転職

エンジニアが転職すると年収アップできる?職種別ランキングも紹介!

こんにちは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートをしているキープレイヤーズの高野です。

近年IT技術が発達していることにより、世の中のエンジニア需要も増えてきています。

この背景からエンジニアが転職をすると年収が上がるのではないか、と考える人も最近は多いです。

この記事ではエンジニアが転職をすると年収アップできるのか?という疑問にお答えした後、それぞれの職種の年収をランキング形式で紹介していきます。

現在エンジニアとして活動中で年収を上げたいと思っている場合には、ぜひ参考にしてみてください。

エンジニアが転職すると年収アップできる?

結論からお伝えすると、エンジニアが転職をすると年収を上げやすいです。

近年はどの業種でもIT技術が必要になってきていますので、企業としても優秀なエンジニアを確保したいと考えています。

ただ実際に優秀なエンジニアを採用できている企業は少ないのが現状で、高い給料を支払ってでも優秀なエンジニアを確保したいと考えている企業が多いです。

このことから、スキルをもった優秀なエンジニアは転職で年収が上がる傾向にあります。

ここで間違ってはいけないことは、あくまでスキルのある人材が転職をすると年収が上がりやすいということです。

スキルや実績のない人材が闇雲に転職をしたところで、年収アップは期待しづらいです。

ただ転職をすれば年収が上がるというわけではありませんので、誤解のないように注意しましょう。

エンジニアの平均年収ランキング【職種別】

ここからは、エンジニアの平均年収を職種別にランキング形式で紹介していきます。

今後転職先を検討する際に、ぜひご活用ください。

 

1位

セキュリティエンジニア

599万円

2位

クラウドエンジニア

596万円

3位

Webエンジニア

579万円

4位

システムエンジニア

568万円

5位

データベースエンジニア

520万円

6位

ネットワークエンジニア

475万円

7位

サーバーエンジニア

465万円

8位

アプリケーションエンジニア

440万円

9位

プログラマー

437万円

※各種求人サイトの平均を独自の方法で算出しています。

上記のランキングを見ると、トレンド感のある「セキュリティ」や「クラウド」といった職種の平均年収が高いことがわかります。

またマネジメント職である「Webエンジニア」や「システムエンジニア」は、安定して平均年収が高い傾向にあります。

年代別エンジニアの平均年収

エンジニアの平均年収の捉え方として、年代別に分ける方法もあります。

ここからは年代別にエンジニアの平均年収を紹介していきますので、自分の年齢と照らし合わせながら確認してみてください。

※主に、厚生労働省『賃金構造基本統計調査 』より算出しています。

20代エンジニアの平均年収

20代エンジニアの平均年収は「360万円」です。

すべての業種を対象にした平均年収は「228万円」ですので、20代のエンジニアは他の業種よりも平均年収が高いことがわかります。

30代エンジニアの平均年収

30代エンジニアの平均年収は「530万円」です。

すべての業種を含んだ平均年収は「290万円」ですので、20代エンジニアと同じように他の業種よりも平均年収が高くなります。

40代エンジニアの平均年収

40代エンジニアの平均年収は「610万円」です。

すべての業種を対象にした平均年収が「338万円」ですので、40代のエンジニアは一般的な40代の人よりも100万円以上多く年収を受け取っていることがわかります。

エンジニアで年収1000万は狙える?

エンジニアとして年収1000万円を狙うことは可能です。

ただしいくつかのポイントを抑える必要があります。

主なポイントは次の2つです。

  • 規模の大きな企業で働く
  • 上流の仕事をこなす

そもそも所属する企業がある程度の利益を上げていなければ、社員に1000万円もの給与を支払うことは現実的にできません。

そのため年収1000万円を狙うには、資金力のある規模の大きな企業で働くことが必須です。

例えば現在所属している企業で年収1000万円をもらっている事例がある場合には、年収1000万円を達成できる可能性があります。

しかし現在所属している企業で誰一人として年収1000万円をもらっている事例がない場合には、企業に年収1000万円もの給与を支払えるだけの資金力がないことになりますので、年収1000万円を実現することは難しくなります。

規模の大きな企業で働くことに加えて、上流の仕事をこなすことも年収1000万円の達成に必要なことです。

先ほど紹介したエンジニアの平均年収でも、上流の仕事である「Webエンジニア」や「システムエンジニア」の平均年収は高かったです。

この事実からも、年収を上げるには上流の仕事をこなすことが重要だとわかります。

資金力のある企業で上流の仕事をこなすことができれば、エンジニアでも年収1000万円は十分に達成可能です。

エンジニアが転職して年収アップさせるコツ

これからエンジニアとして転職しようと考えている方に向けて、年収アップのコツを4つ紹介していきます。

どの項目も年収アップには重要な内容ですので、1つずつ確認してみてください。

実績を作る

転職をして年収を上げたい場合には、企業にアピールできる実績を作りましょう。

企業がもっとも見ているポイントは、その人になにができるのかという点です。そのためスキルを証明できる実績を提示できれば、転職も有利に進められます。

エンジニアの平均年収を見てもわかるように、上流の仕事は企業からのニーズが高いです。

プロジェクト全体の進行・管理をした実績がある場合には、転職のときにも高い評価を得られるでしょう。

これといってアピールできる実績がない場合には、まずは今いる環境で実績を作ることから始めているのがおすすめです。

新しいスキルを身につける

年収を上げたい場合には、新しいスキルを積極的に身につけましょう。

スキルの幅が広い人材は、さまざまな仕事を任せられます。いわゆるフルスタックエンジニアを採用したいという企業は多く、うまく採用できている企業も少ないため、年収アップしやすくなります。

新しいスキルの身につけ方としては、次の軸で考えるのがおすすめです。

  • 相乗効果のあるスキル
  • 上流の仕事につながるスキル

例えばサーバーエンジニアがセキュリティに関する知識も身につけた場合には、ただサーバーを運用するだけでなくセキュリティに強い状態でサーバーを運用できるようになります。

このようにそれぞれのスキルが相乗効果をもたらす場合には市場価値も高まりやすいので、新しく身につけるスキルは現在もっているスキルを軸に考えるのがおすすめです。

また将来的には上流の仕事をできるようにならなければ年収も上がっていきませんので、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルを身につけるのも良いでしょう。

年収の高い職種を選ぶ

転職をして年収を上げたい場合には、年収の高い職種に就職するのがもっとも簡単で効果が高いです。

平均年収の高い職種は人材が不足している状態ですので、ある程度の仕事ができるだけで高い年収をもらうことが可能です。

そのため今働いている職種よりも平均年収の高い職種に転職するだけで、年収アップが期待できます。

先ほど紹介した職種を例に出すと、サーバーエンジニアとして働いている人がクラウドエンジニアに転職した場合には、次のように年収が上がるイメージです。

「サーバーエンジニア(465万円)→クラウドエンジニア(586万円)」

職種による年収の変動幅は大きいので、転職の際にはできるだけ年収の高い職種を選ぶことがポイントになります。

年収の高い企業を選ぶ

年収の高い企業を選ぶことも、転職で年収を上げるポイントの1つです。

同一の職種でも企業によって年収は大きく異なる場合があります。職種以上に年収に大きな影響を与えていることも多いです。年収の高い企業の特徴は、次の2つです。

  • 上流の仕事を請け負う企業
  • 大型の開発を請け負っている企業
  • 自社事業の収益化に成功している企業

規模の大きな企業は多くの資金力を蓄えていますので、社員の年収も高くなりがちです。

またIT業界は上流から下流に仕事を流していくことが一般的ですが、上流に近い位置で仕事を請け負っている企業の方が多くの利益を受け取っています。

上流での仕事が多い企業の方が利益も多くなりますので、その分社員も高い年収を実現できます。

年収の高いIT企業の代表例をいくつかあげてみます。

 

企業名

平均年収

スクウェア・エニックス

1487万円

ソフトバンクグループ

1389万円

野村総合研究所

1235万円

シグマクシス

1152万円

ジャストシステム

1145万円

 

上記の企業はあくまで一例ですが、このような企業で働くことができれば多くの年収を得られるでしょう。

 

最後に

以上、エンジニアが転職する際の年収の変化について紹介しました。

なお、今回の記事は、aliceblog運営のアリスさんに寄稿いただきました。ありがとうございます!

エンジニアの転職を支援した実績は多数ありますので、エンジニアで転職を考えている方やキャリア相談したい方は、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

キープレイヤーズでは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートを実施しています。

高野 秀敏

東北大→インテリジェンス出身、キープレイヤーズ代表。11,000人以上のキャリア面談、4,000人以上の経営者と採用相談にのる。55社以上の投資、5社上場経験あり、2社役員で上場、クラウドワークス、メドレー。149社上場支援実績あり。55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。
一覧に戻る