あなたの強みとは何か?

転職のためには「自分の強み」をアピールすることが必要と繰り返しお伝えしていますが、その強みを客観的に把握しておくことも大切です。

「ストレングスファインダー」をご存じでしょうか。
180問の質問に答えていくと、自分の強みとなる5つの資質を明らかにしてくれる診断テストで、米ギャラップ社が開発したものです。
『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」(マーカス・バッキンガム、ドナルド・0・クリプトン著:日本経済新聞出版社)という書籍などを購入すると、アクセスコードがついていて、オンラインで診断が受けられます。薄々感じていた長所が言語化できたり、今まで気づかなかった資質が明らかになったりするので、興味があれば一度試してみてください。

また、身近な人に一度に「俺のセールスポイントって何だろう?」と聞いてみると、案外、率直な意見が返ってきます。
「明るくて、初対面の相手ともフランクに話せるところがいい」「いったん決めたことは面倒なことがあっても、粘り強くやり過すよね」「新規開拓に強いよね。その後のフォローはイマイチだけどさ」
「ああ、人からはそう見られていたんだ」と納得する部分もあれば、反省するところもあると思います。大勢の人に聞く必要はありません。身近な2~3人にヒアリングするだけでも発見があるでしょう。

 

自分の強みを人に聞いてみよう

私自身、起業する時に親しい友人に、「自分の強いところは何か」を聞いてみました。
「高野は守るよりも、新しいプロジェクトをスタートするのが得意だよね」と言われ、やはりそうかと納得して独立を決意しました。
人は自分のことがわかっているようでわかっていないものです。他己評価に一度、ぜひ耳を傾けてください。

転職活動を続けていくと、自分の「市場価値」を痛感させられるシlンに直面するかもしれません。
当然ですが、書類審査の段階で落ちることもありますし、面接にこぎつけても採用になるとは限りません。せっかく登録していただいても、残念ながら、案件をご紹介できないことも多いのです。
人材エージェントを通した応募の場合、「なぜ自分がダメだったのか」がある程度はわかります。企業からフィードバックがありますし、大勢の方を見てきた今までの蓄積があるからです。

では、落ちてしまう理由の大半は何だと思いますか?厳しいことを言うようですが、スキルが足りない、仕事の結果が出ていない、目立った実績がないことに集約されてしまいます。若い方であればある程度、転職しやすい状況がある一方で、ほんとうに実力のある人を求める案件では、シビアな選考をされているのもまた事実です。Eさんは同僚との人間関係がうまくいかず、転職したいと考えていました。上司ともぎくしゃくしていたため、環境を変えたかったのです。人材エージェントに登録に出向いたところ、これといったセールスポイントがなく、ネガティブな転職理由は志望動機にならないことを指摘されました。

たしかにEさんは職場を変えたいだけで、具体的にどういう企業でどんな仕事をしたいのかは二の次でした。転職できればどんな会社でもいいとさえ、思っていたのです。ハッとしたEさんは、仕事に対する態度を見直しました。今の職場でせめてなにかをやり遂げてから辞めようと考えるようになったのです。ウマがあわない上司や同僚とはビジネスライクでいようと割り切りました。すると、不思議なことに周囲との関係も改善し、新プロジェクトのチーフに抜擢されたのです。幸い好成績をおさめ、その実績をもとに、業界上位の企業に転職を果たしました。

仕事でもこういった人のアドバイスに耳を傾けられる人は伸びます。耳が痛いという気持ちもわかりますが、よりよい仕事について活躍するためにも素直に耳を傾けましょう。

 

人気のブログ記事