求人紹介

アンビリアル転職のための採用・求人情報、代表の前原幸美さんについてまとめました

こんにちは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートをしているキープレイヤーズの高野です。

今回のスタートアップまとめは、アンビリアルさんです。

「絆が生まれる世界をつくる」をミッションに掲げ、2012年に創業したアンビリアル。アバター配信とカラオケを掛け合わせたバーチャルカラオケ配信プラットフォーム「topia(トピア)」を通し、バーチャルな世界でユーザー同士が新たなコミュニティを形成する場を提供しています。

2022年4月には三井住友海上キャピタル、ANRI、ニッセイキャピタル、KDDI Open Innovation Fundを引受先とする第三者割当増資および金融機関からの融資によりシリーズBラウンドで約5.5億円の資金調達を実施しました。調達した資金はプロダクト開発やマーケティング投資、採用強化に充てられる予定とのことです。

今回の記事では、アンビリアルの求人にご関心をお持ちの方向けに、会社やサービスの特徴、転職する際の留意点などをお伝えします。

アンビリアル転職の要点


(コーポレートサイトより)

アンビリアルの特徴

絆が生まれる世界をつくるをミッションに掲げている2012年創業のベンチャー企業
・バーチャルカラオケ配信プラットフォーム「topia(トピア)」を提供

三井住友海上キャピタル、ANRI、ニッセイキャピタル、KDDI Open Innovation Fundを引受先とする第三者割当増資および金融機関からの融資により、約5.5億円の資金調達を実施
・累計調達額は約10億円に到達
・調達した資金でプロダクト開発やマーケティングの拡大、採用強化に充ているとしている

アンビリアルの会社概要

社名
株式会社アンビリアル
所在地 〒111-0041 東京都台東区元浅草3-20-1 タカラハイツ2F
設立年月日 2012年5月7日
資本金 918,315,000円 (資本準備金含む)
代表者 代表取締役CEO 前原 幸美
役員 取締役 髙取 泰洋
事業内容 バーチャルカラオケ配信プラットフォーム「トピア」の開発・運営

(コーポレートサイトより)

アンビリアルの商品・サービス


(コーポレートサイトより)

topia(トピア)

自分だけの3Dアバターをスマホの顔認識機能で自在に動かし、会話やカラオケをしながらライブ配信ができるバーチャルカラオケSNSです。投げ銭のシステムもあるので、配信者は収益化を図ることもできます。

元々はシンプルなアバター配信のアプリでしたが、配信を習慣化するためにカラオケ機能を追加したところ、月間課金額がが半年間で300%に伸びたのだとか。ユーザーの半数以上がZ世代で、MAUに占める配信者(ライバー)の割合は他社平均が10~15%なのに対し、トピアは52%に上るのも特徴です。

約15,000曲が歌い放題で、収益化しているユーザーは月間5000人を超えるなど、独自のコミュニティとして成長を続けています。

アンビリアル代表取締役の前原幸美さんの経歴


(コーポレートサイトより)

大学卒業後は株式会社日本総合研究所から分社化した株式会社JSOLにて、業務系のシステムエンジニアとして開発に従事。大企業の輸出管理システムや在庫管理システムを作っていたそうです。

プログラミングの経験を積んだ2年後に退社し、次の会社に転職する前に個人でiPhoneアプリを作ってみたところ、プロモーションをしていないにもかかわらずApp Storeの有料総合ランキング6位に入ったのだとか。その経験から消費者向けのサービスを作りたいと、ソーシャルゲーム開発を手掛けるKLab株式会社に入社。開発チームのリーダーや月額20億円規模のゲームを開発・運営を担当します。

そして起業を決意し、2012年にアンビリアルの前身となる株式会社Dominoを設立。ソーシャルゲーム事業、VR事業と事業内容をピボットし、最終的にアバターライブ配信アプリの開発にたどり着き、2018年10月にトピアをリリースします。

アンビリアルの採用・求人情報

アンビリアルの職種・求人

CTO
COO
PdM
プランナー
企画担当
マーケター
Unityエンジニア(テックリード、EM)
Rubyエンジニア(テックリード、EM)
・3Dデザインマネージャー、3Dアートディレクター、3Dキャラクターアーティスト
・テクニカルアーテイスト
・サウンドエンジニア
・採用アシスタント
・オープンポジション

アンビリアルの平均年収・平均年齢

アンビリアルは非上場企業のため、残念ながら平均年収の公開データはありませんでした。転職サイトには平均年齢31.0歳と記載されています。

アンビリアルの労働環境

12:00~16:00をコアタイムとするフレックス制度が導入されています。リモートワークも導入されており、週4~5日でのリモートワーク勤務が基本です。オンラインでのコミュニケーションを円滑にするため、コミュニケーションツールにはslackやDiscord、タスク管理ツールとしてはAsana・GitHub・ZenHubなど、従業員からの意見を元に様々なツールを利用しています。

福利厚生は下記が整備されています。

・交通費支給
・各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
・時間外手当あり
・服装自由
・定期健康診断(各種オプション補助)
・健康保険・厚生年金加入、雇用保険・労災保険適用

アンビリアル転職を考えるにあたって最後に

アンビリアルへの転職を検討中の方へ、求人情報や転職する上での留意点などをご紹介しました。

コロナ禍ではZ世代を中心にコミュニケーションのオンライン化が進み、さらにオンラインでのクリエイティブ活動も増大しているそうです。トピアが提供する「歌ってつながる」という新たなユーザー体験は、新たなコミュニティ形成の場として今度ますます浸透していくでしょう。

これからも注目を集めるメタバースに興味があるという方、バーチャルカラオケの文化を広めていきたいという方は、ぜひ転職を検討してみてはいかがでしょうか。

成長業界への転職を支援した実績は数多くありますので、ご興味を持った方はお気軽にご相談下さい。企業選びから面接対策、キャリアの全体設計まで、幅広くキャリア相談を承っています。

キープレイヤーズでは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートを実施しています。

高野 秀敏

東北大→インテリジェンス出身、キープレイヤーズ代表。11,000人以上のキャリア面談、4,000人以上の経営者と採用相談にのる。55社以上の投資、5社上場経験あり、2社役員で上場、クラウドワークス、メドレー。149社上場支援実績あり。55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。
一覧に戻る