採用ノウハウ

優秀な人材の離職を防ぎ、採用を強化する年収査定

「うちの会社の評価がよくわからない」
「何をしたら給与が上がるのかわからない」
「なんで中途入社のAさんの給与が高いのだろう(飲み会で聞いた) 」

そんな社員の方の声が耳に入っていませんか?
忠誠心の高いと思っていたハイパフォーマーも突然退職してしまうことがあります。

キープレイヤーズ では離職を防ぐために、人に例えれば治療ではなく予防医療をしたいと思っています。
法人向けに年収査定サービスの提供をしております。

法人向けの年収査定がなぜ必要?

会社員の約47%が人事評価制度に不満を感じている


(参照:https://www.recruit-ms.co.jp/upd/reading/1705261424_7640.gif)

リクルートマネジメントソリューションズが2016年2月に実施した調査では、約47%の会社員が評価について不満を感じているという結果が出ています。

多くの経営者の方が「優れた人を採用したい」とおっしゃいます。近年は、求人媒体、エージェント、リファラル、ダイレクトリクルーティングと様々な手法で採用をしています。

一方でエージェント側から見ますと、中途採用のオファーの出し方やオファー年収、既存社員の方の年収が適正でなく、貢献度に対して年収が高い人や安い人がいることが不満になっていることが多々あります。

社員間のコミュニケーションや口コミサイトによって、年収が明らかでないことの方が少ないようです。そうした時に、他社のミートアップやリファラル採用の勧誘で不満が顕在化されて、転職してしまうこともあります。

人事評価制度の曖昧さ・納得感のなさが離職の原因に

実際に、人事評価制度に不満足と答えた理由は下記の通りとなっています。

(参照:https://www.recruit-ms.co.jp/upd/reading/1705261424_2252.gif

 

何を頑張ったら評価されるのかがあいまいだから:54.4%
評価基準があいまいだから:47.6%
評価の手続きに公正さを感じないから:38.3%
努力しても報われないから:31.5%

このように人事評価制度の曖昧さから、「努力が適切に評価に反映されていない」「頑張っても報われない」と感じている社員の方が不満を持ちやすいことが分かります。

 

年収600万円の社員が離職すると、450万円強のコストがかかる

不満が募り社員が離職してしまう際には、想像以上に多くの費用が掛かっています。
例えば、年収600万円の社員が1名辞めると、退職する社員に関わるコスト、新しい社員の採用に関わるコスト、現場への定着に関わるコストで、合計450万円強の費用が掛かります。

 

さらにレベルの高い優秀な社員が離職するとさらに大きなコストが発生することになります。

退職の中には、「ちょっとした待遇の改善で防げたし、防ぐべき人材だったのでは」と感じるものもあります。そうしたコストを事前に防ぐことができればと考えたのが、キープレイヤーズ の『年収査定』です。

キープレイヤーズの法人向け『年収査定』

キープレイヤーズでは、数万人を超える自社データ、大手媒体、口コミサイトなどから分析し、データに基づいた市場評価と適正な年収レンジを提示する、法人向け年収査定サービスを提供します。

働く人に適正な給与を支払い、離職・過払いなど、本来削減できるコストを削減できるようにすることが年収査定の狙いです。

評価に活かしやすい形で年収査定結果を納品

『年収査定』では、ご用意いただいた職務経歴書を元に適正年収を算出の上、市場評価・パフォーマンス向上の提案をします。
年収査定後は、個々人の評価シート、評価一覧シートをExcelファイルもしくはGoogleスプレッドシートにて提供します。編集可能なファイルで納品させていただくため、社員フィードバックや評価会議にそのままお使いいただけることが特徴です

 

お申込みいただきましたら、年収査定をお申込みいただいた背景をお伺いし、必要に応じて、実施企業様オリジナルのアンケート項目を検討します。

その後、弊社にてアンケートを作成・共有いたします。基本的には職務経歴書に記載のある項目のため、ご回答いただく社員の方に大きなご負担はおかけいたしません。現職に入社されてからの情報を追記する必要があるため、その分の記入時間が必要となる想定です。

貴社にて回収次第、共有していただき、年収査定を実施します。
実施後は、査定結果を共有するだけでなく、査定結果に関するご相談を承りますので、ご安心くださいませ。

 

過去ご利用企業様の声

過去にご利用いただいた企業様からは、以下のようなコメントをいただいております。

 

no-img2
人材系企業
社長

業界平均より高い給与を出していたつもりが、優秀な社員が離職してしまうことが続いていた。

俯瞰的に見れる第三者に年収を査定してもらい、他業界で当該職種の平均給与がより高いことが分かり、次の離職リスクを防ぐことができた。

no-img2
IT系企業
人事責任者

入社オファーを出すタイミングで高めの給与を提示すべきかの判断に役立った。

勤務中の社員については、ハイパフォーマーほど給与に関する交渉をしてこないことが多いため、
今後は会社から正しい提案ができるよう適正な給与を把握しておこうと思う。

 

年収査定の料金プラン

年収査定サービスの料金プランは下記の通りとなっております。

プレミアムプラン:基本料金¥500,000 + 査定1名当たり¥30,000 
ベーシックプラン:査定1名当たり¥50,000
トライアル:査定1名当たり¥30,000 ※キックオフMTGなし、5名まで
 

先着5社限定でプレミアムプランの基本料金を1年間、半額の250,000円とするキャンペーンを実施しております(2019年8月2日現在)。

ご興味をお持ちいただけましたら、Contactからご連絡くださいませ。個人向けにも年収査定やっておりますので、ご希望の方もContactよりご連絡ください。

 

一覧に戻る