VideoTouch転職のための採用・求人情報、代表の上坂優太さんについてまとめました

求人紹介

こんにちは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートをしているキープレイヤーズの高野です。

今回のスタートアップまとめは、VideoTouchさんです。

「動画の地平を開き、世の中をポジティブに。」をミッションに掲げる、VideoTouch。
顧客育成プラットフォーム『VideoTouch』をメインに展開し、知名度を上げている企業です。事業を通じて生産性・創造性の向上に貢献し、人と社会の可能性を広げることを目指しています。

2022年8月にはフェムトパートナーズ株式会社・株式会社プレイドの2社を引受先とする、7億円の資金調達を実施。調達した資金は更なるプロダクト強化、ビジネス体制の強化に充てられる予定です。

この記事では、VideoTouchの求人にご関心をお持ちの方に、会社の特徴や転職する際の留意点などをご紹介します。

VideoTouch転職の要点


(コーポレートサイトより)

VideoTouchの特徴

・「動画の地平を開き、世の中をポジティブに。」をミッションに掲げる
・顧客育成プラットフォーム『VideoTouch』をメインに提供
・事業を通じてVideoTechの領域をさらに切り拓くことを目指している
・「テレワーク東京ルール」実践企業に登録済
・2022年8月に7億円の資金調達を実施、あわせてViibarより社名変更を行った

VideoTouchの会社概要

社名 VideoTouch株式会社
所在地 〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町18-4 二宮ビル 1F 118号室
設立 2013年4月24日
資本金 50,000,000円
代表者 代表取締役 上坂優太
事業内容 顧客育成プラットフォーム『VideoTouch』の開発・運営

(コーポレートサイトより)

VideoTouchの商品・サービス


(コーポレートサイトより)

VideoTouch

顧客対応業務において、次のようなお悩みを持つ企業は多いのではないでしょうか?

「事業拡大に比例して、人員コストがかかってしまう」
「文字・画像のマニュアルでは、お客さまの問題を解決できない」
「スタッフの入れ替わりが激しく、教育・研修が大きな負担となっている」

それらを解決に導くサービスが、顧客育成プラットフォーム『VideoTouch』です。

『VideoTouch』を活用すれば、自社のマニュアルやFAQをスムーズに動画化できます。また顧客が抱える課題の自己解決を促せるため、顧客体験も向上・サポート業務の効率化が実現するでしょう。

主な特徴として、次のようなものが挙げられます。

・2クリックで動画収録OK、リンクで顧客にすぐ共有できる
・動画FAQを構築し、24時間いつでも顧客対応を行える
・視聴データを細かく分析できる

また、主な用途は以下の通りです。

・顧客からの問い合わせ対応
・顧客の自己解決を24時間体制で支援
・営業活動、スタッフ研修 など

さらに動画収録/共有・FAQ・動画編集・視聴分析など、利便性の高い機能を搭載。今後も随時新しい機能を開発・リリースしていく予定となっています。

これまでにYahoo!JAPAN・freee・DeNAをはじめ、多くの企業が当サービスを導入。また実際に利用している担当者からは、「1動画あたりの提供工数がいままでの半分程度になった」「簡単に動画作成できる機能は特に重宝している」と喜びの声も寄せられています。

VideoTouchの代表の上坂優太さんの経歴


(コーポレートサイトより)

上坂さんは、1984年生まれです。映画監督を志していたことから、大学時代には映画製作に没頭されていたそうです。大学卒業後には、映像制作会社に入社。AD・ディレクターとして、3年間TV番組やCM等制作を手がけていました。

その後は楽天に転職され、営業・マーケティングに従事。また勤務と並行し、夜間MBAである早稲田大学ビジネススクールに1年間通学されています。そして当スクールで知り合った友人と起業部を創設され、その後休学を決意。最終的に2013年4月に前身となるViibarを設立され、現在に至ります。

VideoTouchの採用・求人情報

VideoTouchの職種・求人

・ソフトウェアエンジニア
・カスタマーサクセス
・セールス
・マーケティング責任者候補

VideoTouchの働く環境

VideoTouchの平均年収・平均年齢

VideoTouchは非上場企業のため、平均年収・平均年齢の情報は公開されていませんでした。

採用のために発信している情報によると、

・ソフトウェアエンジニア 年収700万~900万円
・カスタマーサクセス 年収500万~800万円

となっており、職種によって給与は変動するようです。

VideoTouchの労働環境

勤務形態は固定労働制で、就業時間は10:00~19:00となっています。フルリモートワーク制度を導入しており、場所を問わず働ける点も魅力でしょう。

また休日・休暇、待遇・福利厚生に関する情報については、下記をご覧ください。

休日・休暇

・完全週休2日制
・祝日、年末年始
・夏季休暇(7月~9月の間で自由に3日間)
・有給休暇(入社時に5日間付与)
・大切な人に感謝を伝える日 Thanks休暇
・子供の入園等イベントに参加する日 Kid’s day 休暇
・慶弔時の支援(結婚・出産お祝い金/休暇、弔慰金/休暇

待遇・福利厚生

・フルリモートワークのため通信手当5,000円/月
・チームコミュニケーション活性化のため、親睦費を5,000円/月をサポート

VideoTouchに関する口コミまとめ

やりがいと成長

意欲があればさまざまな仕事を任せてもらえる風潮が根付いています。動画広告・メディア業界でスキルを高めたい方にはぴったりでしょう。特に「自由に働ける環境を望む人」「自身のやりたいことが明確になっている人」に適しているそうです。

人間関係

若い人材が多く、風通しが良い環境とのことです。
上下関係・年功序列に囚われないフラットな関係性が築かれており、意見交換などもしやすいでしょう。

働く環境・待遇

ワークライフバランスが取りやすく、部署によりますが定時退社する社員も比較的多いようです。女性社員も多く在籍しており、産休等の取得実績もあります。

VideoTouch転職を考えるにあたって最後に

VideoTouchへの転職を検討中の方へ、求人情報や転職する上での留意点などをご紹介しました。

コロナ禍によるライフスタイル・ワークスタイルの変化により、情報をインプットする手段として“動画”が活用される場面が増えました。そういったニーズに着目し、生み出された『VideoTouch』。今後も“カスタマーサポート・顧客対応を手厚く支えるツール”として、さまざまな企業で活躍の場を広げていくでしょう。

動画広告や動画メディアに関するスキルをより高めたい方・顧客対応業務の在り方を大きく変えたい方は、VideoTouchへの転職をぜひご検討ください。

成長産業への転職を支援した実績は多数ありますので、転職をお考えの方はぜひお気軽にご相談ください。

キープレイヤーズでは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートを実施しています。

執筆者:高野 秀敏

東北大→インテリジェンス出身、キープレイヤーズ代表。11,000人以上のキャリア面談、4,000人以上の経営者と採用相談にのる。55社以上の投資、5社上場経験あり、2社役員で上場、クラウドワークス、メドレー。149社上場支援実績あり。55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。
一覧に戻る