転職がゴールではない

首尾よく転職できても、そこがゴールではありません。むしろ、転職した後が本番です。新しい会社に少しでも早く溶け込み、良い人材が来たと周囲に思ってもらえるように、頑張ってください。

 

働き始めてからあなたの本当の評価がスタートするのです。このポイントを忘れてはいけません。

転職したら、心がけるべき3つのこと

・最初の仕事で成果を出す

・人より早く出社して意欲的な姿勢を見せる

・目線を下げずに取り組む


中途採用の場合は、会社側も即戦力を期待しています。最初の仕事から気を抜かずに取り組むことが大切です。


まず、最初の仕事の出来不出来で、あなたに対する印象が大きく左右されます。それを意識してください。採用した側は使える人かどうかを見ていますし、残念な結果しか出せない場合、「なぜこんな人を採用したのか」という目で見られてしまいます。


少なくとも現状維持、できれば期待を上回る結果を出すように心がけてください。

 

また、前向きな姿勢をアピールすることも好印象につながります。人より早く出社して、しっかり働くことです。遅刻するのは論外ですが、転職先で悠長にかまえていてはいけません。スピード感も大事ですから、最初からダッシュするつもりでがんばってください。

 

特に営業職の場合は、なるべく早く目に見える数字で結果を出す必要があります。総務や人事、経理など、管理部門の職種は、数字こそ目に見えないものの、採用した理由を納得してもらえるよう、まずは目の前の仕事に集中し、業務をlつずつ確実にこなしてください。

 

ただ、入社直後は、前任者の引き継ぎやルーティンワークなどが多いかもしれません。やるべきタスクは、雑務的な仕事も多いでしょう。嫌がらずに処理するのはもちろんですが、それに対応するだけではキャリアアップにつながりません。

 

中途採用の場合、新卒採用と違って教える必要がなく、自分で考えてどんどんやっていける人が前提となっています。会社からの指示を待っていたり、いちいち上司の判断を仰がないと進めないようでは、「使えない人材」と見られてしまうでしょう。


目先の仕事をこなしつつ、評価につながる仕事を自分でつくっていくつもりで取り組んでください。

 

転職後に成功する人と後悔する人にはこんな違いがある

営業職のDさんは、即戦力として期待されているのを強く感じていました。
指示された目標をクリアするだけでは不十分だと感じたDさんは、同僚より常に早く出社し、前職の取引先へもあいさつを兼ねて、毎日メールを送り続けました。翌週に出かける訪問エリアにあるクライアントをピックアップし、アポイントをとるようにしたのです。


ルート営業が中心で、新規開拓はそれほど必要ありませんでしたが、できることから着手しようと思ったのです。訪問先が近ければ、あいさつ代わりに立ち寄ってもそれほど時聞のロスもありません。

 

メール作戦を開始して3週間後、新規の契約がとれました。受注金額も思いのほか大きく、「Dくん、さすがだね」と上司は大喜び。さっそく社長に報告され、同僚からも一目置かれるようになりました。転職後、幸先のいいスタートが切れ、自信を深めています。


同じく営業職のEさんは、ワークフローの違いに不満を感じていました。

前の会社では、チーム内にアシスタントがいて、事務処理はすべてまかせればよかったのです。しかし、今は資料のコピー1つとるにも、すべて自分でやらなくてはなりません。


「これでは営業の時聞がとれず、効率が悪い」と上司に訴えましたが、とりあってもらえません。愚痴ばかり多くて結果が出せない人とレッテルを貼られてしまいました。


Eさんには、評価につながる仕事をつくるという視点がありません。多くの人が陥りがちですので、注意しましょう。

 

高野 秀敏

キープレイヤーズ 代表取締役

99年に株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3000名以上の経営者の相談と、10000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、30社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。

 

 

人気のブログ記事