求人紹介

alma転職のための 採用・求人情報、代表の斎藤孝俊さんについてまとめました

こんにちは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートをしているキープレイヤーズの高野です。

今回のスタートアップまとめは、almaさんです。

almaが掲げるビジョンは、「すべての人にとって、デザインがひらかれたものに」。世界中のデザインプロセスとデザインチームに出会える『Cocoda』、ユーザーインサイト管理ツール『Cocoda Board』の開発・運営を行っています。

2022年3月7日には、1.3億円の第三者割当増資による資金調達を実施。引受先はCVC と事業会社それぞれ1社、関口裕氏(SmartHR コミュニケーションディレクター)、坂田一倫氏(Mentally CPO)、山下あか理氏(フリーランスデザイナー)で、調達した資金は新規プロダクト開発に充てられるそうです。

この記事では、almaの求人にご関心をお持ちの方に、会社の特徴や転職する際の留意点などをご紹介します。

alma転職の要点


(コーポレートサイトより)

almaの特徴

・「すべての人にとって、デザインがひらかれたものに」を掲げ、デザイナーに向けた事業を行なっている
世界中のデザインプロセスとデザインチームに出会えるプラットフォーム「Cocoda」を提供
2022年2月の時点でのユーザー数は約3万4千人を超え、4万2千件のデザインプロセスが投稿されている
・2022年3月に総額1.3億円の資金調達を実施
ユーザのインサイトを導き出すツール「Cocoda Board」を開発中

almaの会社概要

社名 株式会社alma
所在地 〒153-0061 東京都目黒区中目黒2丁目10−5 中目黒NKビル 701
設立 2018年6月11日
資本金 73,199,552円
従業員数 12名(業務委託含む・2020年8月20日現在)
代表者 代表取締役CEO 斎藤孝俊
事業内容

「Cocoda(ココダ)」、「Cocoda Board」の運営

(コーポレートサイトより)

almaの商品・サービス


(コーポレートサイトより)

Cocoda(ココダ)

「Cocoda」は、世界中のデザインプロセスとデザインチームに出会える、デザイナーやPdMなどサービス設計者のためのナレッジプラットフォームです。

サービス設計者はCocodaを利用して、サービス開発の試行錯誤をリアルにまとめた「デザインケース」を作成し発信することができます。「デザインケース」の発信を通して、サービス設計者は届けたい層に絞った効果的な発信ができるようになり、ユーザーはサービス開発やデザインの舞台裏を覗くことができ、様々な知見を獲得することができます。

また、「発信テーマ選定」「ヒアリング」「コンテンツ作成サポート」を受けながら、Cocodaにチームの情報をまとめるオリジナルページを作成することができます。「デザインプロセスの発信の重要性は理解しつつも、忙しくて手をつけられていない」というサービス設計者でも、サポートを通して継続的にチームの情報を発信できるようになっています。

2022年2月の時点で、ユーザー数は約3.4万人を超え、開発中のユーザーインサイト管理ツール『Cocoda Board』においても、リリース前からすでに60社以上から事前利用申し込みがあるほど注目を集めています。

almaの代表の斎藤孝俊さんの経歴


(PR TIMESより)

斎藤さんは神戸大学在学中にさまざまな企業のインターンシップに参加し、新卒向けサービスの立ち上げや、理系研究室の学生のキャリアを広げるサービス立ち上げ、営業統括などを経験されたそうです。卒業後、「デザインをもっと誰もが身に付け活かせるようなオープンなものにしたい」と考え、株式会社almaを設立し、「Cocoda」を開発されています。

デザイン経験の有無に関わらず、Cocodaを使ってデザイナーになる人を増やしたり、キャリアアップする人を増やしたり、「表現して生きる人を増やす」ことをビジョンとして活動されています。

almaの採用・求人情報

almaの職種・求人

プロダクトデザインチーム

・UXエンジニア
・Webエンジニア
・Webエンジニア(エキスパート)
・プロダクトデザイナー

プロダクトリサーチチーム

・プロダクトリサーチャー

コミュニケーションデザインチーム

・セールス & マーケティング
・カスタマーサクセス
・広報
・デザインケースエディター
・グラフィックデザイナー

マーケットリサーチチーム

・マーケットリサーチャー

コーポレートデザインチーム

・HRBP
・経理・労務

almaの働く環境

almaの平均年収・平均年齢

almaは非上場企業のため、平均年収を公開していません。 

コーポレートサイトの求人サイトを確認したところ、以下のように役職によって変動があります。

・Webエンジニア:400万円 ~ 840万円
・経理・労務:360万円 ~ 960万円

事業の成長によって昇給があり、ストックオプション制度もあるそうです。

平均年齢は公開されていませんが、20〜30代のメンバーが多いようです。

almaの労働環境

12:00~17:00をコアタイムとしたフレックスタイム制です。標準労働時間は1日8時間、完全週休二日制です。勤務地は東京本社もしくはリモートワークとなっています。

almaに関する口コミまとめ

気になる口コミですが、almaには好意的な口コミが寄せられている印象を受けました。 

やりがいと成長、人間関係、働く環境・待遇の3つのポイントで情報をお伝えします。 

やりがいと成長 

ほとんど全てのポジションが「1人目」で、未開拓・未整備な領域が多いそうです。デザインやプロダクト開発に関わってきた人にとっては責任感ややりがいを感じながら、これまでの経験や知識を活かして成長できる環境になりそうです。

人間関係 

少数先鋭のメンバーで、デザイン領域でさまざまな実験を行っているそうです。ビジネスサイドも技術職も等しく「愛されるモノづくり」に打ち込んでいるそうです。

働く環境・待遇 

almaでは、エンジニアリングとデザインのチームを分けず、「プロダクトデザイン」を扱うチームとしているそうです。 メンタルモデルからAPIまでをトータルで扱う経験を積むことができるそうです。

alma転職を考えるにあたって最後に

株式会社almaへの転職を検討中の方へ、求人情報や転職する上での留意点などをご紹介しました。

現在、almaでは積極採用を行なっています。新しいプラットフォームサービスの拡大に携わるチャンスです。デザインが好きな方や、「すべての人にとって、デザインがひらかれたものに」というalmaのカルチャーに共感がある方は、almaへの転職をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

キープレイヤーズでは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートを実施しています。

執筆者:高野 秀敏

東北大→インテリジェンス出身、キープレイヤーズ代表。11,000人以上のキャリア面談、4,000人以上の経営者と採用相談にのる。55社以上の投資、5社上場経験あり、2社役員で上場、クラウドワークス、メドレー。149社上場支援実績あり。55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。
一覧に戻る