法務職でベンチャー・スタートアップに転職するメリット

転職

今回のベンチャー・スタートアップ転職相談

相談者:大手メーカーの法務職として働いています。

 

法務職でベンチャー・スタートアップ企業に転職するメリットはありますか?

 

法務職の方のベンチャー転職はニーズが高い

ベンチャー・スタートアップ法務物凄く枯渇しているんですね。

 

法務系の方は弁護士や大手企業に優秀な方が多いので、ベンチャー、スタートアップにはとても少ないのです。

 

そもそもベンチャー、スタートアップに法務がしたいから転職するという方がいないです。

 

一方で弁護士や法務の方で稀に「将来、管理部長や管理系の役員を目指しています」

 

という方や

 

「非常勤監査役・常勤監査役を目指している」

という方もいます。


例えばメドレーの田丸さんも、大手の法律事務所を辞めて、メドレーで法務系のキャリアから管理系の取締役になっています。

 

同じくメドレーの今仲さんは大手の法律事務所のパートナーの方でした。

 

非常にベンチャー・スタートアップ側は、ニーズが高いです。

 

M&Aなど仕事もあり、法務職の方はやれることが沢山あります。

 

法務系の方のベンチャー・スタートアップ転職非常にニーズがあるので、ぜひトライしていただけるとチャンスが大きいです。

 

※メドレー医療従事者不足を解消するための求人サイト「ジョブメドレー」を始めとしたとした各種サービスを提供しています

 

今回のベンチャー・スタートアップ転職相談

相談者様:法務職のキャリアチェンジの動向を知りたいです。

 

無資格の場合は厳しいでしょうか?

 

資格よりも経験があることのが大切

法務職の求人凄く多いです。

 

ベンチャー・スタートアップ界隈で、法務の求職者の方がいたらチャンスです。

 

無資格でも関係なく「経験がある」ことが大切です。

 

採用の際に資格は問われませんが、法務の経験が問われます。

 

以前、YouTubeでライブ配信をした際にAuthenseの西尾公さんに出演して頂きました。

 

西尾さんは「出向法務」をAuthenseでやっていて、出向するような形で法務を受けているというお話をして頂きました。

 

なぜ「出向法務」が流行るのかというと、法務の人が採用できないからです。

 

法務の方は積極的に転職するという方がいないので、出向法務のニーズが高まってくるということです。

 

※Authense法律事務所
法律事務としてはM&A/企業再編、ベンチャー、労働法務等の企業法務に加え、不動産法務に注力している。また相続、離婚、交通事故等の一般民事事件や刑事事件も取り扱う総合法律事務所

法務職の人におすすめの転職エージェント

法務職の方におすすめの転職エージェントは、「弁護士ドットコムキャリア」です。

弁護士ドットコムは、法務職の方であれば一度は触ったことがある方も多いかもしれませんね。弁護士ドットコムは、弁護士に法律相談ができるポータルサイトです。サイト上で法律相談したり、条件に合った弁護士を探したりすることができます。

弁護士ドットコムの運営も通じて構築された弁護士や法務部とのネットワークを活かし、キャリア相談や企業紹介をしてくれるのが弁護士ドットコムキャリアです。

法務に関わる人の転職相談・企業紹介を専門に行っているため、法務の事情に精通したアドバイザーが担当してくれます。転職を検討している法務職の方は、ぜひ登録してみてください。

 

ベンチャー・スタートアップ企業への転職はキープレイヤーズでも承っています。お気軽にご相談ください。

キープレイヤーズでは、ベンチャー・スタートアップへの転職のサポートを実施しています。

執筆者:高野 秀敏

東北大→インテリジェンス出身、キープレイヤーズ代表。11,000人以上のキャリア面談、4,000人以上の経営者と採用相談にのる。55社以上の投資、5社上場経験あり、2社役員で上場、クラウドワークス、メドレー。149社上場支援実績あり。55社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。
一覧に戻る