FastLabel転職のための 採用・求人情報、代表の上田英介さんについてまとめました

求人紹介

こんにちは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートをしているキープレイヤーズの高野です。

今回のスタートアップまとめは、FastLabelさんです。

FastLabelが掲げるミッションは、「AI開発を10倍速くする」。アノテーションツール、教師データ作成代行、MLOps構築を包括したAIデータプラットフォーム「FastLabel」の開発・運営を行っています。

2022年8月10日には、シリーズAラウンドとして4.6億円の第三者割当増資による資金調達を実施。引受先はジャフコグループ株式会社、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ、セーフィー株式会社、Sony Innovation Fund、株式会社ジェネシア・ベンチャーズで、調達した資金は営業体制の構築やプロダクト強化、人材採用などに充てられるそうです。

この記事では、FastLabelの求人にご関心をお持ちの方に、会社の特徴や転職する際の留意点などをご紹介します。

FastLabel転職の要点


(コーポレートサイトより)

FastLabelの特徴

・「AI開発を10倍速くする」を掲げ、アノテーションに特化した事業を行なっている
・AIデータプラットフォーム「FastLabel」を提供
・リリースから1年で、プラットフォーム登録数は1000ワークスペースを超えている
・2022年8月に総額4.6億円の資金調達を実施
・今後プラットフォームのさらなる機能拡大に期待

FastLabelの会社概要

社名 FastLabel株式会社
所在地 〒141-0001 東京都品川区北品川5-5-27 201号
東京オフィス:〒108-0023 東京都港区芝浦3-14-18 キャナルスクエア芝浦 6階
設立 2020年01月23日
代表者 代表取締役 上田英介
事業内容 アノテーションプラットフォームの開発・提供
アノテーションサービスの提供

(コーポレートサイトより)

FastLabelの商品・サービス

FastLabel


(コーポレートサイトより)

『FastLabel』は、アノテーションツール、教師データ作成代行、MLOps構築を包括したAIデータプラットフォームです。

プラットフォーム上に蓄積したデータによって、教師データの作成と品質チェックを自動化し、効率的に教師データを蓄積します。データの信頼度などAIの解析結果をもとに、教師データ作成を自動・人力に振り分け、効率的に精度の高い教師データの作成が可能になります。

また、画像データなど、構造的でないデータもAI技術により構造化し、データの一元管理ができます。サムネイル表示や検索機能によって、欲しいデータにアクセスできます。

国内のアノテーションセンターで、顧客のAI精度改善の支援もしています。

リリースから1年目にしてプラットフォームの登録数は1000ワークスペースを超えています。

FastLabelの代表の上田英介さんの経歴


(コーポレートサイトより)

上田さんは、九州大学理学部情報理学出身、卒業後、株式会社ワークスアプリケーションズに入社されています。

ソフトウェアエンジニアとして会計製品の開発に2年間従事し、3年目にロサンゼルス支社へ赴任し、アメリカ向けのAI-OCR搭載の請求書管理サービスを設計されたそうです。その後、イギリスのAIベンチャーでMLOpsのアーキテクチャ設計や開発や、大手銀行向けにAIの社会実装を経験したそうです。

AIの社会実装をする中で感じた原体験をもとに「AI革命のインフラになる」をミッションに掲げ、FastLabelを創業。代表取締役に就任されています。

FastLabelの採用・求人情報

FastLabelの職種・求人

事業開発・コンサルタント
・ADO – コンサルタント – AI Data Operation
・ADO – 事業責任者 - AI Data Operation
・ADP – コンサルタント – AI Data Platform
・ADP – 事業責任者 – AI Data Platform

コーポレート
・CORP – 経理・バックオフィス

ディベロップメント
・DEV – MLエンジニア(AI-OCR)
・DEV – MLエンジニア(Computer Vision)
・DEV – SRE(クラウドエンジニア)
・DEV – エンジニアリングマネージャー
・DEV – プロダクトエンジニア
・DEV – プロダクトマネージャー(PdM)

事業開発・コンサルタント
・EX – オープンポジション(ビジネス職)

セールス&マーケティング
・MSO – インサイドセールス – Sales & Marketing Ops
・MSO – インサイドセールス(インターン) – Marketing & Sales Ops
・MSO – インサイドセールスマネージャー – Marketing & Sales Ops
・MSO – デザイナー(コミュニケーション/マーケティング)
・>MSO – マーケティング-Marketing & Sales Ops
・MSO – 広報(インターン) – Marketing & Sales Ops

FastLabelの働く環境

FastLabelの平均年収・平均年齢

FastLabelは非上場企業のため、平均年収を公開していません。 

求人情報を確認したところ、以下のように役職によって変動があるようです。

・エンジニアリングマネージャー 800万円~1,200万円
・バックエンドエンジニア 500万円~900万円

メンバーの平均年齢は31.2歳です。

FastLabelの労働環境

コアタイムなしのフレックスタイム制、標準労働時間は1日8時間、完全週休二日制です。勤務地は東京本社ですが、現在はフルリモート勤務で必要に応じて出社勤務をしているそうです。社会保険・労働保険・厚生年金、リモートワーク手当、書籍購入補助、成果・業績に応じてのストックオプション付与など、福利厚生も充実しています。

FastLabelに関する口コミまとめ

FastLabelで働く人からは好意的な口コミが寄せられていました。 

やりがいと成長、人間関係、働く環境・待遇の3つのポイントで情報をお伝えします。 

やりがいと成長 

市場がそこまで発達していない中で「AIの開発スピードを倍速にしたい」という思いの通り、AIの精度の向上に貢献し、市場が拡大する変化を楽しみながら成長できる環境があるそうです。

人間関係 

さまざまな経歴を持つメンバーで構成されており、経営陣による開発手法の勉強会が開かれるなど、情報共有が活発に行われる風土があるそうです。

働く環境・待遇 

優秀なメンバーと共に、スピード感を持って働ける環境があるそうです。成長したい人にとっては期待できるフィールドがあるとのことです。

FastLabel転職を考えるにあたって最後に

FastLabel株式会社への転職を検討中の方へ、求人情報や転職する上での留意点などをご紹介しました。

現在、FastLabelでは様々な職種の採用を行なっています。新しいサービスの拡大に携わるチャンスです。「アノテーションサービスに興味がある」「AIの知識を活かせる事業に携わりたい」という方は、FastLabelへの転職をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。成長産業への転職を支援した実績は多数ありますので、転職をお考えの方はぜひお気軽にご相談ください。

キープレイヤーズでは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートを実施しています。

執筆者:高野 秀敏

東北大→インテリジェンス出身、キープレイヤーズ代表。11,000人以上のキャリア面談、4,000人以上の経営者と採用相談にのる。55社以上の投資、5社上場経験あり、2社役員で上場、クラウドワークス、メドレー。149社上場支援実績あり。55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。
一覧に戻る