される年収などをもとに、他社の同職種の年収と比較検討する必要があるでしょう。

また、ソリューションエンジニア職を希望される方は合わせてSIer各社の年収も参考にしてみてください。

アクセンチュアの年収に関する口コミ

アクセンチュア社員の年収への評価もみていきましょう。

アクセンチュア社員の年収への口コミを良い口コミと悪い口コミに分けて紹介していきたいと思います。

良い口コミ

「年一度の賞与は日系企業と比較すると低いものの、基本給が高いため、総合すると日系の同業他社の企業と比較すると給与はそれなりに高い。」(アナリスト・男性)

「近年の人手不足を背景として、​​キャリアアップの機会がかなり多く、一定の成果を上げていればどんどん昇進できる風土になっているため、昇給が早い。」(コンサルタント・男性)

「配属されるプロジェクトによるが、ある程度のワークライフバランスを保ちながら、高給をもらうことができる。」(マネージャー・男性)

評価制度は評価会議での360°評価であり、透明性が担保されているので納得感は高い。これ以上、透明性の高い評価制度を他社で見たことがない。」(シニアマネージャー・男性)

「社員評価は管理職以上(マネージャー以上)が全員集まる場でオープンな議論をするカルチャーが根付いており、この仕組みである以上、あまり納得感のない評価をつけるリーダーは自身の管理者能力を問われることになるため、抑制されます。」(マネージングディレクター・男性)

近年の社内の状況は昇進を狙いやすく、大幅な年収アップも期待できます。また、昇進に必要となる社員の評価は透明性が高く、納得感の高いものであることが窺えます。

悪い口コミ

「プロジェクト内の直属の上司と社内のキャリアカウンセラーの評価を持って総合評価となるため、キャリアカウンセラーに『この人を昇進させたい』と思えるかが鍵となり、キャリアカウンセラーに自分の頑張りをアピールすることが必要。」(アナリスト・男性)

「業績賞与については、マネージャー未満の場合、昇進時あるいは相当の高評価を得た時のみで、ほとんどの場合期待できない。」(コンサルタント・男性)

マネージャー以上に比較的多くの業績賞与が付与されるが、同業他社と比較するとマネージャーでも数%と、業績賞与のウェイトは小さい。」(マネージャー・男性)

「近年は残業規制を背景としてスタッフクラスの残業代が削減され、年収が減少する事例も存在する。」(シニアマネージャー・男性)

「順調に成長を遂げていないという評価になると昇給・業績賞与がゼロになる。」(マネージングディレクター・男性)

社内評価が昇進・年収アップに大きく関係するため、ある一定の社内政治が必要とされる場合があります。また、成果主義であるため、昇給・賞与の額もそれに連動するといえるでしょう。

アクセンチュアで年収アップする3つのポイント

最後に、アクセンチュアで年収をアップするコツについて紹介します

成果を出してプロモーション材料を作る

これは他の企業でも変わりませんが、まずは成果を出すことが最も重要です。

特にアクセンチュアではキャリアカウンセラーとプロジェクト内の上司によって社員の評価が決定され、その評価が評価会議で議論されることでプロモーションにつながります。

そのため、これらの評価者に当該社員のプロモーションを後押しさせる強力な材料として、社員は配属されたプロジェクト内で上司に求められた成果を出すことが最重要且つ、プロモーションへの近道となるといえるでしょう。

海外案件を任せられる英語力を身につける

海外案件を任せられるほどの英語力を身につけることも大切な要素のひとつです。

一般的にコンサルティングファームの受注するプロジェクトにおいては、日本企業の海外進出・海外拠点のDXなどのプロジェクトは単価が上がりやすいことが知られています。

そのため、アクセンチュア社内でのプロモーション条件の一つにはTOEICで一定以上のスコアを残すことが設定されています。

また、英語力がある社員はグローバル規模の案件に配属される可能性も高くなります。このことから、英語力を高めることは上司からの高評価・プロモーションの可能性が高まるといえるでしょう。

他社からデジタルコンサルタントとして転職する

これは転職するタイミングになりますが、他社からデジタルコンサルタント・ビジネスコンサルタントとして入社すると年収が上がることが多いです。

近年、アクセンチュアなどの総合コンサルティング企業では、DX関連のプロジェクトが多く、これらの開発工程やシステム導入を支援するデジタルコンサルタントの需要は業界内でも上昇しています。

そのため、日系企業などの他社から中途入社として、デジタルコンサルタント職で入社した場合、採用時の年収が上がりやすいことが知られています。

アクセンチュアから独立・起業して年収アップする人も多い

アクセンチュアから独立して活躍している方も多くいらっしゃいます。業態を問わず、上場している企業もありますので、アクセンチュアでは他の業界でも活きるスキルが身につくと考えられます。

こちらの記事でアクセンチュアから独立した経営者の方を紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

アクセンチュア出身の経営者・起業家まとめ

よくある質問

Q1.アクセンチュアでの年収が下がるのは本当?

A. 年収が下がる事例も存在します。

アクセンチュアでの年収が下がる要因の一つに、近年の勤務形態のホワイト化があります。以前は残業時間が長いことで知られていたアクセンチュアですが、社内での残業規制・働き方改革によって社員の残業時間が減り、それに伴って残業代が減ることで年収が減少する可能性があります。

Q2.アクセンチュアは職種によって年収が異なるのは本当?

A. 本当です。

アクセンチュアでは、主にストラテジーコンサルタント、ビジネスコンサルタント、デジタルコンサルタント、ソリューションエンジニアの職種が存在し、給与はストラテジーコンサルタント>ビジネスコンサルタント>デジタルコンサルタント>ソリューションエンジニアの順になっています。

Q3.アクセンチュアは成果主義の会社なのは本当?

A. 本当です。

アクセンチュアには「Up or Elsewhere」という成果を出せない社員は部署移動をするか、転職をするという文化が存在します。

また、賞与やプロモーションも、年功序列によるものよりも成果によるところが大きいため、成果主義の文化が強い会社であるといえるでしょう。そのため、若い頃から成果を出し、大きな対価をもらいたいという方にはおすすめの会社です。

まとめ

以上、この記事ではアクセンチュア社員の年収について、職種別・職位別、他社とも比較しながら解説しました。

アクセンチュアでの年収は主に社内での職種と職位によって決定し、プロモーションや業績賞与は上司など周囲の社員の評価によって決定することがお分かりいただけたかと思います。

また、「Up or Elsewhere」と言われるように、外資系企業らしい成果主義を採用しており、社内での評価をつかむには成果が何よりも重要です。

若い頃からグローバルな環境で活躍したい方、成果に見合った報酬が欲しい方は、アクセンチュアへの就職・転職をおすすめします。

アクセンチュアへの転職をお考えの方は、こちらの記事で、アクセンチュアに転職するための情報をまとめています。ぜひ併せてご覧ください。

アクセンチュア転職のための企業・求人情報まとめ

  • 業界最大手リクルート運営スカウトサイト
  • 登録するだけでオファーがもらえる
  • 転職決定年収 平均950万円以上
  • 年収800万円以上の求人多数
  • 年収2,000万円超の案件も

リクルートダイレクトスカウトの公式サイトキャプチャ

評価 企業群 種類
★★★★☆ 大手〜ベンチャー スカウト

\リクルートのスカウトサービス/

リクルートダイレクトスカウト公式

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる