転職ノウハウ

転職で失敗するな!ブラック企業の特徴はこれだ!

最初は優良企業だったのに

厄介なのは、最初は恵まれた職場環境だったのに、だんだんとブラック企業になっていく会社もあるということです。

業界全体が上り調子で、業績も右肩上がりだから、どんどん採用した。そういう業界にはすぐに競合が現れ、業界もいずれ曲がり角に差し掛かります。

そうなると、従来の業績を維持できなくなり、社員評価も悪化します。

その結果、会社経営上、過剰人員が大きな負担になり、リストラを行いそれが社員にはブラックに映ります。

たとえば、ある会社では危機的状況を救うべく、30歳以上で人事評価が基準に達しない社員を一斉に降格させました。その後釜に若手や後輩を据えた結果、前任者は居心地が悪くなって辞めていきます。そして彼らはその会社をブラックだといいふらすのです。

本当のブラック企業はみんな知っている

本当にブラックだといわれる会社は、同業他社や人材ビジネス業界の者であれば、だいたい知っています。

「あの会社に10年もいたのか、きっと根性があって身体も丈夫なのだろう」と、相手企業で高評価を受けた例も多々あります。

一方、今の自分がどれほど不遇を受けているかを、面接などでアピールする人もいます。こういう人は間違いなく評価が下がります。“ブラック企業”という言葉が、このような弊害を生み出しているのも事実です。

ブラック企業のおもな特徴

求人広告や求人票に書いてある内容と、実際にいわれた待遇が極端に違う

公私混同の体質である

現場責任者には権限が与えられておらず、責任だけ負わされている状況

諸経費を自己負担させられる

恐怖政治的な経営が行われている

採用通知などが書面でこない

残業が長いかどうかをどうしても知りたいというのなら、夜、その会社の照明がついているかを見に行くとよい。
深夜2時、3時まで明かりがついているところは考えもの…

 

 

高野 秀敏

1999年に株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3000名以上の経営者の相談と、10000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。転職・採用、投資のご相談は Facebook Messenger、もしくはLINEからご連絡くださいませ。
一覧に戻る