面接やカジュアル面談に行くことが大事

あなたは今、転職したいと考えていますか。
「しばらく前から検討していて3カ月後、あるいは半年後に会社を移ってもいい」と、具体的に考えているのであれば、すぐに転職サイトにエントリーしたり、エージェントを訪ねるなどの行動に、うつしてみてください。思い立ったら吉日。転職活動を始めましょう。

逆に漠然と「いつか転職したい、-年後に転職できたら」という程度であれば、まだ機が熟しているとは言えません。今の職場で頑張ってください。


もし、転職を本気で考えているのなら、活動期聞は3カ月から最長で半年。それぐらいのスタンスで動く必要があります。
なぜなら、企業からの募集案件は、そんなに悠長なものではないからです。欠員募集であれば、来月からでも来てもらいたいと言われますし、増員の案件であっても、少しでも早くスタッフを確保して、体制を整えたいという場合が大半です。優秀な人をじっくり時間をかけて採用したいというケースは、事業本部長をスカウトしてくる場合など、ごく一部のヘッドハンテイングだけでしょう。

新卒採用と違い、中途採用の場合、募集人員は1名のみです。複数名採用することはまずありませんから、企業側もよい人がいれば、すぐ決めてしまいたいのが本音です。
そもそも、それぐらいのスピード感で動ける人でないと、いい案件をご紹介したとしても、面接の予定も決まらず、結局、チャンスを逃すことになってしまいます。通常、案件をご紹介してから、採用決定までの流れは次のようになります。

採用決定までのプロセス

●案件のご紹介
  ↓ スケジュール調整のうえ、1~2週間後に実施
●第l回面接
  ↓ 2日程度で結果通知。次回は1~2週間後に実施
●第2回面接
  ↓  2日程度で結果通知

●採用決定
  ↓ 翌月初め、または中旬、翌々月初めの入社で調整

●初出勤

転職の活動期間は正昧3カ月と思ってください。ほとんどの方は、現職中に活動するわけですから、繁忙期は避けて、余裕を持って臨める時期にスタートするのがいいでしょう。精神的にも落ち着いている時のほうが冷静に判断できます。

思い立ったら行動に移すほうがいいのは、自分の市場価値を一度、見つめ直すのに、いい機会だからです。
特に加代であれば、募集案件はたくさんありますから、どういうニーズがあり、自分ならどんな案件が紹介してもらえるのか、知っておくのは悪くありません。

ピンと来る案件がなければ見送ればいいわけですし、逆に希望する案件にはどんな実績やスキルが要求されているのか、確認するきっかけになります。人材エージェントへの登録は、応募者側には一切、費用はかかりません。キャリアコンサルタントに相談して、アドバイスを受けるだけでも勉強になるでしょう。

短い期間で何度も転職するのは「ジョブホッパー」と呼ばれ、企業側からあまり歓迎されません。業界によっても違いますが、20代で3社、30代で5社程度が妥当でしょうか。つまり、1社につき、3~5年は勤めることになりますね。それぞれの会社で伺をし、次にどういう仕事にチャレンジするのか。焦らず長期的に考え、動くべき時に動くというスタンスでいる人が結局、いい転職に結びつきます。

また、次の会社に骨を埋める覚悟でと、じっくり構えすぎるのもよくありません。年齢が上がれば案件自体が少なくなり、初代で初めて転職した場合、新しい環境になじみにくい傾向があります。個人差はあるとはいえ、若いほうが柔軟に対応しやすいでしょう。無理に転職する必要はありませんが、後悔しないよう、フットワークよく行動してください。

 

人気のブログ記事