MENU

手取り30万ってすごい?独身の生活レベルや女性でも目指せる仕事を紹介

「手取り30万円ってどれくらいすごいの?」

「手取り30万円あれば生活は安泰?」

こんな悩みを抱えていませんか?

結論、手取り30万円は日本の平均年収以上です。

この記事では手取り30万円の具体的な年収や、生活レベルなどを詳しく紹介しています。

手取り30万円での車の購入やマイホーム、結婚についても参考にして、手取り30万円を目指すきっかけにしてください。

目次

手取り30万の額面や年収は?

一口に手取り30万円と言っても、「具体的にいくら稼げばいいの?」と気になる方も多いでしょう。

ここでは手取り30万円の額面での月収や年収、ボーナスについて解説します。

額面はおよそ38万円

手取り30万円の額面での月収は、およそ38万円です。

具体的な内訳は、以下の通りです。

厚生年金保険料 1万8,000円
健康保険料 2万6,000円
雇用保険料 900円
所得税 7,500円
住民税 2万3,000円
月の手取り額 30万4,600円

※東京都会社員30代で年収456万円で計算

上記は都内在住の30代会社員で計算しています。

40代以降の場合は、介護保険料が発生するためもう少し手取りは少なくなります。

また、控除や扶養によっても手取り金額は変わってくるので、控除を上手に使えばもう少し額面が低くても手取り30万円を達成することができます。

年収は456万円

額面の月収が38万円なので、年収は12ヶ月分をかけて約456万円です。

つまり、手取り30万円の生活を送りたい場合は、この456万円が一つのボーダーになります。

しかし、ボーナスによってはより多くの金額がもらえる場合もありますし、月の手取りが少なくてもボーナスが多い会社は、結果的に年収456万円になるケースもあります。

額面の月収が38万円に届かなくても、ボーナスの有無で収入は大きく左右されるでしょう。

ボーナスによっては年収500万円超えもありえる

手取り30万円を稼いでいる場合は、ボーナスによっては年収500万円を超えられる可能性も十分あります。

厚生労働省が発表している「毎月勤労統計調査」によると、日本企業のボーナスの目安は以下の通りです。

日本企業のボーナスの目安

大企業の平均:2.4ヶ月

中小企業の平均:1ヶ月

つまり、ボーナスのある会社で働いている場合は、以下のような年収になります。

手取り30万円のボーナスを加味した年収

大企業の場合:(38万円×12)+(38万円×2.4)=456万円+約91万円=547万円

中小企業の場合:(38万円×12)+ 38万円 =494万円

上記の通り、大企業の場合は550万円ほど、中小企業の場合でも500万円ほどの年収を稼ぐことができます。

手取り30万円の年収は、ボーナス無しを含めると456万円~547万円程度の振り幅があると考えておくとよいでしょう。

手取り30万円はすごい!割合は?

手取り30万円の額面の月収や年収、ボーナスについて解説しました。

ここからは、実際に日本の平均年収と比較して手取り30万円がどれくらいすごいのか、具体的に見ていきましょう。

年齢や性別ごとの手取り30万円についても解説するので、参考にしてください。

手取り30万円は日本の平均年収以上

結論から言えば、手取り30万円は日本の平均年収以上です。

国税庁が発表している「令和2年民間給与実態統計調査」によると、日本の平均年収は約430万円です。

手取り30万円の年収は、ボーナス無しでも456万円なので、平均年収よりも約26万ほど高いと言えます。

手取り30万円は十分すごいと言える金額です。

20代や女性の場合は高年収

手取り30万円は、平均年収以上であると同様に、20代や女性の場合は高年収であると言えます。

下記は「令和2年民間給与実態統計調査」の結果から、年齢別・男女別に平均年収を並べた表です。

年齢
20~24 277万円 242万円
25~29 393万円 319万円
30~34 458万円 309万円
35~39 518万円 311万円
40~44 571万円 317万円
45~49 621万円 321万円
50~54 656万円 319万円
55~59 668万円 311万円
60~64 521万円 257万円

上記の通り、20代であれば手取り30万円で年収456万円は、かなりの高年収であると言えるでしょう。

また、女性の場合は、平均年収456万円を超える年代はなく、各年代の平均よりも100万円以上年収が高いことがわかります。

40代あたりでは普通の金額

手取り30万円は20代や女性の場合は、高年収となりますが40代くらいでは平均的な年収と言えます。

男女を分けずに年齢別で平均年収を並べると、以下のような結果になります。

年齢 平均年収
20~24 260万円
25~29 362万円
30~34 400万円
35~39 437万円
40~44 470万円
45~49 498万円
50~54 514万円
55~59 518万円
60~64 415万円

上記の通り、40歳以上は年収470万円以上となっているため、年齢によっては手取り30万円は一般的な月収と言えるでしょう。

手取り30万円の生活レベルは?独身は余裕?

手取り30万円は平均年収よりも高い金額です。

それでは、手取り30万円をもらえるようになるとどのような生活が送れるのか、具体的に見ていきましょう。

独身の場合は月10万円の貯金も目指せる

手取り30万円は、独身の場合はかなり余裕のある生活が送れるでしょう。

下表は、手取り30万円で一人暮らしをした際の生活の内訳です。

【手取り30万円で一人暮らしの内訳】

家賃 10万円
食費 3万円
水道光熱費 1万円
通信費 1万円
雑費 5,000円
交際費・趣味費 3万円
残金 11万5,000円

手取り30万円の場合は、家賃10万円程度の家に住むことができるため、23区内で1DK~1LDKの物件を探すことができるでしょう。

また、10万円以上を貯金に回せるため、将来に向けての貯えもしっかりと作っていけます。

夫婦二人暮らしでも余裕がある

次に夫婦二人暮らしで方働きの場合を見ていきましょう。

【手取り30万円で夫婦方働きの内訳】

家賃 12万円
食費 4万5,000円
水道光熱費 1万5,000円
通信費 1万5,000円
雑費 1万円
交際費・趣味費 6万円
残金 3万5,000円

上記結果は、家賃や食費、交際費・趣味費などにかなり余裕を持った試算となっていますが、それでも月の貯金に3万5,000円を回すことができています。

家賃は都心から少し離れた場所に住むなどで抑えたり、自炊を心掛けたりすればより多くの金額を貯蓄できるでしょう。

手取り30万円は、夫婦二人暮らしの場合でも余裕のある生活が送れます。

家族4人の場合は赤字の危険性もある

次に家族4人の場合を見ていきましょう。

結論、家族4人の場合は赤字の危険性もあります。

家賃 12万円
食費 5万円
水道光熱費 2万円
通信費 1万円
雑費 2万円
教育費 5万円
交際費・雑費 2万円
残金 1万円

上記の通り、夫婦2人で子供が2人いる場合、手取り30万円はかなり厳しいと言わざるを得ません。

食費や交際費などを抑えて節約を心掛ける生活が必要になるでしょう。

また、貯蓄も1万円程度しかできないため、安定した生活は難しいです。

家族4人で暮らす場合は、共働きにしたり、より多くの年収を稼いだりする必要があります。

手取り30万円で車やマイホームの購入・結婚は可能?

手取り30万円の生活レベルについて解説しました。

手取り30万円は、一人暮らしや夫婦のみの場合は余裕のある生活が送れます。

しかし、「車やマイホームを所持したいけどできるかな?」「実際に結婚ってできるだけの年収?」といった疑問も出てくるでしょう。

ここからは、手取り30万円での車やマイホームの購入、結婚について詳しく解説します。

車は200万円程度の新車が購入可能

結論、手取り30万円は200万円程度の新車の購入が可能です。

一般的に車の購入金額の目安は、年収の半分と言われています。

手取り30万円の場合は、年収456万円となっているため、概ね200万円くらいの車を新車で購入すると良いでしょう。

新車で200万円となると、平均的なコンパクトカーや比較的低価格のSUVなどが候補に入ります。

ただし、車は維持費もかかるため、無理は禁物です。

家族4人暮らしなどでどうしても車が必要という場合には、中古車も検討してみましょう。

マイホームは借入額2,000万円程度が目安

手取り30万円で年収456万円の場合は、最大4,400万円程度の住宅ローンを組むことが可能です。

しかし、住宅ローンを最大限に組んでしまうと、月々の返済額は約13万円にもなってしまいます。

子どもがいる場合や、将来の老後資金なども考えると、もう少し余裕を持ってローン返済が行えると良いでしょう。

具体的には、年間返済額が手取り年収の20%以内に収めることがおすすめです。

つまり、手取り30万円の場合は、年間返済額を約70万円程度に押さえておくと良いでしょう。

月々の返済が70万円程度になるには、借入額を2,000万円程に留めておくことが必要です。

借入額が2,000万円なら、月々の支払いも6万円程度で済むため、余裕を持って生活することもできます。

結婚は十分可能

手取り30万円の場合は、結婚は十分に可能でしょう。

前提として、年収がいくら低くても結婚することは誰でも可能です。

また、月の手取りが30万円未満で、幸せに暮らしている人も大勢います。

しかし、現実として結婚式や妊娠、出産などのライフイベントを安定的に行いたいと考えると、一定の年収が必要になるのは事実です。

特に女性は妊娠や出産の際は、仕事に出ることができないため、男性に経済力を求める傾向が強いです。

下記は、内閣府が行った「少子化社会対策に関する意識調査」の結果です。

上記結果からもわかる通り、男性は女性に収入をそれほど求めていないのに対して、多くの女性は男性に年収400万円以上を求めています。

手取り30万円はボーナスがなくても年収456万円なので、結婚できる可能性が高い収入と言えるでしょう。

手取り30万円目指せる仕事は?女性でも可能!

手取り30万円は、車やマイホームの購入、結婚なども十分目指せる収入です。

そのため、「手取り30万円を目指したい!」という人も多くいるでしょう。

また、女性は男性に比べて平均年収が低いことから「女性だと手取り30万円は無理なのかな…」と考えてしまいます。

ここからは、性別に関係なく手取り30万円を目指せる職種を紹介するので、参考にしてください。

営業職

営業職は、手取り30万円を目指すことができる職種です。

営業職は多くの場合、インセンティブ制度が設けられているため、自分の営業スキルが高ければ高い程、年収を上げていくことが可能です。

特に、不動産などの金額が高い商材を扱っている場合は、1件決めるだけで数百万円という高額なインセンティブを受け取れる可能性もあります。

営業職は未経験でも挑戦しやすく、実際に求人も多く出ているため、手取り30万円を目指したい人におすすめの職種です。

金融系職種

次に金融系の職種もあげられます。

転職エージェントとして有名なdodaが行った調査によると、金融業界の平均年収は455万円となっています。

手取り30万円の年収が456万円なので、金融業界は業界平均として手取り30万円を稼ぐことができると言えるでしょう。

未経験の求人も少なからずあるため手取り30万円が欲しい人は、目指してみるのもおすすめです。

ITエンジニア

ITエンジニアも平均年収が高く、手取り30万円を狙いやすい職種です。

特に新しい開発言語を習得しているエンジニアの収入が高くなる傾向があります。

下表は、転職エージェントのdodaを運営しているパーソルキャリアが発表した日本における「プログラミング言語別の平均年収ランキング」です。

順位 言語 平均年収
1位 ABAP 661万円
2位 R 656万円
3位 Peal 630万円
4位 VC・VC++ 630万円
5位 Delphi 629万円

上記のように、使用する言語によってITエンジニアの年収は大きく変わります。

高年収が欲しいという場合は、稼ぎやすい言語を選んだ方が良いでしょう。

看護師などの専門職

手取り30万円以上を得るためには、看護師などの専門職もおすすめです。

厚生労働省が発表している「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、看護師の平均年収は441万円となっています。

また、看護師は夜勤や当直がある場合も多いため、シフトによっては夜間手当などももらえる可能性があります。

ボーナスなども安定して支給される職種でもあるので、年収500万円以上も珍しくありません。

転職するには国家資格が必要になりますが、人生を変えて年収を稼ぎたいという場合は目指してみましょう。

手取り30万円を目指す方法

手取り30万円が狙える職種について解説しました。

ここからは、手取り30万円を目指す具体的な方法を解説します。

昇進や昇給を目指す

まず一番現実的な方法として、昇進や昇給を目指すことがあげられます。

現職でスキルを磨いたり、実績をあげたりすることで、手取り30万円を達成することもできます。

ただし、会社の商流が低い場合や業界構造的に高年収が難しいケースもあるでしょう。

昇進や昇給を目指す際は、自分の会社がどれくらいの年収まで稼げるのかをしっかりと確認しておくことが必要です。

上司に相談して、手取り30万円を目指すのが現実的か確かめておきましょう。

副業する

手取り30万円を目指す際は、副業するのもおすすめです。

副業で月に5万円程度稼ぐことができれば、それだけで手取り30万円を達成できる人もいるでしょう。

ただし、副業を行う際は、将来的に役立つスキルが身に付くものを選ぶことがおすすめです。

副業の中にはデータ入力やアンケート回答など、単純作業で稼げる仕事もあります。

しかし、これらの仕事はあくまで労働時間を延ばしているだけに過ぎません。

単純作業は身にくスキルもあまりないため、副業で得たスキルからさらに年収アップを目指すというのは難しいでしょう。

将来的に役立つスキルが身に付く副業を選ぶことで、独立や起業といったキャリアアップを図れる可能性も高められます。

例えば、以下のような副業がおすすめです。

副業の種類 身に付くスキル
Webライター ライティングスキルやSEOなどのWebマーケティングスキルが身に付く。
ライターとして成果を上げればディレクターに昇進することも可能。
動画編集者 Adobe製品を使用した動画編集スキルや映像編集スキルが身に付く。
今後もYouTubeやTikTokといった動画サイトの伸長が予想されるので高い需要も期待できる。
プログラマー htmlやCSSなどは副業でも取り組みやすい。
PHPなどのサーバーサイド言語も習得できればフリーランスや起業なども夢ではない。

上記の職種を参考にしつつ、スキルアップに繋がる副業を選んでみましょう。

投資を始める

手取り30万円を目指す際は、投資を始めてみるのもおすすめです。

最近では少額投資ができたり、自動売買ツールを用意していたりする証券会社も多くあります。

リスクが少なく、コツコツと投資活動できる環境も整えられているので試してみましょう。

ただし、投資は一定のリスクがあるので注意が必要です。

「投資で億万長者になってやる!」とは思わず、まずは収入の1パーセント程度からコツコツ初めてみましょう。

節約や節税を行う

節約や節税を行うこともおすすめです。

特に節税は控除などを上手に利用することで、手取り金額を増やせます。

たとえばiDecoは確定拠出型年金とも言われ、掛け金の全額が控除される仕組みとなっています。

老後に向けた資金を貯めながら節税ができるので、非常におすすめです。

また、節約に関してはスマホを格安SIMに変えるのが、一番ハードルが低い方法でしょう。

スマホをキャリアから切り替えるだけで、月のスマホ代を半額にすることも可能です。

節約や節税を上手にしながら、手取り額を増やしてみましょう。

転職する

「昇進や昇給」「副業」といった方法を紹介しましたが、これらは全ての人におすすめできる方法とは言えません。

業界構造的に手取り30万円が難しい場合や、会社の規約で副業が禁止されている場合もあります。

現状の環境では手取り30万円を達成するのが難しい際は、転職することが最善の手段です。

実際に転職することで、年収アップを実現した人も多くいます。

下表は厚生労働省が発表している「令和元年 雇用動向調査」おいて、転職者の転職後の収入の変化の割合を示したものです。

【令和元年転職後の収入の変化】

収入が上がった 変わらない 収入が下がった
34.2% 27.9% 35.9%

上記の通り、3割以上の人が転職によって年収アップを実現しています。

ただし、逆に転職によって年収がダウンしたという人も同程度いるため、注意が必要です。

より転職による年収アップの確率を高めるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、転職のプロとしてあなたの転職活動をサポートしてくれます。

手取り30万円を目指せる求人の紹介を始め、書類添削や面接対策なども行ってくれるの、心強い味方になってくれるでしょう。

おすすめの転職エージェントは、「手取り30万円を目指すのにおすすめの転職エージェント」で詳しく紹介しているので参考にしてください。

手取り30万円の転職を成功させる方法

手取り30万円を目指す方法を紹介しました。

昇進や昇給、副業が難しいという場合には、転職することがおすすめです。

ここでは、手取り30万円の転職を成功させる方法を紹介します。

実績やスキルがないと難しい

まず、手取り30万円に年収アップするための転職は、実績やスキルがないと難しいです。

未経験の段階で年収450万円以上を支払う企業は、ほぼありません。

手取り30万円の企業の面接では、保有スキルや実績などをかなり深く掘り下げられると思っておくと良いでしょう。

具体的には、実務経験5年以上かつ、具体的に数字で表現できる成果があることが求められます。

おすすめは同業種での転職

手取り30万円以上を狙う場合は、同業種での転職がおすすめです。

同業種からの転職の場合は、業界構造を理解していたり、実務経験が豊富だったりすることが多いため、高い評価を得られる場合も多いからです。

特に競合他社に転職する場合は、歓迎される可能性が高いでしょう。

自分の今までの経験やスキルも活かせるため、即戦力としても活躍できます。

年収が上がりにくい業界の場合は未経験業種もあり

手取り30万円を目指す際には同業種での転職がおすすめですが、業界全体の平均年収が低く、なかなか手取り30万円が目指しにくい場合もあるでしょう。

業界全体の収入が低いという場合には、思い切って未経験の他業種に転職するのもおすすめです。

特に下記のような、将来性の高い業界に転職すれば年収を高めることもできます。

将来性の高い業界
  • IT業界
  • 医療業界
  • Webマーケティング業界

しかし、未経験から異業種に転職する場合は、一時的に年収が下がる可能性もあるため注意しましょう。

未経験は、どうしても新卒と同等の金額で雇われるケースも多いです。

将来的には手取り30万円も可能ですが、まずは低い年収からスタートする覚悟も必要です。

福利厚生にも注目する

手取り30万円を目指す際には、福利厚生にも注目しましょう。

一見、手取り30万円に届かない年収を提示していても、福利厚生を利用することで手取り30万円と同等の生活を送ることもできるからです。

例えば、以下の福利厚生が用意されている場合は、実質手取り30万円と同じくらいの生活を送れる可能性もあります。

手取り30万円と同等の生活が送れる可能性がある福利厚生
  • 社員寮完備
  • 住居手当支給
  • 持ち家補助

上記のような福利厚生が用意されているケースでは、手取りが25万円程度であっても住居費がかからなかったり、非常に安い値段できれいな家に住むことができたりする場合も多いです。

手取り30万円に届かないからとすぐに候補から外さず、福利厚生もしっかりと確認するようにしましょう。

企業研究は口コミも確認する

手取り30万円を目指して転職する際は、企業研究を行うことが大切です。

企業研究を行い社風や会社の雰囲気を掴んでおけば、入社後のミスマッチも防げます。

企業研究を行う方法としては、「転職会議」などの企業の口コミサイトの利用がおすすめです。

企業の口コミサイトでは、現職の社員や元社員が残業時間や年収、評価制度や社風などについての正直な口コミを閲覧できます。

社員だからこそわかる内部事情について詳しく知れるため、本当に自分に合っている企業なのか判断する参考になるでしょう。

転職エージェントから企業について詳しく聞くこともできますが、自分でも調べることをおすすめします。

手取り30万円を目指す転職を成功させる方法を紹介しました。

解説した方法を実践しながら、転職エージェントを利用することでより転職の成功率を高められます。

ここでは、手取り30万円を目指す際に利用したいおすすめの転職エージェントを紹介しているので、参考にしてください。

リクルートエージェント

手取り30万円以上を目指す際は、リクルートエージェントの利用がおすすめです。

リクルートエージェントの最大の特徴は、保有求人数が非常に多い点があげられます。

2022年6月現在、公開求人と非公開求人を合わせると26万件以上もの求人を扱っています。

非常に多くの求人の中から転職先を探せるので、自分に合う手取り30万円以上の求人と出会うこともできるでしょう。

運営元は大手人材紹介会社として有名な「株式会社リクルート」なので、安心して利用できる点もポイントです。

実際に口コミにおいても「他の転職エージェントでは見つからないような求人が見つかった」と高い評価を得ています。

さまざまな求人から最適な転職先を探したい人は、リクルートエージェントに登録してみましょう。

doda

手取り30万円を目指す際には、dodaの利用もおすすめです。

dodaの特徴としては、年収を軸に求人の検索ができる点があげられます。

2022年6月現在dodaでは、手取り30万円となる年収450万円以上の求人を13万件以上も扱っています。

多くの求人が年収450万円以上となっているため、手取り30万円の夢も叶えやすいでしょう。

また、dodaは担当のキャリアアドバイザーの質が高いことでも人気です。

実際に口コミにおいて「キャリアアドバイザーが親身になって話を聞いてくれた」という声もあげられています。

年収から求人を探したい人や、キャリアアドバイザーから丁寧なサポートが欲しい人はdodaを利用しましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、20代や第二新卒といった若年層の転職を得意としている転職エージェントです。

転職初心者の人が陥りがちな「職務経歴書って何書くの?」「自己分析の方法がわからない」といった初歩的な質問にも丁寧に答えてくれます。

また、マイナビエージェントの特徴として、サポート期限が無期限であることもあげられます。

転職エージェントは、「登録後3ヶ月以内まで」のようにサポート期限が設定されていることが一般的です。

マイナビエージェントは上記のようなサポート期限がないため、いつでも何度でもキャリア相談を受けられます。

転職が初めてで不安という人やたくさん相談に乗ってほしいという人は、マイナビエージェントを利用しましょう。

まとめ

今回は、手取り30万円について解説しました。

手取り30万円は平均年収以上であるため、稼ぐことができれば安定した生活を送ることが可能です。

車を新車で購入したり、住宅ローンを組んだりといった夢も叶えられるため、目指したいという人も多いでしょう。

手取り30万円を目指す方法は、昇進や昇給、副業などがあげられますが、全ての人におすすめできるという訳でもありません。

「昇給が難しい」「副業が禁止されている」といった理由から手取り30万円が難しい場合は、転職へのチャレンジがおすすめです。

同業種でスキルを活かした転職ができれば、年収アップも夢ではありません。

ただし、転職者の3割程度は転職によって逆に年収が下がってしまったという人もいるため、注意が必要です。

転職エージェントなどの転職のプロも利用して、手取り30万円の転職を成功させる確率を高めましょう。

手取り30万円を叶えることができれば、余裕のある独身生活や結婚も可能です。

リクルートエージェントやdodaのキャリアアドバイザーから、具体的な転職アドバイスをもらい夢を実現させましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる