MENU

31歳の転職事情

31歳は、転職市場では即戦力が求められる年齢です。大卒でも社会人歴が長くなるため、転職する際は中途採用としてこれまでの実績やスキルが求められるでしょう。

転職経験がある人もいれば、31歳で初めて転職を検討していると人もいるかと思います。いずれにせよ、現在の転職市場でどのような需要があるのかや、自分の市場価値に漠然と不安を感じている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、31歳の転職事情や転職の成功体験談・失敗談を紹介します。求められる経験やスキル、転職成功のコツも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

31歳で転職する人数・比率

31歳で転職する人数をピンポイントに集計したデータはありませんでしたが、25歳〜34歳で転職する人の人数は総務省の労働力調査で明らかになっています。

2019年の25歳〜34歳転職者数は86万人ほどで、転職者比率は7.8%です。

7.8%と聞くとわかりづらいかもしれませんが、約12人に1人が転職していると考えると、意外と多いとに感じるのではないでしょうか?

まだ間に合う?31歳の転職事情

31歳でも転職は十分に可能です。むしろこれまでの実績が評価されやすく、転職しやすい年齢です。

31歳では一人前のビジネスパーソンとして、「何ができる人材なのか」を見られます。

そのため大きなキャリアチェンジも不可能ではありませんが、これまで培ってきた経歴がゼロからのスタートになるため、よほどの覚悟がある場合は別として、ステップアップとしての転職を行う人が多いです。

31歳で転職する場合はキャリアの棚卸しをすることが大切です。

これまでに転職経験がなく不安な場合は、まずは転職サービスに登録してみることをおすすめします。客観的な視点を交えてサポートしてくれるので、自己分析の手助けにもなるでしょう。

また、自分が思っている以上にオファーやスカウトが来るケースもよくあります。
無料で利用できるので、まずは気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

31歳の転職成功事例

31歳男性の転職成功事例です。

31歳男性の転職成功事例

以前は専門商社の営業職に勤めていたが、メーカー側に回って自社製品を売り込みたいと考えるようになった。転職するなら30代前半の今が最後のタイミングかもしれないと思い、転職を決意。

これまでの経験則が活かせることから、専門商社で取り扱ったことのあるメーカーを中心に、同じ専門分野に絞って応募。これまでの実績が評価され、比較的スムーズに内定が貰えた。商社ではメーカーとクライアントを繋ぐ面白さがあったが、やはり自社製品を売り込む方が自分としてはモチベーションが保てると感じた。良いタイミングで転職ができたと思っている。

31歳の転職失敗事例

一方で、31歳で転職に失敗した人もいます。

どうしてもチャレンジしたかった異業種へ転身したが、毎月手取りの低さに愕然としてしまう。給与ダウンの覚悟はできているつもりだったが、一度引き上げてしまった生活水準を戻すのは想像以上につらい。
待遇のよい同業他社へ転職したが、風土やシステムが違いすぎて仕事しづらい。正直前の職場に戻りたいが、今更やっぱりなんてとても言えない…

転職するのが初めてだと、慣れ親しんだ前職が恋しくなり出戻りを考える人もいるようです。

30代の転職では、短期間での転職難易度は上がっているため、新卒や20代の転職よりも慎重な選択が迫られることになります。

企業研究をしっかり行なった上で、自分にベストな選択を取れるようにしましょう。

31歳転職のメリット

31歳で転職するメリットを紹介します。

スキルだけでなく顔の広さも評価してもらえる

経験やスキルはもちろん、これまでの仕事を通じて築き上げてきた人脈も大きな武器です。

例えば営業職で前職で担当していたクライアントが転職したことをききつけ、自ら取引先を乗り換えてくれるようなケースもあります。
このように、31歳になるとこれまでに培ってきた信頼がものを言うことになります。

仕事で関わった人だけでなく、学生時代の友人・知人などの人脈が評価されることもあるでしょう。
自分ではうまく活用できていなかった人脈も、転職先にとっては大きなメリットである可能性があります。

自分の強みを伝えられれば大幅な年収アップも可能

31歳の転職では、自分がこれまでに培ってきた経験やスキルがものを言います。自分の強みや実績を的確に伝えることができれば、大幅な年収アップを実現することも十分可能でしょう。

意外にも、同じ仕事をしていても、環境を変えるだけで年収アップにつながることはよくあるケースです。給与形態や待遇には、企業ごとに想像以上の差があります。

中には業務内容自体はほとんど変わらないのに、100万円以上の年収アップに成功することも。

現職での評価制度やキャリアアップに限界を感じている場合は、転職を検討してみるといいでしょう。

31歳転職のデメリット

31歳で転職するデメリットを紹介します。

周囲の評価はゼロからのスタートになる

1つ目のデメリットは「周囲の評価はゼロからのスタートになる」ことです。

前職では、周りの人から人望の厚さが評価されてきた人もいるでしょう。
転職すると、社内の評価はリセットされ、また1からのスタートになります。

転職の際は待遇条件や収入面の方に目が向きがちですが、「新しい職場の風土や環境が自分に合っていそうかどうか」という視点からも考えてみる必要があるでしょう。

大幅なキャリアチェンジは難しい

2つ目のデメリットは「大幅なキャリアチェンジは難しい」ことです。

大幅な年収ダウンの覚悟がない限り、基本的には異業種への転職は厳しいと考えた方がよいでしょう。

どうしても全く異なる分野に挑戦したい場合も不可能ではありませんが、何かしらの条件や制限がかかることが多いです。

とはいえ、意外な業界や職種で自分のスキルが評価されるケースもゼロではありません。一歩外に出るだけで、これまでの職場では当たり前だと思っていたことが評価される可能性もあるので、まずはエージェントの担当者に相談してみるとよいでしょう。

31歳で転職すべきケース

31歳で転職すべきケースを紹介します。

環境を変えることでしか解決できない課題がある

1つ目は、「環境を変えることでしか解決できない課題がある」場合です。

とくにパワハラ・セクハラなどは自分ひとりでは解決できないケースもあるでしょう。本来会社をあげて対応する必要のある問題ですが、実際に早急な対応をしてくれる企業はなかなかありません。

そういった場合は、自分が転職して環境を変えることをおすすめします。

すぐの転職することが難しい場合は、まずは公的な相談窓口に連絡することをおすすめします。厚生労働省の運営する「あかるい職場応援団」では、職場に関する悩み・相談を受け付けています。

自分の仕事が適切に評価されていないと感じている

2つ目は、「自分の仕事が適切に評価されていないと感じている」場合です。

同じ仕事をしていても、置かれている環境によって年収に大きな差が出ることは珍しくありません。評価制度によっては、市場相場よりも年収が大幅に低くなってしまっているケースがあります。

もちろん、年収アップのためにはスキルや実績が伴っている必要がありますが、自分の仕事が適切に評価されていないと感じている場合は、まずは同業他社の情報を仕入れて比較検討してみると良いでしょう。環境を変えるだけで大幅に年収がアップするケースは珍しくありません。

プライベートと仕事の両立が難しい

3つ目は、「プライベートと仕事の両立が難しい」場合です。

20代ではがむしゃらに働いていても、30代になると結婚して家庭を持つケースも多くなり、仕事よりもライフスタイルを重視せざるを得ない人も多いでしょう。

業界や職種によっては、プライベートとの両立が難しい仕事もあります。育休制度や時短制度などが整っているケースもありますが、企業によっては名前ばかりで利用者が少ないケースもあります。

そのような場合は、自分のライフスタイルに合わせた職場環境に転職することをおすすめします。

31歳での転職で問われる能力・スキル

31歳の転職で問われる能力・スキルについて紹介します。

マネジメントスキル

1つ目は「マネジメントスキル」です。

30代の転職になると、ある程度ジェネラリスト寄りのスキルが求められます。現職や転職先が役職のついているポジションでなくても、マネジメント経験のある人は積極的に伝えるようにすると良いでしょう。

ただし、専門職などプロフェッショナル寄りのキャリアプランの場合はその限りではありません。自分がどちらなのかわからないという人は、転職を機に、今後マネージャーとしてのキャリアを歩むか、スペシャリストとしてのキャリアを歩むか考えてみるとよいでしょう。

業務遂行能力

2つ目は「業務遂行能力」です。

転職することで職場環境が変わったとしても、31歳になると社会人経験が長いため、任せられた仕事をある程度進行できる力が求められます。

もちろん、慣れない職場でわからないことがでてきたり、キャパオーバーになったりすることはあるでしょう。その場合は、「適切な人に頼ることができる」「早い段階で他の人に依頼する」ことも業務遂行能力のひとつです。

中途採用は即戦力になる人を求めているので、先輩や上司に手取り足取り教えてもらえることは少ないです。普段から、積極的に動くことを意識してみましょう。

31歳転職に活かせる資格

31歳の転職では、資格が理由で採用されるケースはほとんどありません。即戦力が期待されるので、実務経験が重要です。

ただし、資格が必要な「独占業務」の場合のみ、採用の最低条件として定められているケースがあります。

31歳転職に成功できる人の共通点

31歳転職に成功できる人の共通点を紹介します。

コミュニケーション能力

専門職を除いて、どのような仕事であってもコミュニケーション能力は必須です。面接官の質問に対して、何を聞かれているのかを把握し、適切な回答ができることが重要です。

また、30代の転職では社会人経験が長くなる為、20代の頃よりもよりロジカルなコミュニケーションが求められるようになります。

相手の知りたがっていることを適切にとらえた上で、簡潔に答えられるようにしましょう。

転職先の目線に立って自分をアピールできる

また、31歳の転職では、転職先の目線に立って自分をアピールする視点が重要になります。

もちろん熱意や意欲も大切ですが、それだけではなく論理的に「なぜ自分を採用すると転職先にメリットがあるのか」を伝えられるようにしましょう。

31歳転職に失敗する人の共通点

一方で、31歳転職に失敗する人には以下のような共通点があります。

実績を誇張して伝えてしまう

前述のとおり、30代の転職では即戦力が期待されます。そのため現在の知識やスキルに自信がないと、これまでの実績を誇張してしまうケースがあります。

気持ちはわからないでもないですが、自分をよく見せたいばかりに嘘をついてしまったり、実際の実績よりも誇張して派内してしまったりすることは絶対にやめておいた方がよいです。「バレなければいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、面接官はさまざまな人材を見てきているので、不自然だと感じた場合はすぐに気付きます。

経歴を伝える際は、誠実に回答するようにしましょう。

自分を過大評価している

自分を過大評価している場合も、転職で失敗してしまうことが多いです。

同じ仕事内容をこなしていても、環境や企業によって年収が大きく異なるケースはよくあります。そのため大幅な年収アップが可能な場合もありますが、逆のパターンもあることを念頭に置いておきましょう。転職の場合は企業名ではなく個人として評価されるので、自分が転職市場においてどのくらいの価値があるのかを客観的に分析する必要があります。

自分の求めている待遇条件と実際のスキルに乖離がある場合、なかなか転職先が見つからなくなってしまいます。企業内の評価だけでなく、社会全体としてみたとき、自分のスキルや知識がどのくらい備わっているのかを意識してみましょう。

31歳転職におすすめの転職サービス

31歳転職におすすめの転職サービスを紹介します。

転職サイト

転職サイトといってもさまざまなので、どのサイトに登録してよいかわからない人も多いでしょう。基本的には2〜3社の大手サイトに登録しておくことをおすすめします。

たとえば「リクナビNEXT」「doda」などは規模も大きく、求人掲載もあらゆる業種を網羅しています。初めて転職サイトに登録する人は、まずはこの2つに登録してみることをおすすめします。

転職エージェント

転職エージェントに登録すると、一人ひとりに担当がついて求人紹介や面接対策などのサポートをしてもらえます。

エージェントごとに求人内容や得意分野が異なるので、1社だけでなく複数社のサービスに登録することをおすすめします。

転職希望者は基本的にすべて無料でサービスを受けられるので、まずは気軽に登録してみるとよいでしょう。

具体的には、こちらも「リクルートエージェント」「doda(エージェントサービス)」が有名です。担当者との相性もあるので、並行して登録しておくとよいでしょう。

スカウトサイト

スカウトサイトに登録すると、自分に興味を持っている企業からオファーをもらうことができます。

自分から動くことも大切ですが、現職が忙しくてなかなか転職先を探せないという場合は、自動的に情報を送ってくれるスカウトサイトは便利です。「スカウトを受けられるようなスキルがない…」と不安な人もいるかもしれませんが、自分では思ってもみなかったスキルや知識を発見できるかもしれません。

スカウトサービスは、年収アップのオファーをもらいやすい「ビズリーチ」がおすすめです。転職エージェントと併せて利用してみるとよいでしょう。

まとめ

以上、31歳で転職する人の割合から、転職事情、おすすめのサービスまで紹介しました。

31歳はこれまでのスキルや実績が評価されやすく、転職に適した年齢です。いますぐの転職を考えていない場合でも、自分の市場価値を知ることから始めてみるとよいでしょう。

30代になると裁量の大きいポジションにいる人も多いでしょうから、引き継ぎなどを考えても早め早めに動くことをおすすめします。まずは転職サービスやスカウトサイトに登録して、情報収集することから始めてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる