未来を創るスタートアップ100

こんにちは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートをしているキープレイヤーズの高野です。

スタートアップが探し方が難しい。スタートアップが多すぎてよくわからない。個人の方からこんな声を聞きます。

またスタートアップ側もまだ小さいのでアピールする手段に困っているという話も。採用ができていないところがほとんどです。そこで今回は私、高野秀敏と有識者の皆さんで未来を創るスタートアップ100を選定して紹介します!

随時100社を公開していきます。

選定したうえで掲載させていただいておりますので、必ず掲載されるわけではないのですが、我こそは!というスタートアップ企業の方がいらっしゃいましたら、こちらのフォームからご連絡くださいませ。

 

現在、ベンチャー・スタートアップ投資は盛んです。6000億あると言われています。2009年、私がスタートアップ投資をはじめた頃は700億でした。時代は変わりました。これからの未来を創るスタートアップをぜひチェックしてみてください!

未来を創るスタートアップ100

株式会社Magic Moment

(コーポレートサイトより)

Magic Momentは、LTV経営を実現する営業支援SaaS『Magic Moment Playbook』を提供しています。 このプロダクトは、営業組織に「行動量の増加」「アプローチ先の質の向上」を同時に実現することで圧倒的な営業成果をもたらします。 今、何をすべきか?次に、どう動くべきか?営業担当者に最適なアクションを自動提案してくれます。

また、顧客の状況にもとづいて、最適なコミュニケーションを自動化する機能により、営業担当者の活動に対する管理コストを極小化します。 顧客エンゲージメントを可視化できる国内唯一のセールステックであり、日本企業の営業DXを実装し、LTV最大化に貢献しています。

三井物産や凸版印刷をはじめ、エンタープライズを中心に導入事例が増加中です。

クラフトバンク株式会社

(コーポレートサイトより)

CraftBankは2021年4月に建設工事会社から生まれた建設テックのスタートアップです

。 産業規模二位を誇る建設業は、非効率な受発注構造から近年慢性的な人材不足を引き起こしています。この課題を解決すべく、優良な発注企業(元請)と腕の良い建設職人をミスマッチなく最適に手配する「工事マッチング事業」を展開している企業です。

最大の優位性としては、工事マッチング事業により蓄積した全国2.4万社(約10%)が登録する工事会社データベースがあります。2021年から、このDBにレバレッジをかけ、工事会社向けの経営管理SaaSへと事業拡大しています。

メンバーは、DeNA出身の26歳が率いるPdtチームと、衆院秘書・コンサル・PEファンド・建築士・現場監督等の出身者が入り混じるBizチームで構成されています。 

株式会社アイデミー

(コーポレートサイトより)

アイデミーのMissionは「ユーザーを教育・研修すること」ではなく、「先端技術によってお客様の経済活動を加速させること」です。基礎研究の先端を突き進む研究機関というより、ビジネスへの実用化でお客様の競争力を高め、次世代の産業創出を加速させる存在でありたいと考えているそうです。

DX/GXなどの先端技術をオンラインで学習するサービスでは先駆者で受講者数は10万人を突破しています。ローンチ以降、まだ出回っていない最新のコンテンツを追い続けています。

当時はAIに始まりDX、現在はGXなどのテーマも充実させています。Aidemyのサービスを通じて、個人はキャリアアップ、企業は次世代のリーダー発掘や次世代の産業創出を加速させることができます。

先端技術の実装を内製化する伴走型支援 「内製化」を目指すところがコンサルファームなどとの違いです。これまで外注していた問題解決や先端技術の実装を、お客様自身が解決できる状態を目指します。企業の内部に知見が蓄積することで競争力が高まり、高騰する外注費の圧縮にもなります。

株式会社LEAN BODY

(コーポレートサイトより)

フィットネス動画のサブスクサービスを運営しています。20〜40代女性のフィットネスハードルの高さによる運動不足やダイエットなどカラダにまつわる課題を高クオリティのフィットネスレッスン動画を低価格で提供することによって解決しています。

先進国がフィットネス人口20%に対して、日本のフィットネス人口3%とかなり低くなっており、原因がジムの価格が2倍ほど高く、ジムの数が少ない状況です。日本において誰もが気軽に楽しくフィットネスをできる世の中を作っていきます。

競合優位性は自社でオリジナル制作をしているコンテンツとそのプロモーションです。コンテンツでは令和版ビリーズブートキャンプやゴリエのぺこりエクササイズなどをオリジナルで0から作ってきています。また、どの企業よりもSNSを上手く使って認知拡大しユーザーを獲得しています。

ユアマイスター株式会社

(コーポレートサイトより)

設立5年を迎え、ハウスクリーニングや修理などを注文されたいユーザー様が安心安全なサービスを受けることができ、出店企業様の経営支援を行い、産業の変化を起こしていくプラットフォームを運営しています。

インターネットを通して、物を「買う」時代が25年で出来て、この10年で物を「売る・捨てる」場所が出来ました。持続可能な社会を目指して「綺麗にする」「直す」などの行為を当たり前に出来るような世界を目指しています。

管理が難しい「品質」「在庫」などをデータ化していくことで、色んなビジネスへと派生させていきます。TOKIOで全国のCMを行い、全国に根付くサービスとして挑戦中です。もっとプラットフォーム経済圏を大きくし、その中でお客様への色んな提供価値を増やしていけるような会社を目指しています。

株式会社オンリーストーリー

(コーポレートサイトより)

BtoB企業の、集客課題を、決裁者マッチングで解決しています。BtoB SaaSとして、Sales Tech領域を中心に事業展開 しています。

売る側と買う側のリボン図モデルでなく、  ”売ることも買うこともできる決裁者同士”なので循環型でバイラルしやすいモデル です。決裁者マッチングは、営業課題だけでなく、M&Aや提携先探しなど、多面的な経営課題解決に展開可能です。

また、コロナでオンライン商談が増えたことで、1都3県だけでなく、全国に対象が拡大しています。審査通過後の、登録決裁者数、約5000名以上で、日本一の規模です。全売り上げに占めるストック売上比率約9割のSaaS企業です。

株式会社マイベスト

(コーポレートサイトより)

mybestは、ECサイト等で商品を購入する際に「何を選んだらいいのかわからない」というユーザーの課題解決を目指した”おすすめ情報サービス”です。 日用品からコスメ・家電・食品までオールジャンルの商品を対象に、実際に商品を購入して、本当におすすめなものをユーザーに提案しています。

mybestの競争優位性は独自の商品データベースを作るオペレーションにあります。各ジャンルに特化した人材がいることはもちろん、システム・設備・ノウハウからなるオペレーショナルエクセレンスが最大の強みです。

2016年のサービス開始から、月間利用ユーザー数は3,000万人を超え、同領域において国内最大級のサービスに成長しています。また日本のみならず海外9か国に展開しており、世界中の多くのユーザーが利用しています。

株式会社Shippio

(コーポレートサイトより)

Shippioは「理想の物流体験を社会に実装する」をミッションに掲げる貿易DXのスタートアップです。物流スタートアップの中でも「国際物流・輸出入におけるアナログ業務からの脱却」という広くて複雑な課題に向き合っているのが特徴です。

この課題を解決する為にSaaSとしてのソフトウェアの提供のみならず、我々が一部リアルな物流オペレーションを実際に持つことで顧客課題を正確に把握しプロダクトを提供することで、これまで日本にはなかったデジタルフォワーダーとしての地位を確立しています。

Shippioで使われる「プロダクト」という言葉は、デジタルプロダクト+オペレーションの「広義のプロダクト提供」を意味しているのも面白いポイントですね。

株式会社カンリー

(コーポレートサイトより)

株式会社カンリーは、Googleビジネスプロフィール(GBP、旧・Googleマイビジネス)・HP・各SNSアカウントの一括管理サービス「Canly(カンリー)」の開発・提供を行う企業です。

複数多店舗を運営する企業にとってGBPやHP・SNS上での店舗情報の発信は注力すべき取り組みであるものの、膨大な管理工数が課題となることもあります。店舗運営を行う企業様の店舗情報の管理・クチコミの分析業務を効率化し、お客様との接点構築・お客様の声を拾ったサービス改善に時間を割いていただくために店舗情報の一括管理サービス「Canly」を提供しています。

単なるツール提供だけにとどまらず、熟練の運用担当者が企業の担当者様と伴走しながら運用支援を行っているのが特徴です。

株式会社コンシェルジュ

(コーポレートサイトより)

ノーコードAIチャットボット「KUZEN(クウゼン)」を提供するスタートアップです。

LINEやFacebook Messengerから始まったチャットインターフェースは瞬く間に広がりました。こうした動きはチャットインターフェースが既存のUIを置き換えていく動きとも言えますよね。

その中でチャットの自動化は対話型のコミュニケーションが続く限りto C、to B双方において広がっていきます。KUZENはそのような自動化のニーズに応えるSaaSプラットフォームです。

企業毎に異なるニーズをワンプロダクトでこなす、空前絶後の製品を目指してKUZENと名付けられました。 現在は問い合わせの自動化というイメージが強いですが、今後はチャットコマースや製造ラインのアラート管理などさまざまな形で広がっていくことを想定しています。

株式会社ROXX

(コーポレートサイトより)

ROXXは中途採用のおけるNo.1リファレンスチェックサービスback checkを運営する企業です。

候補者の同僚や上司といった第三者から直接評価を取得、面接だけでは分からない働きぶりや人物像を照会しミスマッチを防止することを主な目的としています。

スタートアップへの投資資金の拡大や、DXを中心に大企業においても外部からの積極登用など、雇用の流動性が高まり続ける中で不可欠なサービスとして急速に拡大している、注目のサービスです。

クラスター株式会社

(コーポレートサイトより)

誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできる国内最大級のメタバースプラットフォーム「cluster」を展開しています。

スマホやPC、VRといった好きなデバイスから最大10万人が同時に接続することができ、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化が可能になりました。 これまで「cluster」への延べ来場者数は800万人超(2021年末時点)となっています。

ほかにも、世界初VR音楽ライブ「輝夜 月 LIVE@Zepp VR」や渋谷区公認の「バーチャル渋谷」、ポケモンのバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」、環境省「ヴァーチャル・ジャパン・パビリオン-カーボンニュートラル社会に向けたイノベーション-」の制作運営など、リアルで集まれない状況下での全く新しいエンタメ体験・コミュニケーションを実現しています。

今後は、このプラットフォームの中にユーザーエコシステムを築き上げ、誰もがクリエーターとして参加できる新しい経済圏となることが期待されています。

株式会社BitStar

(コーポレートサイトより)

BitStarは独自データの活用を強みとして、YouTuberやTikTokerを中心としたクリエイター支援事業「BitStar Agent」、コンテンツ制作事業「BitStar Studio」を展開しています。

売上の80%以上が50万登録以下のミドル・ロングテールのクリエイター/コンテンツで構成されておりますがそれらの成長を加速させるためにはデータやテクノロジーを活用した仕組みが必要です。

BitStarが持つ仕組みによってトップだけが活躍できる旧来型のエンタメ業界とは異なり、あらゆるクリエイター/コンテンツが輝けるような真のクリエイターエコノミー創出を社会的意義としています。

株式会社リーディングマーク

(コーポレートサイトより)

株式会社リーディングマークは、活躍する人材をひと目で見極める『適性検査ミキワメ』を提供しています。 このプロダクトは、今まで見えずらかった従業員の性格傾向=「社風」や「活躍社員の特徴」を明らかにし、自社独自の採用基準を策定できます。

採用基準と候補者の受検結果を照らし合わせることで、採るべき人材かどうかがひと目で分かるので採用時のミスマッチが削減できます。 この『適性検査ミキワメ』を通して学歴やスキルだけでなく、社風との相性を客観的指標として取り入れる「新しい採用の仕組み作り」に貢献しています。

利用企業数は1年で5倍に伸び、ベンチャーから大手企業まで幅広い業態・業種の方にご利用いただいています。

HiTTO株式会社

(コーポレートサイトより)

社内向けに特化したAIチャットボット「HiTTO」を提供しています。チャットボットは数多くありますが、営業的な戦略ではなく、プロダクト自体が社内に特化していることが1番の特徴です。

具体的には、日本中の企業で従業員から管理部門に寄せられる質問のパターンを100万件以上学習した独自のAIを搭載しナレッジを体系化しています。これにより、一般的なAIチャットボットで必要な、導入時のFAQやシナリオの作成が必要がなく、導入工数を圧倒的に圧縮し、チャットボットの回答精度を保つためのチューニング作業なども必要なく運用することが可能です。

顧客を跨いだナレッジシェアができるため、自動応答による業務効率化に留まらず、属人化の解消など組織強化にも大きく貢献できます。

株式会社インフォステラ

(コーポレートサイトより)

インフォステラは、周回衛星向けGround Segment as a Serviceプロバイダーです。

周回衛星はデータの通信を行うために必要な地上局(アンテナ)は標準化されておらず、その利用には地上局ごとに個別の調整を行う必要があります。 また、地上局の所有者ごとに個別に契約手続を行わねばなりません。

インフォステラが開発運用するクラウドベースの地上局プラットフォーム「StellarStation」を活用することによって、衛星運用者は一度弊社と契約を行い、セットアップを行うだけで、世界中の地上局にアクセスできるようになります。 地上セグメント構築の難易度を下げ、衛星の活用に取り組む企業のサービス開発と改善を支援しています。

株式会社I’mbesideyou

(コーポレートサイトより)

コロナ禍で急速に普及したオンライン会議で、相手の反応が読みづらいというペインを表情・視線・顔の向き・声のトーン・発言内容・しぐさなどの統合解析で心理的安全性やエンゲージメントなどをみえる化することで解決する、世界唯一のサービスを提供しています。

国際特許を100件以上出願済で、NTTDATAとインド工科大学出身者によるチームは世界トップレベルの技術力を誇る。グローバルコンペティションでの受賞歴も多数あります。

株式会社KINTO

(コーポレートサイトより)

世界のどこにいても移動の楽しさを伝えるべく、共通IDで様々なサービスを受けられる事業を展開しています。 例えば、車で移動する際に利用できる地図アプリ、移動先での買い物や飲食に利用できる決済アプリです。

車を一人で所有するには負担が大きい場合のカーシェア、それでも自分の車が欲しい場合に車がサブスクで使えたらいいですよね。 これらを実現することで、人々の移動を促し地方活性化にもつながると考えます。

株式会社TORIHADA

 

(コーポレートサイトより)

TORIHADAは、「意思ある個人を応援し、新しい経済を作る」をミッションに、 クリエイターエコノミー事業全般を行っている企業です。

特に急成長しているショートムービー領域(TikTok、YouTube Shorts、Instagram Reels)においては業界最大手の実績と強みを持っております。特にTikTokにおいて強いポジショニングを持っており、TikTokといえばTORIHADAという風評を得ることができております。

①ショートムービーマーケティング支援
②TikToker MCN 事業「PPP STUDIO」
③クリエイタービジネスプラットフォーム事業「Fanme」

これらの事業を提供し、Web3.0へのシフトとともにより重要になっている個のエンパワーメントを推進しています。

 

MI-6株式会社

(コーポレートサイトより)

MI-6は国内最大の産業である素材産業(総売上高100兆円)において、価値を生み出す「研究開発」に対して機械学習を活用したSaaSや解析・コンサルティング・ロボティクスを開発・提供しています。

マテリアルズ・インフォマティクス(MI)と呼ばれる昨今業界内で注目を浴びるアプローチについて、当社は国内唯一のMI専業スタートアップとして成長を続けています。

データサイエンティスト・プロダクト開発・セールス&カスタマーサクセスとバリューチェーン全ての機能を自社内で持ち、豊富なケースによるノウハウ蓄積と人材育成にも力を入れることで業界における唯一無二のケイパビリティを有しています。

アクシス株式会社

(コーポレートサイトより)

アクシスは、HR業界の中でワークテックカンパニーを掲げ、toB企業ではなくtoC個人を向いたサービスを複数展開している企業です。

そのために自社でWEBマーケティング、エンジニアリングを内製して、自社開発・運営でプロダクト・サービスを提供できているのがユニークな点と言えます。

株式会社M&Aクラウド

(コーポレートサイトより)

「テクノロジーの力でM&Aに流通革命を」をミッションに、オンラインM&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」を運営する企業です。

従来の仲介モデルから発想を転換し、業界初となる買い手掲載型M&Aプラットフォームのビジネスモデルを構築しました。 買い手企業は「求人ポータルサイト」のようにWeb上へ買収窓口を設置し、M&A方針・実績を発信することで売り手企業を集め、売り手企業は「売却手数料無料」で、買い手企業の情報閲覧および直接売却打診のコンタクトが可能です。

直近では、売り手の登録社数約6,300社、買い手の掲載社数が約450社、月間300件マッチングを達成して急速な成長を遂げています。 投資銀行、VC、監査法人、大手インターネット企業、元起業家など多様なバックグラウンドを持つチームが1 Team(ワンチーム)にプラットフォームを構築運用しているのが特徴です。

株式会社ビーワンカレッジ

(コーポレートサイトより)

ビーワンカレッジが提供する「Scale cloud」は、10xな事業成長を手に入れたいリーダーのために、Scale Cloudは、組織全体で科学的PDCAを高速でまわせる事業共創プラットフォームです。

BIツールに比べて、ロジックツリーのフレームワークに沿ってKPI同士の因果関係がわかりやすいので課題解決しやすく、予算管理ツールに比べて、精緻にKPI設計ができてPDCAが早く正確に回せ、スプレッドシートに比べて、メンテナンス性が高く属人化も抑えられるので組織全員で安全に操作できます。

ビジネスサイドもコーポレートサイドも共有して使えるシンプルなUIなので、いまどのチームのどのKPIに課題があって、それをどのようにリカバリーするのかについて組織全体で共通認識を持ちやすく、組織が一丸となって目標達成に向かえます。

株式会社TBM

(コーポレートサイトより)

石灰石からプラスチックや紙の代替となる新素材LIMEX(ライメックス)を開発、 再生材料CirculeX(サーキュレクス)、資源循環ビジネスを展開しています。日経NEXTユニコーン調査2021で4位に選ばれるなど注目されている企業です(推計企業価値1336億円)。

枯渇リスクが低い石灰石を使用し、石油由来のプラスチックに対して価格競争力を有し、既存のプラスチックを製造する設備、サプライチェーンにおいて、ファブレスでの素材の生産、成形加工、リサイクルを可能にしました。

脱炭素ビジネス、ESG他、サーキュラーエコノミーが求められる環境要因を踏まえて、素材及び製品のライフサイクル全体でCO2排出を抑制しています。素材ビジネスに止まらずグローバルで 「サステナビリティ革命」の実現を目指しているのが特徴です。

LIMEXを使用した製品はCOPやG20で紹介される他、羽田空港、ヨドバシ カメラの袋や吉野家のメニュー表など、 6,000社以上の企業・団体で採用。自治体や企業と連携して、LIMEXのマテリアルリサイ クル、資源循環の事例も多数存在しています。

株式会社LINK

(コーポレートサイトより)

介護保険外に特化したオンライン介護士マッチングサービス「イチロウ」を運営しています。

イチロウは、介護保険だけでは在宅介護が成立しない人に対し、保険外の柔軟なサービスを最短2時間で派遣するスピード感で提供しています。さらに、独自のマッチングアルゴリズムで、介護スキルや性格などを考慮し、ミスマッチの起こらないマッチングを実現しています。

競合に対して上記の特徴で優位性を築いているだけでなく、介護士のスキルや性格の定量化する仕組みを持ち、介護業界で最も重要な介護士一人一人の詳細なデータベースを構築しています。

HRクラウド株式会社

(コーポレートサイトより)

HRクラウドは「採用一括かんりくん」という中堅中小企業向けのSaaS型採用管理システムを展開しています。

採用管理システムとして従来一般的であったマイページをなくし、LINEと連携することで求職者とタイムリーにやり取りをすることが可能です。 人事の作業を自動化する機能もついており、導入することによって人事工数70%の削減を実現しています。

また、歩留まり向上AI機能で候補者の志望度を上げたり、過去に応募した候補者を永続的にプールしていくことによって将来の採用候補にできたりと人事の方の採用工数を削減するだけでなく「採用に繋がる」採用管理システムとして設計をしています。

株式会社ドゥーファ

(コーポレートサイトより)

ドゥーファは複業転職マッチングプラットフォームkasookuを展開しています。

営業に特化で2019年5月にリリースしたkasookuですが、営業以外の職種も扱う総合職種に転換しました。また副業のみならず複業へと拡大し、現状10000件以上ものマッチングを創出、副業からの起業への後押しも後押ししています。

キャリアにおいて、既存の転職手法だと面接のみの見極めになっており、双方ミスマッチが多かったところを複業経由での転職という形をとってミスのない転職支援を実現しています。

強みとしてはCA対応も可能という点で、人気企業様へはスクリーニングしてご紹介可能であることです。ユーザー数も約2万名です。経営体制が大きく変革し、2022年第二創業が始まろうとしています。

最後に

以上、高野秀敏と有識者の皆さんで選定した未来を創るスタートアップ100を紹介しました。

選定したうえで掲載させていただいておりますので、必ず掲載されるわけではないのですが、我こそは!というスタートアップ企業の方がいらっしゃいましたら、こちらのフォームからご連絡くださいませ。

 

成長企業への転職や採用、経営の相談にも乗っております。ぜひお気軽にご連絡くださいませ。

キープレイヤーズでは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートを実施しています。

高野 秀敏

1999年に東北大学を卒業し、株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3500名以上の経営者の相談と、10000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。転職・採用、投資のご相談は Messenger、もしくはLINEからご連絡くださいませ。
一覧に戻る