MENU

【リクルート年収】正社員の年代別・職位別年収を解説

監修者:高野秀敏
株式会社キープレイヤーズ/代表取締役
東北大→インテリジェンス出身。11,000人以上のキャリア面談、4,000人以上の経営者と採用相談にのる。55社以上の投資、5社上場経験あり、2社役員で上場、クラウドワークス、メドレー。149社上場支援実績あり。バングラデシュで不動産会社、商業銀行の設立からの株主、渋谷のバーのオーナーなど。

リクルートは求人広告事業からITソリューション事業まで、幅広い事業を展開する事業会社です。

リクルートのサービスである「リクナビ」や「SUUMO」は有名であり、リクルートという会社を知っている方は多いです。しかし、平均年収やリクルートへの転職については詳しく理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。

そこで、この記事では、高収入と言われるリクルートの年収や転職情報を解説していきます。

目次

リクルートの年収

2022年3月現在のリクルートの平均年収は、997万円です。

日本人の平均年収は433万円程度であり、一般的な水準からしてもリクルートはかなりの高年収であると言えます。

下の表はリクルートが発表している有価証券報告書で示されている、平均年収の推移です。

年月 平均年収
2018年3月 958万円
2019年3月 962万円
2020年3月 964万円
2021年3月 950万円
2022年3月 997万円

リクルート全体の業績が下がった2021年には一時的に平均年収が減少していますが、概ね平均年収は増加傾向にあります。この背景には、近年、リクルートの事業のひとつであるIndeedなどが好調であることが挙げられ、今後もこの増加傾向は続くと思われます。

尚、この平均年収は総合職と一般職を合算したものです。そのため、総合職の場合には1000万円程度の更なる高年収となることが予想されます。

リクルートの年収【年代別】

リクルートの年収は年代があがるごとに、上がっていきます。

下の表はOpenworkに掲載されている、リクルート社員の年齢別の平均年収です。

年齢 平均年収
25歳 591万円
30歳 746万円
35歳 930万円
40歳 967万円

リクルートは基本的に実力主義の色が強く、年齢が若い社員でも結果さえ残すことができれば、年収が上がりやすくなります。表で、年齢が上がるほどに年収が上がっているのは、チームリーダーやマネージャー、部長といった社内の役職に就く割合が高くなっているためです。

また、リクルートでは、若い年齢で退職して独立する社員も多く、社内でも彼らを「卒業生」といって応援する動きがあります。そのため、50−60代まで長い間リクルートに勤め上げる社員は少なくなります。

リクルートの年収【職位別】

リクルートでは、年齢に関わらず、職位が高い場合には高い年収を得ることができます。

下の表はリクルートの職位ごとの年収になっています。

メンバー 500−550万円
チームリーダー 700−900万円
グループマネージャー 1000−1200万円
部長 1300−2000万円

リクルートの「マネージャー」は一般的な事業会社の課長相当の職位です。リクルートでは、チームリーダーまでは比較的年齢に応じて昇進し、昇給することができます。

しかし、マネージャー以降では年次よりも、成果がより重視されます。そのため、若い優秀な社員がマネージャーになることも珍しくなく、早い人では28歳ごろから昇進の可能性があります。

リクルート年収ランキング【他社比較】

リクルートの年収は人材業界の中で、第一位となっています。

下の表は人材業界の主な企業の有価証券報告書で示されている平均年収(2022年)です。

会社 平均年収
リクルート 997万円
パーソルHD 730万円
パソナグループ 619万円
アルプス技研 505万円
メイテック 500万円

人材業界で最も高い水準の年収であるリクルートでは、成果へのプレッシャーが強いです。そして、こうした高プレッシャーでありながらも高年収であるリクルートは転職市場においても非常に人気の会社となっています。

尚、上記の表に掲載されている企業は、それぞれリクルートと展開している事業内容が異なります。そのため、より詳細な年収事情を知りたい方はそれぞれの企業について調べるようにしましょう。

リクルートの評価制度

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

スカウトがもらえる市場価値を知れる BIZREACH
目次
閉じる