MENU

仕事が辛い原因は?具体的な原因や優良企業へ転職を成功させるコツを紹介!

監修者:高野秀敏
株式会社キープレイヤーズ/代表取締役
東北大→インテリジェンス出身。11,000人以上のキャリア面談、4,000人以上の経営者と採用相談にのる。55社以上の投資、5社上場経験あり、2社役員で上場、クラウドワークス、メドレー。149社上場支援実績あり。バングラデシュで不動産会社、商業銀行の設立からの株主、渋谷のバーのオーナーなど。

今の仕事が辛いと感じていて、このままでいいのだろうかと不安を抱えたことはありませんか?

そういった悩みを抱えている時は、どうして仕事が辛いと感じてしまうのかといった原因もつかめず、転職に踏み切っていい自信が持てないですよね。

今回は上記の悩みを解決するために、主に仕事が辛い原因や具体的な対処法について紹介していきます。

また、実際に転職活動をする場合に有効な方法や、についてもまとめています。

本記事を参考にして、理想の働き方を振り返りましょう。

年収アップにおすすめの転職サービス
第1位 第2位 第3位
リクルートダイレクトスカウト JAC Recruitment ビズリーチ
★★★★★ ★★★★★ ★★★★
待っているだけで オファーがもらえる ハイクラス向けで 高年収求人多数 ハイクラス向け転職サイト
詳細 詳細 詳細
年収アップにおすすめの転職サービス
第1位 第2位 第3位
UZUZ リクルートエージェント リクルートダイレクトスカウト
★★★★★ ★★★★★ ★★★★
若手向けキャリア サポートが充実 求人数が圧倒的に多い 大人気転職エージェント 待っているだけで オファーがもらえる
詳細 詳細 詳細
目次

仕事が辛い時の原因は大きく分けて2種類ある

仕事が辛い時の原因は大きく分けて、「精神的な原因」と「肉体的な原因」の2種類に分けられます。

精神的な面で影響があると仕事に集中できない、肉体的な影響がある時は、仕事の質だけではなく遅刻する、食欲が減退するなどの症状があるケースも多いです。

具体的なケースごとで確認し、仕事が辛い原因を分析していきましょう。

精神的な原因の特徴

仕事が辛いと感じてしまう精神的な原因として、大まかに下記の5つが挙げられます。

それぞれの項目で解説していきますね。

仕事に集中できない


仕事に出社しているのにも関わらず集中できない場合は、精神面が原因の場合もあります。

肉体が疲れていて集中できないケースもありますが、心理的な影響で集中力が不足していることもあるからです。

一例として、何か気になることがある場合に、目の前の物事に集中して取り組めていない経験がありますよね。

上記のような症状が現れた場合は、精神的な面が影響していることも考えられます。

仕事がしんどいと口に出している


仕事がしんどいと口に出してしまっている状況は、ある程度重く受け止めるべきことなのかもしれません。

なぜなら、全ての方が「仕事がしんどい」や「大変」と思うことは、日常的に当てはまることですが、日々口ずさんでしまうくらい追い込まれているなら、心理的な面で大きな負荷がかかっていると想像できるからです。

もちろん、仕事の繁忙期で受けるプレッシャーが異なるため、一時的なものと考えてしまい、そのまま放置してしまうケースも多いかもしれません。

しかし、ある程度の長い期間、仕事がしんどいと口ずさんでいる状態が続いているなら、深刻な状況かもしれないと受け止めてみましょう。

特定の上司や同僚に対してストレスを感じる


特定の上司や同僚に対してストレスを感じ、大きな悩みの種となってしまう人も多いようです。

仕事柄の人間関係で上司の指示に従わなければいけないことも多く、指示の的確さや容量が仕事の能率に大きく関わってくるからです。

上記の口コミの人は、特定の上司と接する機会が無くなったことで、仕事量が前より増えてもストレスが減ったと伝えています。

理想の上司や同僚に巡り会えれば良いですが、人間関係が選べない環境のため、ストレスを感じやすい部分は大きいです。

会社の方針に従いたくないと感じる


会社員として勤めている人は、会社の方針に従いたくないと感じる場面が多く、意に沿わない部分でストレスを感じやすいです。

上記の口コミの場合だと、会社の方針が変更したことで、中堅社員の自分たちに仕事が回ってきているといった状況もあります。

教育係を引き受けないといけないケースをはじめ、仕事をしている時は理解に苦しむことも多くなりますよね。

自分自身の仕事をしているだけではなく、会社の方針でストレスを感じることがあります。

就寝中に仕事の夢を見る


仕事のストレスが引き金となって、就寝中に仕事の夢を見ることもあります。

日頃から気にしている出来事が、心象風景となって夢に現れることが心理面としてあるからです。

上記の口コミの方は、働き盛りの年齢で仕事熱心な性格だからこそ、見てしまう夢と言えるかもしれません。

自分では感じていなかった心理面を、夢を通して素直に映し出してくれている可能性がありますね。

肉体的な原因の特徴

仕事が辛いと感じてしまう肉体的な原因として、大まかに下記の5つが挙げられます。

それぞれの項目で解説していきますね。

睡眠時間を確保しても疲れがとれない

https://twitter.com/Sunflower_8484/status/1534509467379060737
睡眠時間を確保しても疲れがとれない場合は、かなりの蓄積疲労が溜まっている状態と考えられます。

日頃は6時間から8時間寝ていれば体調が良い人でも、蓄積された疲労があると、眠れ続けてしまうことも多いですよね。

また、上記の口コミの方のように、休みの日の睡眠時間は短くても、体力的にしんどくない場合もあるようです。

仕事に遅刻する事が多くなった


肉体的な不調が続くと、仕事に遅刻する事が多くなるケースもあります。

健康体ならすぐ起き上がることが可能ですが、疲労感が溜まっていると二度寝してしまったりすることもありますよね。

上記の口コミの方は仕事で徹夜した後、朝礼に出席できなかったことが原因となり、遅刻扱いになったことがあるようです。

働きすぎて身体が無理をすると、仕事面でも大きく影響してしまいますよ。

最近食欲がない


最近食欲がないと感じてしまう場合は、仕事の疲労が原因となっているケースがあります。

日々の忙しさに流されていると、食べることが面倒に感じる事も多いですよね。

中でも、繁忙期などの仕事が立て込んでいる場合に、食事をおろそかにしがちです。

最近食欲がないなあと感じている人は、仕事の疲労がたまっていることへの危険信号かもしれませんよ。

肩こりや頭痛などの症状がある


仕事の残業が続くと、肩こりや頭痛などの身体的な症状として現れる場合があります。

デスクワークの仕事に従事している人は、目や肩などの部位に影響を受けてしまうことも多いですよね。

上記の口コミの人は、仕事で課せられているノルマが終わらないため、体の不調を感じているようです。

日々仕事に取り組むことはとても大切なことですが、無理をしすぎるのもよくないですよ。

仕事中強い眠気に襲われる

https://twitter.com/c5mk2047c5/status/1534525050371850240
仕事中に強い眠気に襲われると言った悩みを抱えている人も多くいます。

肉体面に蓄積疲労が重なると、仕事にも眠気として大きく影響するからです。

上記の口コミの人は、眠気に負けて仕事中に寝ていたこともあるようですね。

ある程度の軽い眠気の場合は仕事の影響が少なくて済みますが、気づいていても放置することで仕事に取りかかれない事態になりかねません。

仕事中の眠気に襲われた場合は疲労がたまっているサインだと受け止め、注意しましょう。

仕事が辛い時の一般的な原因

仕事が辛い時の一般的な原因として、人間関係や会社の将来性といった回答が多いです。

また、アンケートをもとにした集計結果を確認すると、年齢が高くなるとストレスが増えている傾向があります。

アンケートに基づいた画像を参照して、一般的に抱えやすいストレスについて理解しましょう。

人間関係や会社の将来性といった答えが多い

仕事が辛いアンケートの集計結果の画像引用元:en ミドルの転職

仕事が辛い時の原因として多いのが、人間関係や会社の将来性といった回答です。

人間関係は主に上司との人間関係、会社の将来性は成果に対して給与が低いなどといった原因が多く挙げられています。

上記の項目以外では、目標・ミッションを達成できない、仕事内容が合わないなどの意見もありました。

仕事が辛い状況でも日々の業務をこなしていく人でも、将来のことを含めた様々な不安を抱えているようです。

人間関係の改善や会社の将来性に希望を持てることで、仕事への向き合い方やストレスを減らせることにつながりますね。

年齢が高くなるとストレスが増えている傾向がある

仕事が辛い原因をアンケート集計し、結果を項目別にまとめた画像引用元:en ミドルの転職

年代別グラフを確認すると、20代の人は「かなり強く感じる」の割合が低く、年齢が上がっていくごとに強くストレスを感じている割合が増加している傾向があります。

入社後は意欲的に働き、将来的に会社の中心人物として動きたいといった目標を掲げていますが、年齢が上昇していくごとに、ルーティンワークのような形になっていくこともあるかもしれません。

若年者に限らず、ある一定の年齢になると、仕事で抱えるストレスは増加していく傾向があります。

上記のデータを参照すると、勤続年数が長くなるにつれて、ストレスを発散できる術を見つけていく事が大切だと感じますね。

仕事が辛い時にできる対処法【肉体編】

肉体の不調が原因で仕事が辛い時にできる対処法として、

  • 病院で異常がないか診てもらう
  • 思い切って休暇をとる
  • 上司へ身体の不調を相談する

があります。

病院で異常がないか診てもらう

肉体的な不調がある場合は、病院で異常がないか診てもらうことが大切です。

なぜなら、体のSOSに気付かず無理をし続けると、結果的に長期的な離職や退職に追い込まれることも考えられるからです。

その場をしのぎ復調できればベストですが、念のために病院に行くことをおすすめします。

体調が快方へ向かうと集中力が高まり、能率良く仕事を進められますよ。

体の不調が長引いているなどで気になる方は、一度病院で相談しましょう。

思い切って休暇をとる

仕事が辛いと感じる時間が多い場合、思い切って長期的な休暇をとることも大切です。

日頃の仕事で溜まった心身の疲れを取り除くことで、元気な自分に戻ることができるからです。

例えば、 残っている有給を含めて長期休暇を取得し、趣味や家族の時間に費やすのも一案ですね。

他には、いつもできない映画やドラマをまとめて鑑賞するといったこともおすすめです。

仕事に取り組んでいる日常から少し離れてみることが気分転換となり、新鮮な気持ちで仕事場に戻るきっかけになりますよ。

上司へ身体の不調を相談する

上司へ身体の不調を相談するのも、有効な打開策となります。

上司に相談することで仕事の負荷を軽減してくれる可能性があるからです。

もちろん、自分自身で仕事を全うしたい気持ちは素晴らしいですが、過労にならないような対処を申し出る必要もあります。

また、上司は部下が滞りなく仕事ができる環境を整える義務もあり、部下の意見を聞くことで労働環境を改善するきっかけにも繋がります。

身体的な不調を伝えた上で上司に相談すると、働きやすい環境や仕事量への調整を行ってくれることも多いですよ。

仕事が辛い時にできる対処法【精神編】

精神面が原因で仕事が辛い時にできる対処法として、

  • 意識的に報連相を行う
  • 自分の将来やキャリアイメージを描く
  • 自分へのごほうびを考える

があります。

意識的に報連相を行う

上司に対して苦手意識を持つことがストレスになっている場合に、意識的に報連相を行うことが打開策になることがあります。

なぜなら、上手にコミュニケーションが図れていないため、お互いの意思疎通が図れていないことがストレスに感じるからです。

例えば、キャッチボールをイメージすると、初めは暴投をしたり、相手の思うところにボールを投げることができないですが、キャッチボールを重ねていくごとに、相手のミットの位置にボールを投げることができます。

人間関係におけるコミュニケーションも同じで、相手と会話する機会を設けることで、スムーズな意思疎通が図れます。

一般的には、苦手に感じる人は避ける傾向がありますが、相手の意図を理解するために、懐に飛び込んでいく姿勢も有効な方法ですよ。

自分の将来やキャリアイメージを描く

自分の将来やキャリアイメージを描くと、意欲的に仕事に取り組むことができます。

今日の生活や目標を具体的にイメージすることで、仕事へのモチベーションアップにつながるからです。

具体的には、旅行やレジャーを楽しみたい、もっと快適なマイホームを手に入れたいなど、趣味や今後の生活まで様々な目標を設定することができます。

現時点での状況を把握し、実現可能な将来をイメージしましょう。

自分へのごほうびを考える

自分へのごほうびを考えておき、必要なタイミングで自分を鼓舞することも大切です。

仕事が立て込んでいる場合は気持ちも落ち込みがちになり、結果的に仕事の意欲や能率も低下するからです。

例えば、自分の好きなスイーツを仕事帰りに購入する、夏場にひんやりするアイスを購入するなどを取り入れると、スッキリした気持ちを味わうことができますよ。

食べ物に限らずスポーツや漫画を好きなだけ読むなど、自分の気持ちが高まることを日頃から考えておき、落ち込んだ時のご褒美として活用しましょう。

転職を悩んでいる時に確認すべきポイント

転職を悩んでいる時に確認すべきポイントとして、

  • 今の生活を維持できる自信があるか
  • うつ病にかかっているのか
  • 計画を立てているか

があります。

今の生活を維持できる自信があるか

転職するにあたって、今の生活を維持できる自信があるかを確認しておきましょう。

なぜなら、今の状況から逃れたいために離職することで、生活がままならなくなることもあるからです。

具体的には、今の仕事を退職後に家賃が払えない状況となった場合、居住地がなく住所不定となり、履歴書に現住所が記入できないことで転職活動に影響を及ぼします。

上記のような事を考えて、すぐに転職するのではなく、今の生活を維持した状態で転職活動ができるタイミングで転職しましょう。

うつ病にかかっている場合

現時点においてうつ病にかかっている場合は、可能ならば仕事を休業することが何よりも大切です。

長期的な休養をとることで肉体が健やかになり、精神面の安定につながるからです。

また、現在においては精神疾患を患う人が急増しており、そのまま頑張り続けてしまうこともあります。

すぐに転職活動に取り掛かるのではなく、今の症状に応じて自分を守る決断をすることも、将来的には有効な対処法ですよ。

そして、必要に応じて通院する事も視野に入れましょう。

計画を立てているか

転職したい時に、事前に計画性をもって行動しているかを確認しましょう。

なぜなら、転職が成功するだけではなく、現職として仕事を続けている場合は、引き継ぎの対応など退社するタイミングを考える必要があるからです。

現時点において任されている業務は他の従業員がカバーするため、仕事の調整が必要になります。

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざに象徴されるように、他の人に迷惑をかけないタイミングで、前向きな気持ちで転職しましょう。

優良企業へ転職を実現する方法

優良企業へ転職を実現する方法として、

  • 前職の退職理由は前向きな理由を考えておく
  • 経歴やスキルを掘り下げて自分の強みを理解する
  • 転職エージェントを活用する

があります。

前職の退職理由は前向きな理由を考えておく

前職の退職理由は前向きな理由を考えておきましょう。

退職理由の内容がマイナスな印象を与えてしまうことで、新しく採用した場合でも不満をもって辞めてしまうのではないかと思われるからです。

具体的には、「前職では自分の思い描く仕事ができなかったため、御社では自分を生かすことができると考えたからです」というように、前向きに転職をしたい意欲が感じられる理由が理想ですね。

今の時点で前向きな理由が思いつかない場合は、過去の経験から自分の強みや調子について掘り下げ、転職を検討している仕事で活かすことができないかといった視点で、一度考えてみましょう。

経歴やスキルを掘り下げて自分の強みを理解する

経歴やスキルを掘り下げて自分の強みを理解するためには、具体的にキャリアの棚卸しをすることが大切です。

これまでの実績やキャリアを振り返ることで、自分自身のメリットについて理解することができるからです。

具体的なキャリアの棚卸し方法として、実際にいただいたお客様からの感謝の言葉や貢献できた売り上げを数値化します。

上記のような明確に伝わる実績と同時に、「誰をターゲットにして」「どのような価値を提供したが」「どのようなやり方を用いたのか」の3点が理解できる言葉や文章に仕上げましょう。

転職エージェントを活用する

自分の強みが分析できたら、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは求人が掲載されているだけではなく、所属しているエージェントから応募書類や面接トレーニングを受けることができるからです。

もちろん、一人で徹底した面接対策を行うことも可能ですが、転職エージェントを活用すると、客観的に自分を振り返ることができます。

さらに、自己分析で気づかなかった欠点や、面接時の口ぐせや無意識な態度などが見えるため、採用面接で自分の実力を最大限発揮することにも繋がりますよ。

転職エージェント活用による転職時のメリット

転職エージェント活用による転職時のメリットとして、

  • 無料で利用できる
  • 企業の内部事情が入手できる
  • 非公開求人の情報がわかる

があります。

無料で利用できる

転職エージェントは無料で利用できるため、別途費用が発生することはありません。

転職エージェントは求職者とクライアントである企業を仲介する役割を担っており、最適な人材をマッチングさせることで、直接クライアントから報酬を得ている仕事だからです。

具体的に無料でできる機能として、キャリア相談や求人の紹介、履歴書や職務経歴書の作成アドバイス、面接対策、内定後や就職後のフォローなど、幅広い部分でサポートしてもらえますよ。

自分自身を客観的に振り返るために、転職エージェントに登録して積極的に活用しましょう。

企業の内部事情が入手できる

転職エージェントを利用することで、企業の内部事情が入手できます。

転職エージェントは数多くの企業と連絡を取り合っているため、リアルな社内における現場や内部情報について、詳しく知ることができるからです。

例えば、企業の公式ホームページや口コミで掲載されていない情報について、担当しているエージェントから直接教えてもらえます。

気になる企業をピックアップしている人は、内情について事前に知っておくことで、優良な企業へ転職が実現できますよ。

非公開求人の情報がわかる

転職エージェントは非公開求人を掲載しており、一般的に求人掲載されていない情報についても知るチャンスがあります。

また、登録する転職エージェントによっては「独占求人」を取り扱っているサイトもあり、自分にマッチングした仕事を探したい場合に、大きく可能性を広げられますね。

一部の求人が非公開となっている理由としては、「他社に自分の求人を知られずに新たな人材を採用したい」「完全にマッチングできた人材のみを採用していきたい」などがあります。

非公開求人の中には好条件のものも多く、魅力的な求人も多いですよ。

おすすめの転職エージェント【若年層向け】

若年層向けのおすすめ転職エージェントとして、

があります。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人サイト第1位の求人掲載数を誇っているサイトで、非公開求人は約10万件となっています。

また、実績豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍しており、自分が持っているスキルを最大限に活かした仕事に繋げられますね。

そして、履歴書や職務経歴書の書類添削だけではなく、リクルート独自に分析した企業の情報を提供してもらえるため、充実した就職活動が展開できますよ。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは「じっくり聴く転職エージェント」がコンセプトとなっており、求職者に最適な求人を紹介している転職エージェントです。

現状の把握として徹底したヒアリングから書類審査や模擬面接まで、一気通貫でサポートしてもらえる体制を整えています。

また、キャリアアドバイザーだけではなく、企業の人事担当者とやり取りしているアドバイザーも在籍していて、求人票には掲載されていないリアルな企業情報についても、詳しく知る事ができますよ。

doda

dodaは2022年6月9日時点で約14万件程度の求人が掲載されており、リクルートエージェントに次ぐ求人数を誇る転職エージェントです。

また、日本全国に拠点を設置しているため、都心から地方への転職もスムーズに対応してもらえます。

さらに、海外に拠点を持っているため、コンサルタントといった外資系や海外企業への転職も視野に入れられます。

他には、スカウトサービスやヘッドハンティングサービスに加えて、年収査定やキャリアタイプ診断などの各種サービスも実施していて、快適に利用する中で、自分のスキルに対しても深掘りできますよ。

おすすめの転職エージェント【ミドル層向け】

ミドル層向けのおすすめ転職エージェントとして、

があります。

パソナキャリア

パソナキャリアは非公開求人を含む求人数が5万件以上で、取引実績企業は28000社以上の実績を持っています。

評判の中で多い意見が「キャリアアドバイザーの質が高い」といった口コミです。

中でも、面接や書類作成の指導に対して非常に力を入れていて、応募後の採用率を高められますね。

また、紹介する求人に対しても徹底したヒアリングに基づいた職場や仕事を紹介するため、適性やスキルに基づいた仕事に就くことができますよ。

ビズリーチ

ビズリーチはハイキャリア転職向けのサイトで、年収一千万円以上の求人が全体の3分の1を占めています。

また、厳選された約17000社の企業と直接コンタクトを取ることができ、効率的に就職活動を進められますね。

そして、職務経歴を元にスカウトされる仕組みで、事前に情報を公開しておくと書類選考の免除や、現年収やポジションより好条件のスカウトが来るといったメリットも豊富ですよ。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは転職活動の支援実績は約43万人で、500万円以上の高年収の仕事から、さらにキャリアアップしたい人向けの転職エージェントです。

また、実際の利用者層として40代から50代の割合が最も多く、約40%前後の利用者が40代となっています。

そして、ハイクラス・ミドルクラス転職において、オリコン顧客満足度調査4年連続第1位を獲得しており、実際の利用者からの評判も良いですよ。

転職時に気を付けるポイント

転職時に気を付けるポイントとして、

  • なるべく在職中に転職活動を並行する
  • 職場の人には転職活動について話さない
  • 転職先の社風を事前に確認しておく

があります。

なるべく在職中に転職活動を並行する

転職したい場合は、なるべく在職中に転職活動を並行しましょう。

なぜなら、一時的な感情で仕事を辞めてしまうと、転職活動にも大きな支障をきたすからです。

具体的には、転職活動中の生活の維持や交通費などが必要となり、理想のような転職活動ができません。

仕事が辛い状況の中でも現在の仕事を続けながら、転職活動も並行して取り組みましょう。

職場の人には転職活動について話さない

職場の人には転職活動を行っていることについて話さないように、気を付けましょう。

理由は、社内で転職活動をしていることが知られてしまうと、転職活動がしづらいだけではなく、会社の方針によっては左遷されてしまう可能性もあるからです。

一例として、下記のような口コミを見つけました。

25歳、入社4年目の男性です。

現在、在職中で転職は1年以上前から考えていました。

少しの油断が原因となり仲の良い同期に対して、「自分は来年度転職する意向だ」という事を話しました。

なんと同僚に話した内容が支店長にバレてしまうことに、、ごまかし切れなくて、支店長もこれまでに多くの部下が辞めていることもあって、これ以上は自分の部下が辞めてしまうと困る。という事があり、人事部へ私を飛ばす様に申し出て、最終的に関連会社へ在籍出向させられました。

大企業に努める若い人は子会社への出向を命じられた場合、だいたいは左遷であると考えられるので、転職活動が発覚すると間違いなく目を付けられます。

引用元:YAHOO!知恵袋

上記の例はすべてに当てはまる問題ではなく、かなり稀なケースかもしれません。

しかし、状況によっては上司の怒りを買ってしまい、上場企業においては左遷という結果が待ち受けている可能性があります。

転職活動中は社内に内情がばれないよう配慮することが、同時に求められますね。

転職先の社風を事前に確認しておく

転職先の社風を事前に確認しておくことも大切です。

なぜなら、公式ホームページや転職サイト、転職エージェントにおいてはデメリットの部分が掲載されていないことも多いからです。

転職先の社風を知ることができる具体的な方法として、口コミサイトを活用すると、幅広い情報を収集することができます。

口コミサイトとして、

上記の2サイトがおすすめです。

en Lighthouse」は視覚的なグラフで企業情報も確認でき、企業のイメージをつかみやすい口コミサイトです。

年間で5000万人のユーザーが利用するプラットフォームで、女性視点の評価も多数掲載されていますね。

また、サイトの運営元が転職で有名な「エン・ジャパン」となっており、他サイトより信頼性が高く、リアルな声が多いのもメリットですよ。

次の「OpenWork」は口コミ数が多いサイトで、社風について数多くの意見をチェックすることができます。

大手の企業に関しては数千件~1万件以上の口コミが見えるので、転職先の社風だけではなく、企業研究も効率的に進められますね。

口コミの内容も現職として勤務した経験を感じられる専門的な内容が豊富で、自分の将来的なキャリアイメージを膨らませることが可能です。

また、口コミの項目の中には「経営者への提言」といったものもあり、どのような意見が社内で浮かんでくるのかを通して、自分が長い目で働ける環境なのかも想像できますよ。

上記以外のサイトも多数あるので、気になる企業の社風について調べておきましょう。

転職に関してよくある質問

転職に関してよくある質問を3つまとめました。

気になる項目がある場合は読み進めて、参考にしてみてくださいね。

転職活動の期間はどれくらい?

転職活動で必要な期間として、平均的には3ヶ月から6ヶ月程度が目安です。

もちろん、転職先の人員不足による急募の求人もあり、採用後すぐに出社してほしいというケースもあります。

全てのケースがそうではないため、これから転職活動を進める場合は「〇ヶ月以内に転職を決める」といったように、具体的な期間で縛りを設けるのがおすすめです。

転職活動にかかる時間を事前にプランニングしておくことで、密度の濃い転職活動ができますよ。

異業種を目指した転職は正直難しい?

異業種を目指した転職を目指す場合は、若年者であれば成功する可能性は大いにあります。

反対に、転職活動を始めた時の年齢が高いほど、異業種への転職が難しいのが現状です。

もちろん、ある程度年齢の場合でも、前職でのスキルが転職先でいかせる場合は転職が成功する確率も高いですよ。

今までと異なる職種に就きたい時は、目指している業界で活かせるスキルについて深掘りし、採用面接において積極的にアピールする姿勢が大切です。

自分のキャリアと年齢を見つめ、異業種へチャレンジするのを決めていきましょう。

退職意思はいつまでに伝えておくべき?

退職を希望する日付に関しては、退職の1~2カ月前までに伝えおくのが一般的です。

前職の仕事の引継ぎ業務や他の社員の異動などの関係で、ある程度前倒しの行動が必要になるからです。

具体的な退職意向の伝え方として、最初に直属の上司へ話すことが最低限のマナーです。

その後に必要な手続きやデスク周りの整理整頓などの対応を行った上で、迷惑がかからない円満退社を目指しましょう。

まとめ

今回は、主に仕事が辛い原因や具体的な対処法、実際に転職活動をする場合に有効な方法などについて徹底解説しました。

仕事が辛い状況にある人は、自分の方向性がうまく見えず、何から始めたら良いのか悩みやすいポイントとなりやすいですよね。

また、原因が理解できたことで、自信をもって転職や今の仕事を続ける決断ができます。

本記事で取り上げた内容を参考にして自分の働き方を振り返り、今後の理想の環境を実現するための、一助になれば幸いです。

年収アップにおすすめの転職サービス
第1位 第2位 第3位
リクルートダイレクトスカウト JAC Recruitment ビズリーチ
★★★★★ ★★★★★ ★★★★
待っているだけで オファーがもらえる ハイクラス向けで 高年収求人多数 ハイクラス向け転職サイト
詳細 詳細 詳細
年収アップにおすすめの転職サービス
第1位 第2位 第3位
UZUZ リクルートエージェント リクルートダイレクトスカウト
★★★★★ ★★★★★ ★★★★
若手向けキャリア サポートが充実 求人数が圧倒的に多い 大人気転職エージェント 待っているだけで オファーがもらえる
詳細 詳細 詳細
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる