「他責」な人は評価されない

転職を決断する人は、多かれ少なかれ、今の職場に見切りをつけています。その場所に満足していないから、環境を変えようとしているわけです。
当然、その理由は人によって、違います。

たとえば、「新しいステージで別の仕事に挑戦したい」というポジティブな志望動機をあげる人もいれば、「職場での人間関係がうまくいかない」「上司との相性が悪い」「評価が低い」「チャンスを与えてもらえない」などのネガティブな理由がきっかけになっている人もいます。

環境のせいで自分が輝けないという人ですね。これを「他責」と呼びます。文字通り、他を責めるという意味です。面接でも今あげたような「他責」を口にする人がいますが、第三者から見れば言い訳にしか聞こえません。そして、よい印象を持たないという点では、どの会社も共通しています。人間関係の悪さや、評価に納得できないという声は、多かれ少なかれ、どの企業にもあります。また、残業が多い、休みが少ないという部分も、判断がつきにくい面があります。本人の生産性が低いから残業が増えるのかもしれませんし、仕事の絶対量が多ければ、ある程度の残業は仕方がないでしょう。

ただ、採用側の企業にとっても「思い当たる節」がありそうなことを面接で訴えるのは、決して得策ではありません。勤務先の悪口を聞きたいわけではないのです。

「他責」から入る人は、転職活動自体がうまく行きません。仕事の評価がついてこないのも、現在の職場でベストを尽くしてい思い場合も少なくないからです。

一方で、「残業が多く休みがとれない」「仕事がおもしろくない」などの理由でも、「他責」とならないケースもあります。
たとえば、カルチャー系ショップの店長を務めていたDさんは、人材サービスの会社に転職しました。仕事はおもしろく業績もよかったのですが、月に休日が4日かあるかどうかという状態。残業時間もかなり多く、長く働き続けるには不安があるという理由でした。転職後はカレンダー通りに休めるため、満足されているようです。

公認会計士のEさんは監査法人から、事業会社に転職。公認会計士は立派な資格ですし、年収も高い専門職ですが、仕事がルーテインでおもしろくないという方は少なくありません。
Eさんは優秀で期待の人材だったのですが、ビジネスの現場に関わりたいという希望でした。転職後は実際、毎日がエキサイティングで楽しいようです。

Dさん、Eさんに共通するのは、転職の動機自体は「労働環境の改善」や「ルーチンワークからの脱却」ですが、前職でも一定以上の評価を受けていた人材だったという点です。収入面も悪くなかったのですが、より自分らしい人生を選択するために、業界をチェンジする転職に踏み切りました。

結局その環境でどれだけ頑張れたのかという視点で、第三者はその理由が「他責かどうか」を判断していきます。
つまり、現職でベストを尽くしていれば、転職の道が拓け、新しいステージで活躍することができるのです。

転職のきっかけは人それぞれです。はじめに転職希望者の話を聞いていると、年収、仕事のやりがい、会社の将来性、社風、労働時間や福利厚生制度など、いろいろな要因があるんだなと感じます。
しかしそれは建前で、「上司との人間関係がよくないから」が本音だったというケースも少なくありません。

うまく面接の場でその本音を隠そうとしても、思いのほか「この人は他責にしている」と相手に伝わるものです。
転職を視野に入れる際、「自分の決意は他責なのかどうか」「現職でベストを尽くしているか」を一度、考えてみてはいかがでしょうか?

 

人気のブログ記事