コラム

靴屋さんの話~ロイドフットウェア伝説再び~

以前、とても素晴らしいサービスをする靴屋さん、
ロイドフットウェアの話を書きましたが、今回はその続編です。

 

実は、この靴紐があと一歩で切れそうになりました。

まずい!!と思って、家に到着。
すると・・・

ロイドフットウェアから、靴紐が届きました。
なんというタイミングのよさ。
そして手紙が入っておりました。

いったいなんだろう??

こんな内容でした。
サービス業や経営者、営業をしている人にとっては必見の内容かと。
「お買いあげいただいた靴のうち、7割以上は修理でもどってきます。
その履かれ具合をみて、我々は安心いたします。しかし、残りの3割
の消息はわかりません。我々が心配しているのは、何らかの理由で
履かれていない靴があるのではないか?ということです。」

「我々の仕事は靴を販売して終わり、とは考えていません。
むしろ、販売してから本当の仕事が始まると考えています。」

「新品の靴は半完成品です」

「購入されたが、あまりはいていない方にお願いがあります。
その理由を是非教えて下さい。」

「履かれない靴を無くすというのは我々の義務です」

この「靴」の部分を「仕事」や「転職」に置き換えて
思わず読んでしまいました。自分もサービス業に携わる人間。
負けたくない想いです。

他の社長はどんなことを書いているのか?

気になりますね。

一覧に戻る