面接の成否は準備が8割

面接の成否は、事前準備がどれだけできるかにかかっています。ほぼ8割が準備だと思っていいでしょう。

ところが、面接の連絡が来て、そのまま臨んでしまう人がけっこう多いのです。すでに触れた志望動機をはじめ、面接で聞かれることは、ほほ決まっています。たとえば、次のような項目は、手を替え、品を替え、ほとんどの企業で質問されるといってもいいでしょう。事実関係や理由も含めて、詳しくスムーズに答えられるよう、準備しておくことが必要です。

一般的な面接の流れ

●自己紹介

●自分の強みと弱み

●職歴(転職歴)

●転職時期と希望年収

●会社選びの方針


もちろん、就職活動が初めてという方はまずいませんから、面接に対して準備が必要なのはみなさん、わかっています。
ただ、多くの人が頭の中でなんとなく考えて「うまくいくだろう」と安心しているようです。その結果、面接で質問されて初めて話す時に、まとまらずに撃沈してしまいます。
やはり頭で考えていただけではダメで、一度、書き出してみたほうがいいでしょう。

このようにアドバイスをすると、長くてまどろっこしい文章をつくってしまう方が少なくありません。
面接はスピーチではなく、面接官とのやりとりですから、まとまった文章にする必要はありません。むしろ、質問に応じて臨機応変に答えられるよう、絶対はずしたくないポイントをおさえておくことが重要です。

そのためにはやはり、想定問答をつくって自分なりに練習しておかないとなかなかうまくいきません。こういうやりとりも一種の慣れですので、言いよどまないように準備しておきましょう。

一般の面接の場合、フィードバックされることはありませんが、面接の出来不出来をクライアントから聞き、フィードバックするのも、人材エージェントの仕事です。

実際、よかった点や悪かった点を教えてくれる会社はけっこうあります。そのほうがありがたいですし、応募者にフィードバックすれば、今回が不採用でも次につなげることができますし、印象がよければ自信を持って次のステップに進めるでしょう。

面接のポイントとは何か!?

基本はやはり「自分がその企業にどういう点で貢献できるのか」。これをおさえておくことです。簡単に言えば、売上を上げるか、コストを下げるかのどちらかになるでしょう。たとえば、経理の方は売上に直結する貢献こそできませんが、今までの経験を活かして、こういう部分のコストをカットできますとか、効率的なシステムを導入して、より会社がスムーズに回るようにしますなどを、自分なりに考えてしっかり話せばいのです。

しかし、そのポイントがズレていることもあります。応募側が「こういう貢献ができます」とアピールしても、相手からは「当社が求めているのは、そこじゃなくて、〇〇というジャンルで貢献できる人なんです」と。そう言われてもひるんではいけません。「そこも、もちろんできます」と言い返してアピールすべきです。

日本人は議論することに慣れていませんので、一問一答みたいな応対になりがちですが、黙り込んで考え込んだりせず、もうl回、投げ返す。先方とラリーを続けるつもりでいたほうが積極性がアピールできます。

面接でしてはいけないこと

一番避けたいのは、自分目線の返答をしてしまうことです。よくあるのが、「将来起業したいので」とか、「最初は営業でいいんですけど、ゆくゆくはマーケティングをやりたいですね」などと答えるパターンです。やる気をアピールしているつもりかもしれませんが、今、エントリーしているポジションを低く見ているのと同じで好印象にはつながりません。企業はあなたのキャリアアップの踏み台でも、起業家の養成塾でもないことを忘れないでください

 

人気のブログ記事