先日、キャリアスクールでセミナーを開催した折、参加者の中から、「面接が苦手なので、絶対に受かる方法を教えてほしい」という質問を受けました。

また、こちらの動画を拝見して、めちゃくちゃ面白いなとw

Nino on Twitter

絶対に落ちるエンジニア面接 https://t.co/nvWRQPcLWl

確かにこのようなスタンスだと受からないですよねw

絶対に受かる方法!?そんな秘策があれば、私もぜひみなさんにこっそり、お教えしたいものですが……私なりに、かぎりなく絶対に近い必勝法をご紹介したいと思います。

①MUST……企業から求められるスキルと人物像

②WILL……自分の希望

③CAN……自分のできること、やってきたこと

三つの輪を紙に書いたときに、その交わった部分に採用のチャンス……つまり合格必勝法があると考えてください。

みなさんはこれまで、②と③を重視した自己PRを行っていませんでしたか?ここに、面接を苦手とする人の落とし穴があります。企業が求めているスキルと人物像を意識しないで面接にのぞんだことで、独りよがりな質疑応答、PRを行ってしまい、結果、採用に結びつかなかったケースを、私はたくさん見てきました。

まずは企業が求めているスキルと人物像をとことん調べ、推測することが前提です。

自分が受けたい企業の案件票を見て、必要要件の確認をし、今回の募集でどういった人材を求めているのか、できるかぎり想像してみることです。みずから電話で問い合わせる場合には、できるだけ具体的なイメージがつかめるよう、失礼のないようにリサーチしてみてください。

もちろん、人材紹介会社を通すのであれば、キャリアコンサルタントに客観的なアドバイスを仰ぐべきです。そのリサーチ結果を最優先事項においたうえで、②と③をアピールしなければなりません。

実際の質疑応答のときには、面接官がこの質問で何を聞き出そうとしているのか……その真意を考えながら、慎重に受け答えを進めていただきたいと思います。相手が何を求めているのか……会話のキャッチボールでいちばん大切な、ビッチャーとキャッチャーの関係性を、再認識することからはじめてください。自己PRをする気持ちが先走るあまりに、相手の真意をしっかリキャッチしないで、会話を進めてはいませんか?何を求められているのかきちんと咀嚼しないで、球を投げ返していては、独りよがりな印象を与えるだけです。

「独りよがりにならない」これが、基本中の基本。面接における必勝法につながることを、再認識することからはじめてください。

高野 秀敏

キープレイヤーズ 代表取締役

99年に株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3000名以上の経営者の相談と、10000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。

人気のブログ記事