求人紹介

aba転職のための企業・求人情報、代表の宇井吉美さんについてまとめました

こんにちは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートをしているキープレイヤーズの高野です。

今回のスタートアップまとめは、abaさんです。

課題先進国と言われる日本。最大の課題である少子高齢化は深刻を極めており、2020年には65歳以上の高齢者が総人口の28.7%を突破し、過去最高を更新しました。

特に2020年は往年の人手不足とコロナ禍という2つの要因で介護現場の負担が大幅に増加し、介護スタッフの労働環境改善が叫ばれる中で急速に注目を集める企業があります。

それが、株式会社aba。同社が手がける「Helppad」という世界初の排泄ケアシステムが、介護において負担が重たい排泄介助の負担を軽減することが人気を集め、各地の介護施設や福祉施設で導入が進んでいます。

さらに、介護福祉業界のリーティングカンパニーである株式会社ヤマシタとパートナーシップを締結し、出資を受けるなど同業他社からも技術力ときめ細かいサービスで一目置かれる存在です。

また、2019年にはリアルテックファンド、Mistletoe、個人投資家への第三者割当増資、及びNEDO助成・委託事業により、総額約3.3億円の資金調達を実施しています。

今回は日本の介護現場の課題にAIとIoTで立ち向かうabaがどんな企業なのか、調べてみました。この記事では、abaの求人に関心をお持ちの方に、会社の特徴や転職する際の留意点などをまとめています。

aba転職の要点

コーポレートサイトより

abaの特徴

・世界初の排泄ケアシステム「Helppad」を開発・販売
・業界大手のパラマウントベッドと共同開発
・2015年に国際エンジニアリングアワードJAMES DYSON AWARD国際Top20を受賞
・第46回 国際福祉機器展 H.C.R.2019に出展し、アイデアと技術が世界から注目を集める
・リアルテックファンドなどから総額3.3億円を調達済み

abaの会社概要

社名 株式会社aba
所在地 〒274-0824 千葉県船橋市前原東3-30-5
設立 2011年10月7日
資本金 7,752万9,070円(2021年2月時点)
株式公開市場 未上場
従業員数 10名(2021年2月時点)
代表者 代表取締役 CEO 宇井吉美
役員

取締役 CTO 谷本和城

執行役員 加治屋美保子

執行役員 山本泰基

事業内容 医療・介護・福祉分野を対象としたロボティクス技術の研究開発及びサービス提供

コーポレートサイトより

abaの商品・サービス

サービスサイトより

・Helppad(ヘルプパッド)

センサーがにおいを感知して尿や便の排泄を介護者に通知する、”世界初”の「排泄ケアシステム」です。

シートにセンサーが搭載されており、腰に敷くことでオムツを都度外して中身を確認することなく、排泄物を検知してオムツを交換することができます。

通知はWEBアプリのみですが、スマホアプリも開発中で、多様なデバイスでサービスを展開する予定です。記録された排泄タイミングによって、排泄パターンを解析して排泄予測を提供する機能も備わっており、介護施設や病院で導入が進んでいます。

大手ベッドメーカー・パラマウントベッド株式会社と共同開発しているのも特長の1つです。

abaの代表取締役 CEO 宇井吉美さんの経歴

コーポレートサイトより

宇井さんは1988年生まれで、千葉県旭市のご出身です。起業の原点は中学時代の祖母の介護。その際、認知症を患い排泄の仕方も分からなくなった祖母を介護する負担の大きさを体感したそうです。その負担を減らす答えがロボット開発にあると信じ、2007年に千葉工業大学工学部未来ロボティクス学科にご入学されます。

実習授業で従事した、特別養護老人ホームの排泄介助の様子を目の当たりにし、中学の原体験も合間って排泄を検知できるセンサーの研究をはじめました。「オムツを開けずに中身の状態が知りたい」という介護現場の声を受けて、大学在学中の2011年に株式会社abaを設立され、代表取締役に就任され、現在に至ります。

abaの採用・求人情報

abaでは下記の5職種を募集しています。

・新規事業企画責任者
・営業企画責任者
・CSO(最高戦略責任者)
・COO(最高執行責任者)
・コンサルティング営業

社員数10名の企業のため、役員も募集しており企業の屋台骨を支えるポジションに就くチャンスがあります。全てのポジションにおいて、類似スタートアップ企業での業務経験を応募条件としているため、新卒や第二新卒の応募は厳しいです。

abaの働く環境

平均年収・平均年齢

abaは非上場企業のため、平均年収を公開していません。

採用サイトではコンサルティング営業の目安として年収300〜400万円となっています。責任者となると業界平均より高い年収600〜800万円になるので実力が反映される給与体系となっています。

平均年齢は35歳です。

労働環境

所定勤務時間は9:00〜18:00ですが、コアタイムのないフレックス制度を採用しているので生活に合わせた働き方が可能です。平均残業時間も月10〜20時間となっていて、同業他社と比べて少ないと言えます。

福利厚生も充実していて、通勤手当のほか、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険も整っています。有給休暇も10〜20日貸与され、年間休日日数も120日保証されており、大手企業並みの待遇が整備されています。

 

aba転職を考えるにあたって最後に

abaに転職を検討中の方へ、求人情報や転職する上での留意点をご紹介しました。介護現場は高齢者の増加に伴って人手が逼迫しており、IoTやAIのサポートが求められています。

abaはロボティクス研究に定評のある千葉工業大学発ベンチャーで共同研究も進められているため、介護業界をロボットやAIでエンパワーできる筆頭企業と言えます。ご自分の仕事で社会的意義を感じたい方、日本の課題を解決したい方にはぴったりな企業です。

成長・注目産業への転職支援の実績は数多くありますので、興味を持たれた方はお気軽にご相談ください。企業選びから面接対策、キャリアの全体設計まで、幅広くキャリア相談を承っています。

キープレイヤーズでは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートを実施しています。

高野 秀敏

1999年に東北大学を卒業し、株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3500名以上の経営者の相談と、10000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。転職・採用、投資のご相談は Messenger、もしくはLINEからご連絡くださいませ。
一覧に戻る